マンガ・アニメ・ゲーム等の学術研究機関

カウンターカルチャー弁論センター

Summaryカード用_ポケモンGO_中華振り子

ポケモンGO

【ポケモンGO】中華振り子(自動歩数カウント装置)レビュー&使い方

中華振り子-サイズ比較



更新情報

  • Altecsブランドのスマホ振り子(平置き型)開封レビュー追加
  • 手動で「ウォーキングを開始」する
  • 最新「中華振り子」カタログ 
  • サイクリングをウォーキングに編集し距離加算
  • 距離が反映されない時のチェックポイント

我々は現在、深刻な“ほしのすな不足”に陥っている。

対人戦が実装され、今まで日の目を見てこなかったマイナーポケモンへ期待を込めて砂を投入してみたり、

個体値が中途半端で使い道のなかったポケモンへ再起をかけて砂を投入してみたり、

とりあえずサードアタックのわざ解放のために砂を投入してみたりして、大量の砂を夜な夜な浪費している。

そう、我々は、ポケモンGOに全力をかけたいのに、圧倒的に“砂”が足りないのだ。

この状況を打破するための代表的な施策のひとつが、ポケモンの乱獲。

そして、もうひとつが“タマゴ孵化”である。

“タマゴ孵化”は、ポケモンGOにおける、ほしのすな集めの中でも、大量に砂を獲得できる手段として確固たる地位を確立している。

更に、“タマゴ孵化”のもう一つの利点に、レアポケモンのアメ集めが捗る点も挙げられるだろう。

今だと、現環境トップメタであるタテトプスのアメを10kmタマゴから集められる。

このように“ほしのすな不足”と“アメ不足”を同時に解決してくれる“タマゴ孵化”だが、ひとつネックな点があるとすれば、

長距離を、ただひたすらに“歩かねば”ならない点。

人が歩くには、それ相応の“時間”と“体力”を確保する必要がある。

誰でもポケモンのタマゴを割るために、時間と体力を無尽蔵に提供できるわけではない。

そこで、そんな多忙を極める現代社会を生き抜く諸兄へ

砂不足の救世主と謳われる“中華振り子(自動歩数カウント装置)についての検証結果を共有したいと思う。




中華振り子とは?

「いつでも冒険モード」実装後、ヘルスケア(iOS)や、Google Fit(Android)との連携により、ポケモンGOを起動していなくても、タマゴ割りや相棒距離稼ぎが可能となった。

(※「いつでも冒険モード」がONになっていれば、「Pokémon GO Plus」などに接続する必要もない)

これは、GPSで現在地を測位し、そこからの移動量を計測して距離を算出するのではなく、

スマホ内蔵の“3軸加速度センサー”を用いて歩数をカウントするため。

つまり、加速度計が反応すれば、距離がカウントされるため、振り子で加速度を与え続ければ自動的に距離稼ぎができるという仕組み。

これなら、帰宅後、もう移動の予定がなくても、風呂に入浴中であろうと、もちろん睡眠中であろうと、振り子にセットしておけば距離を稼ぎ続けてくれる。

  • タマゴ孵化(ほしのすな集め、レアポケモンのアメ集め)
  • 相棒距離稼ぎ(相棒のアメ集め)
  • 「ジョギングメダル」の距離稼ぎ
  • 「ブリーダーメダル」のタマゴ割り稼ぎ

振り子を使って“物理的”に加速度を発生させて距離を稼ぐため、ペナルティやBANの心配はほぼないが、

24時間“なく”振り子で振り続けるなど、あまりに“強欲”な使い方を続けてしまうと、不審なアクティビティ(人間の限界を超えた動き)として、

何らかの制裁を受ける可能性はゼロではない。

また、端末の相性などで距離がうまく稼げなかったり、使用法を誤ると端末の故障や破損に繋がるおそれもある。

(タマゴ割りが捗りすぎて孵化装置課金勢は課金額も加速する)

とどのつまり、使用する場合は自己責任で。

メモ

ライバル(ガチ勢)との“差”“寝ている間”に広がってしまう。睡眠中でも自動化で稼いでおけば、ライバルを出し抜くことが可能。

「中華振り子」カタログ

普及型

最も標準的で、“中華振り子”という存在を知らしめた普及タイプ。

基本性能と価格とのバランスがとれているため、コスパ重視の場合は第一候補となってくる。

とりあえず、“中華振り子”がどんなものか試してみたい場合などは丁度よいだろう。

ただし、支柱の耐久性や、スマホの保持に関しては改善の余地がある。

普及型の開封レビューはこちら

普及型の次世代機(2019年新型)

普及タイプで課題だった部分を大幅に改善した改良タイプ。

  • 支柱をプラスチックから金属に変えたことで、耐久性がアップ
  • 耐磁プラスチック採用で磁力からスマホを保護
  • システム検出回避のため、ステップ数自動調整
  • スイングスピードを錘(おもり)の数で変更可

平置き型(2019年新型)

この商品は、クリップ使用時は縦置き、横置きどちらにも対応し、クリップを外して、平置きした場合は、スマホのセットが非常に簡略化できる特徴がある。

昨今、Google Fit のウォーキング検出アルゴリズムアップデートにより、環境によっては、1セット30分までしか連続で距離加算できない場合がある。詳細はこちら

この“1セット30分”攻略時に、“平置きスタイル”が威力を発揮する。

平置き型の開封レビューはこちら

  • ONOFFスイッチ」付き
  • クリップによる簡単スマホ固定
  • クリップを外せば平置きできる
  • スマホへの磁力の影響なし
  • 静音設計
  • 金属支持棒採用で高耐久性

X軸スイング型(2019年新型)

今までの“中華振り子”は、スマホのディスプレイ正面(Z軸)方向の振り子運動でカウントを稼いでいたが、

この商品はディスプレイ側面(X軸)方向の振り子運動でカウントを稼ぐのが特徴的。

スマホを歩数計代わりに使う場合、X軸方向の振動の方が、歩行による振動としては自然であろう。

また、Google Fit のウォーキング検出アルゴリズムは日々変化しているため、スイング方向を数タイプ確保しておけば、いかなるアプデにも柔軟に対応できる。

  • X軸方向スイング
  • ONOFFスイッチ」付き
  • 伸縮アームでスマホ固定(3点固定)
  • 磁石不採用(スマホへの磁力の影響なし)
  • 静音設計(39dB)

Perfeclan 中華振り子(普及型)レビュー

開封の儀

中華振り子-梱包

「中華振り子」はその俗称のとおり、中華人民共和国(中国)から、遠路はるばる海を渡って送られてくる。

筆者のもとにも、あやしげな梱包に身をひそめた状態で到着した。

この「中華振り子」“通常配送(送料無料)を選択すると、約2週間弱かけて中国から配達されてくる。

忘れた頃に到着するため、極めて不審なビジュアル(梱包)も相まって、あやうく受取拒否するところであった。

(因みに“マケプレお急ぎ便”を利用すれば、手数料2800円前後の追加で、翌日に届く。)

壮絶な旅路

壮絶な旅路

早速、不審な梱包をいでいくと、次に姿を現したのはズタボロの箱。荒波にもまれたのか、ぞんざいに扱われたのかは不明だが、壮絶な旅路であったことは窺える。

この一際インパクトのあるパッケージについては、触れるべきか悩んだが、一晩考えても、中華振り子とスーパーマンとの因果関係についての真相が解き明かされることはなかった。

大国のやることに、いちいちツッコミをいれるのは野暮というものだろう。

「中華振り子」開封

中華振り子開封

付属品について

中華振り子-付属品について

開封後、付属品を確認すると、5点のパーツと輪ゴムがおまけで付属していた。

  • 台座(単3形アルカリ乾電池×4本スペース)※電池は別売り
  • 支柱×2本
  • 振り子
  • 給電用USBケーブル(1m)【Type-A(オス)-DCプラグ 外径:4.0φ 内径:1.7φ】
  • 輪ゴム×3本

給電用のUSBケーブルのコネクタ形状はType-A(オス)で振り子へはDCプラグで接続する。

付属の給電用USBケーブルはケーブルの長さが「1m」でDCプラグのタイプはストレート。

設置場所が狭い場合などは、DCプラグの形状がL字型のタイプが取り回しが優れているため、必要なら買い足しても良いだろう。(予備ケーブルとしても使える)

電源について(台座裏面)

中華振り子-台座-裏面

台座裏面の電池カバーを外すと、「単3形アルカリ乾電池×4本」を入れられる。※電池は別売り

つまり、USB給電の他に、単3形アルカリ乾電池×4本でも駆動する。

これは、環境に合わせて好きな方を選べばよいだろう。

ただし、注意点として、USB給電と乾電池を同時に使うことは厳禁。

故障の原因や、最悪、火災の原因となる。くれぐれも注意するように。

注意ポイント

  • USB給電と乾電池の同時使用は厳禁

乾電池を使用する場合

Amazonベーシック 乾電池 単3形 アルカリ 8個セット

Amazonベーシック 乾電池 単3形 アルカリ 8個セット

680円(09/16 05:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

乾電池を使用する場合の利点は、設置場所を選ばないことと、電池の重さで振り子本体が安定する点。

デメリットとしては、電池切れのたびに電池を買い足し、入れ替える必要がある。

USB給電で使用する場合

筆者のおすすめはUSB給電。

なぜなら、本格的に中華振り子で「ほしのすな稼ぎ」をするなら、当然、長時間振り続ける必要があるからだ。

電池の場合は、途中で電池切れになる可能性もあるが、USB給電ならその心配はない。

短時間であればパソコンなどのUSBポートも使えなくはないが、パソコンのUSBポートでの長時間使用は推奨しない。

ガチるなら、専用のUSB急速充電器を用意すべきだろう。

USBポートが多い方が使い勝手が良いが、設置場所によっては小型の方が取り回しに優れる場合もある。適宜、自分の環境に合わせて用意するといい。

USB充電器接続例

中華振り子-USB充電器接続例

組み立てについて

中華振り子-組立

組み立ては、見ての通り、台座にある穴に支柱を突き刺すだけで完成する。

組み立て難易度は非常に平易のため、一瞬で組み立て可能。

Altecs スマホ振り子(平置き型)レビュー

開封の儀

中華振り子-平置き-Altecs-箱

Altecsブランドのスマホ振り子(平置き型)は2019年最新型。

最新型だけあって、類似品と比較しても、かゆいところに手が届く改良がなされている。

付属品について

スマホ振り子-付属品一覧

  • 支持土台(ONOFFスイッチ付き)
  • 振り子アーム(スマホ保持用クリップ付き)
  • 給電用USBケーブル(1m)【Type-A(オス)-DCプラグ 外径:5.5φ 内径:2.1φ】
  • ACアダプタ※
  • 取扱説明書(日本語)

給電用のUSBケーブルのコネクタ形状はType-A(オス)で振り子へはDCプラグで接続する。

付属の給電用USBケーブルはケーブルの長さが「1m」でDCプラグのタイプはストレート。

ACアダプタについては、「ACアダプタ付き」と「ACアダプタなし」から選べる。

すでにUSB急速充電器などを所持している場合は、「ACアダプタなし」を選べば、その分、価格を抑えられる。

支持土台

スマホ振り子-台座

「平置き型」の台座には「ONOFFスイッチ」がある。

振り子を使わない時は電源を、スイッチ操作でOFFにできるため、地味に便利である。(普及型には「ONOFFスイッチ」がなかった。)

また、台座正面にインジケーター(赤色LED灯)があり、電源をONにすると点灯するため、通電状態を一目で確認できる。

ONOFFスイッチ

スマホ振り子-台座-スイッチ

支持土台(裏側)

スマホ振り子-台座-裏側

支持土台の裏側には、給電用USBケーブル(DCプラグ)を挿入するDCジャックがある。

振り子アーム

スマホ振り子-振り子アーム-クリップ有無

左側がスマホ保持用のクリップが付いている状態。右側がクリップを外した状態。

クリップは、バネを外せば簡単に着脱可能。

クリップが付いた状態だと、スマホ(横幅78mm以下)を固定でき、横置き、縦置きどちらにも対応できる。

筆者のオススメは、クリップを外して“平置き”する使用法。詳細は後述する。

取扱説明書(日本語)

スマホ振り子-使用説明書

簡易な取扱説明書(日本語)が付属する。

組み立てについて

スマホ振り子-組み立て

組み立ては、支持土台のヒンジ部に、振り子アームの金属棒を差し込むだけで完了するため、一瞬で組み立て可能。

スマホ設置例

クリップ使用時

スマホ振り子-振り子アーム-クリップ有-縦置き-横置き

振り子アームにクリップを付けて使用する場合、横置き、縦置き、どちらにも対応する。

使い分けとしては、通常は、横置き。

スマホ裏面にスマホリングを装着している場合は、縦置きが安定する。(ディスプレイ側を下にすれば、スマホリングを装着していても横置き可)

この商品は、横置きできる特性上、振り子使用中でもスマホ操作しやすい利点がある。

クリップを外して「平置き」する場合

スマホ振り子-振り子アーム-クリップ外す-平置き

筆者がオススメするのは、クリップを外して「平置き」で使用する方法。

振り子アームのクリップを外したら、「滑り止めシート」を別途用意し、6cm角程度にカット。

あとは、その上にスマホを乗せるだけである。

こうすることで、振り子へのスマホセットが最強クラスに“簡略化”できる。

昨今、Google Fit のウォーキング検出アルゴリズムアップデートにより、環境によっては、1セット30分までしか連続で距離加算できない場合がある。(詳細はこちら。)

距離を稼ぐためには、30分ごとに“再セット”の手間が生じるのだが、

この時、振り子へのスマホセットをどれだけ簡略化できるかは、距離稼ぎ効率に大きく影響する。

「平置き」のポイント

「平置き」するには「滑り止めシート」が必須アイテムのため、別途用意する必要がある。

「滑り止めシート」は6cm角程度にカットして使用する。

スマホを台に乗せたら、水平になるように重心のバランスをとるのがポイント。

「平置き」スタイルなら、手帳型のスマホケースなど、ぶ厚めのスマホケース装着時も、振り子が使える。

普及型とのサイズ比較

中華振り子-サイズ比較

Altecs スマホ振り子(平置き型)の使用感

最新型の振り子だけあり、普及型などと比べるとだいぶ進化しており、かゆいところに手が届く改良がなされている。

  • ONOFFスイッチ」付き
  • クリップによる簡単スマホ固定
  • クリップを外せば平置きできる
  • スマホへの磁力の影響なし
  • 静音設計
  • 金属支持棒採用で高耐久性

2019年型のトレンド機能は一通り備えており、振り子の最終進化系に近い完成度。

中でも、クリップを外して「平置き」できる点は、他の振り子にはない大きな特徴だといえる。

Google Fit のウォーキング検出アルゴリズムアップデートで、1セット30分までしか連続で距離加算できない環境では、

再セットするのが非常に手間なのだが、

スマホを置くだけで、即座に振り子が使えるのは、非常にありがたい。

Google Fit のアップデート後から、距離稼ぎに困っている場合は、ぜひ一度、この快適性を味わってみてほしい。

中華振り子(自動歩数カウント装置)の使い方

「中華振り子」検証

1日振った結果

中華振り子-1日-実践結果

それでは、早速、「中華振り子」を実際に検証してみた。

結果は見ての通りなのだが、タマゴは途中で回収が追い付かず、タマゴ未セットで振り続けた。(小まめにタマゴを補充できれば、もっと稼げる)

ちなみに相棒は「グレッグル」で相棒距離は3km。

つまりスタート時、アメが「5個」で、終了時が「34個」なので、だいたい87km走破したことになる。

だいたい時速3~4kmは最低稼げそうだ。

条件によってはもう少し調子のよい時もある。

これなら、週間リワードの50kmは中華振り子を使えば余裕でクリアできるだろう。

また、週間リワードのリワードタマゴは、タマゴ枠を事前に空けておく必要があり、

今までは、日曜の夜からポケストップを回さないようにしたり、タマゴ枠の調整が若干わずらわしかった。

しかし、中華振り子を使えば、タマゴが9枠すべて埋まっていても、寝ている間にタマゴが全部割れているため、前日のタマゴ枠調整に悩まされることはなくなる。

週間リワード結果報告

2019年3月4日~2019年3月11日

Pokémon GO_2019-03-11-週間リワード

デスクワーカーの筆者でも、「中華振り子」導入後は、適宜てきぎ、振り子にセットすることで、週間“408.7km”達成。

2019年3月11日~2019年3月18日

Pokémon GO_2019-03-18-週間リワード

この週は、振り子にセットするのを若干サボってしまい、前週よりも距離は落ちたが、コンスタントに300km以上稼ぎ、週間“335.3km”達成。

2019年3月18日~2019年3月25日

Pokémon GO_2019-03-25-週間リワード

適宜、振り子へのセットを怠らなければ、コンスタントに400kmは余裕で稼げる。

ただし、孵化装置の消耗が激しく、小まめに孵化装置へセットし直さなければ、タマゴ孵化数は思ったよりも稼げない。今週は“446.7km”達成。

2019年3月25日~2019年4月29日

Pokémon GO_2019-03-18-2019-04-29週間リワード

2019年4月29日~2019年5月6日

Pokémon GO_2019-04-29-2019-05-06週間リワード

先週までは、「中華振り子」への設置をサボったり、ポケモンGOのアップデート(バグ)で距離稼ぎが渋くなっていたが、

Google Fit の設定を見直すことで、今週は“585km”達成。

「中華振り子」を快適に使うワンポイントアドバイス

「いつでも冒険モード」をONにする

いつでも冒険モード-チェック

「いつでも冒険モード」にチェックを入れる

まず、大前提に、「中華振り子」は加速度を発生させる装置のため、ポケモンGO側で、「いつでも冒険モード」のチェックが入っていることを必ず確認すること。

この機能がONになっていないと、加速度センサーではなく、GPSの測位で距離をカウントしてしまうため、「中華振り子」で距離が稼げない。

USB給電と乾電池の同時使用は厳禁

繰り返しになるが、USB給電と乾電池は絶対に同時使用しないように。

注意ポイント

  • USB給電と乾電池の同時使用は厳禁

「中華振り子」を“(ほぼ)無音”で使う裏技

中華振り子-防音0407

「中華振り子」はその名の通り、“振り子”のため、物理的に前後運動を繰り返す。

その時に、振り子の金属部分と、スマホとの間に隙間すきまがあると、前後運動のたびに「カタカタ…」と騒音が発生する。

何日か検証した結果、騒音の発生源は、ほぼこの“隙間”一か所のため、この“隙間”さえ対策できれば、ほぼ無音で運用可能となる。

筆者のおすすめ防音策は、500ml用の「ペットボトルカバー」にスマホを封入し、前後左右を付属の輪ゴムで固定すれば、隙間がなくなり、ほぼ無音となる。

USB給電で運用する場合は、もう一点、対策するとより完璧となる。

と、いうのも、振り子運動がはじまると、台座が軽すぎて、設置面によっては台座ごと動いてしまい、やや安定性に欠ける。

この時に、台座が動くことが原因の、騒音が発生する場合もある。

このように設置面との相性によっては、台座が振り子運動で動いてしまう場合もあるため、台座の下に滑り止めシートなどを敷けば、台座が安定し、騒音もなくなる。

2端末までは同時に距離を稼げる

中華振り子-2端末0407

推奨はしないが、「中華振り子」1台で、スマホ2端末までは同時に距離を稼げる。

家族でポケモンGOをプレイしている場合などは経済的だ。

実際に使用するときは、前述のように、500ml用のペットボトルカバーにスマホを2台とも封入して、輪ゴムで固定すれば無音運用が可能。

距離加算タイミング

「中華振り子」からスマホを取り外し、ポケモンGOを起動した時点ですぐに距離が加算されることもあれば、すぐに距離が加算されない時もある。

すぐに距離が加算されない場合でも、たいていの場合は、少し歩いたり、移動したり、もう一度「中華振り子」にセットして少し振っているうちに加算されている。

これは端末のデータとサーバーのデータを同期するタイミングによって、距離加算タイミングにタイムラグが発生するのが原因だろう。

この時、距離加算前であれば、このタイミングでタマゴを孵化装置に入れても、距離加算時にさえ孵化装置に入っていれば、距離加算時に一気に距離が反映され、タマゴは割れる。

つまり、実際には孵化装置にタマゴをセットして振らなくても、距離加算直前に孵化装置へセットすれば間に合う。(推奨はしない。振る前にセットし忘れた場合の裏技。)

振り子運動安定の決め手は“輪ゴム”

振り子-輪ゴム設置説明図

中華振り子を使用して、数週間後あたりから、振り子の動きが“鈍く”なってくる場合がある。

この原因のほとんどは、付属の輪ゴムが伸びて劣化し、スマホの頭の重心がズレて振り子運動に支障をきたすため。

振り子運動は、絶妙なバランスの上で成り立っている。

位置エネルギーから運動エネルギーへの変換ロスを極力避けるためには、

振り子運動でスマホの頭の位置がブレないように、輪ゴムでしっかりと固定する必要がある。

共和 ゴムバンド #16100g GG011

共和 ゴムバンド #16100g GG011

195円(09/16 05:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

GPS及びセンサーデータ管理アプリ

GPS Status & Toolbox距離加算がうまく反映されない場合、たいていは距離加算のタイムラグが発生しているだけのケースが多いが、

場合によっては加速度センサーに不具合が出ていたり、故障している可能性もゼロではない。

「GPS Status & Toolbox」はGPSの精度を上げたり、加速度センサーのチェックやメンテナンスに役立つアプリ。

上手く、距離が稼げていない時などは、センサーが故障してないかチェックしてみるとよい。

このように、センサーに不具合が検出された時は スマホを再起動し、症状が改善されてから 「中華振り子」にセットすれば、無駄振りが減らせる。 (歩行検知器はスマホを左右に振ってテストする。)

GPS Status & Toolbox

GPS Status & Toolbox

MobiWIA Kft.posted withアプリーチ

スマホの「中華振り子」セットタイミング

一般的には日中、通学や通勤で移動が発生する。

この場合は普通にスマホを携帯して持ち歩き、リアルで距離を稼げばよいだろう。

「中華振り子」が真価を発揮するのは、スマホが移動しない時間帯での使用時。

通常は、夕方以降、帰宅して、もう外出の予定がなくなってからが「中華振り子」の出番となる。

だが、帰宅後は内蔵バッテリーが減っていて少し充電をする必要があるかもしれない。

その後、充電が済んでも、少しスマホをいじる時間も必要だろう。つまり、まだ「中華振り子」にはセットできない。

では、いつセットするか?

最も支障を来たさない時間帯は、やはり就寝中だろう。

寝ている間に「中華振り子」で距離を稼いでおくのが、最も効率的。

幸い、「いつでも冒険モード」では、ほとんど電池を食わない。

念の為、朝の電池切れが心配な場合はモバイルバッテリーを用意しておけば、万全だ。

寝ている間は「中華振り子」で稼ぎ、日中は、モバイルバッテリーで充電しながらリアル移動で稼げば無駄がない。

距離が反映されない時のチェックポイント

ポケモンGOのアップデートで「いつでも冒険モード」の仕様が変わると、距離稼ぎが渋くなったり、まったく反映されなくなる場合がある。

アップデートが絡まなくても、「中華振り子」で強欲な使い方を続けていると、サイレントBANを食らう可能性があるため、振りっぱなしには十分注意すること。

また、Google Fit(Android)などの歩数カウントの仕組みを正しく理解しないと、無駄振りが増えてしまう。

google-fit-ウォーキング-サイクリング判定

「中華振り子」で振った際、Google Fit で確認し、「ウォーキング」として記録されている場合は、

ポケモンGOの方にも正しく距離が反映される。

しかし、この時、Google Fit で何もアクティビティが記録されていなかったり、「サイクリング」で記録されてしまっている場合は、

ポケモンGOでは距離が反映されない。

加速度計の座標系_エドモント_会員03

歩行を検知するためには、「地面に対して垂直方向の振動」を検出しなければならないが、加速度センサーだけでは、スマホ本体に対する相対的な座標しか得られない。

そこで、スマホの傾きを「地磁気センサー」から取得し、3軸方向の加速度と、地磁気センサーの傾きから、地面に対しての上下運動の加速度のみ抽出して、“1歩”を導き出している。

Google Fitでは、Recording API を介して、消費電力を抑えるために、各種センサーからのシグナルを動的にサンプリングして反映させているため、

モーション検出の際、「ウォーキング」のアルゴリズムとして処理されないと、ポケモンGOには距離が反映されない。

アクティビティを編集し、距離を加算させる

以上のように、ポケモンGOで距離を反映させるためには、「ウォーキング」として処理されなければならないが、

アップデートなどで、アルゴリズムが変わったり、バグが仕込まれると「サイクリング」として処理され、ポケモンGO側で距離が反映されなくなる場合がある。

そんな時は、Google Fit から「アクティビティの編集」をし、「サイクリング」を「ウォーキング」に書き換えることで、ポケモンGO側で距離が反映されるようになる。

google fit アクティビティ編集

アクティビティの編集

  • .アクティビティが「サイクリング」で記録された場合
  • .「▼」ボタンからアクティビティの編集画面を開く
  • .「アクティビティの選択」から「ウォーキング」を選択

Google Fit で「アクティビティ」を「ウォーキング」に編集後、ポケモンGOを起動し、距離を反映させる。

手動でウォーキングを記録する

Google Fit も日々、進化しており、アルゴリズムが頻繁にアップデートされている。

最近だと、明らかに“中華振り子対策”と思われるアルゴリズム変更が行われた。

Google Fit を最新版にアップデートしてしまった場合、中華振り子で振るだけでは、自動的にアクティビティが記録されない場合がある。

この場合、前述のサイクリングとしてもアクティビティが記録されないため、

サイクリングからウォーキングへアクティビティを変更し、距離を反映させる裏技が使えないことになる。

アクティビティが自動で反映されない場合は、“手動”でウォーキングを記録すれば、まだ中華振り子で距離を稼ぐことは可能。

中華振り子-ウォーキング手動記録-手順解説

この“手動”でウォーキングを記録する方法を使っても、“30分”以上振り続けてしまうと、距離がリセットされてしまう場合があるため、

“1セット30分”までとなる。

そのため、スマホ付属のタイマーアプリなどで、30分経ったらアラームが鳴るようにセットしてから振り始めれば、振り過ぎを防げる。

中華振り子-ウォーキング手動記録-手順解説-ウォーキングを開始

Google Fit を起動したら、「+」ボタンからメニューを開き、メニューの中の「エクササイズを管理」を選ぶと、

「ウォーキングを開始」画面になり、「▶」を押せば、「ウォーキング」の記録がスタートする。

「ウォーキングを開始」したら、スマホを「中華振り子」へセットし、30分以内を目安に振る。

fit-ウォーキングを現在記録中-通知領域

30分経過したら、中華振り子からスマホを取り外し、スマホの通知領域から エクササイズを確認する。

中華振り子-ウォーキング手動記録-手順解説-停止ボタンを押して記録

「■」停止ボタンを押して、「ウォーキング」を記録する。

中華振り子-ウォーキング手動記録-手順解説-30分以内であれば従来通り加算

Google Fit のアップデート後からは、中華振り子で振っても30分以内であれば、従来通り距離が加算される。

しかし、30分以上振ってしまうと、急に距離が反映されなくなり、閾値いきちを超えると距離がリセットされてしまうようである。

図の右側は、前日に5時間振った検証結果だが、「0.3km」しか距離が反映されていない。

この結果から、中華振り子対策が入ったとみて間違いなさそうである。

Googleはアルゴリズムの“鬼”のため、アルゴリズムの精度には命を懸けている。

中華振り子の件があってもなくても、遅かれ早かれ、対策はされていただろう。

中華振り子による距離稼ぎ“ボーナスタイム”は、アプデにより、終了してしまったが、

手動であれば“2.5km/30分”前後はまだまだ稼げる。

この手の手法は、稼げるうちに稼いでおくのが、鉄則。

迷っているうちに対策が進んでしまうため、情報が入ったら即行動、即実践するのが、稼ぎ逃げるコツ。

中華振り子-fit-ポケモンGO-距離反映-いつでも冒険モード

Google Fit で距離が反映されているのを確認してから、

ポケモンGOを起動すれば、ほぼ損失なく距離が反映される。

総括

「中華振り子」使用については様々な意見があるだろう。

おのれ素足すあしを使わずとも距離が稼げる「中華振り子」使用は、“ゲーム的”にはグレーな行為だと言わざるを得ない。

とはいえ、この文明社会である現代日本において、純粋な素足のみで、歩数を稼ぐのは不可能に近い。

日々、通勤通学、移動で使う、電車やバスでも確実に距離は刻まれる。

自動車や原付、自転車でも、速度調整することで、意図的に歩数を稼ぐことはできる。

少なくとも、“純粋な素足”という観点からかんがみれば、

電車やバスで稼ぐ距離も、中華振り子で稼ぐ距離も、どちらもグレーで、そこに違いがあるとは思えない。

こうなってくると、どこからどこまでを“許容”するかは、

結局、各自の“自己判断”ということになる。

また、“位置情報ゲーム”であるポケモンGOは、ゲーム内だけでは完結しない。

ポケモンGOでのプレイは、必ず、実世界、実社会へも影響を及ぼす。

“歩きスマホ”や、路上駐車、近隣住民への迷惑(レイド時)など、

どうしても、ポケモンGOのプレイに熱心になればなるほど、その影響は大きくなる。

我々トレーナーがポケモンGOのプレイをする時は常に、実世界、実社会の“領域”“借りている”という意識が肝要である。

とはいえ、ポケモンGOにも対人戦が実装され、プレイヤー間での競争をあおる要素が今まで以上に増えてきた。

ライバルに負けないため、後輩トレーナーに追いつかれないため、今まで以上に“無茶”をするトレーナーも現れるだろう。

その“無茶”は、必ず、実世界、実社会へもマイナスな方向へ影響を及ぼす。

無茶の一例

  • 台風(暴風雨)などの悪天候下でも、距離稼ぎのために野外を歩き回る。
  • 自動車や自転車で距離稼ぎに没頭し、道路交通法違反を犯す。
  • 距離稼ぎに没頭し、歩きスマホを犯す。

地域格差をはじめ、経済格差や職業格差でも広がるプレイの“格差”は、無茶に拍車がかかる大きな要因となっている。

「中華振り子」の使用は、ポケモンGOの理念とはそぐわないかもしれないが、

ナイアン(Niantic, Inc.)が想定していた以上の地域格差による公平性の問題や、実世界、実社会への影響をかんがみると、

“誰にも迷惑をかけずに”格差を埋める“工夫”のひとつとして、

「中華振り子」は(ポケモンGOにとって)“必要悪”だと、筆者は判断する。

自己責任とはなってしまうが、“無茶”をするくらいなら、「中華振り子」を使っておく方が、実世界、実社会への迷惑は減るだろう。

追記:距離稼ぎ系イベントで活躍

アドベンチャーウィークイベントで活躍

アドベンチャーウィーク2019-フカマル-相棒距離

2019年6月5日(水)早朝~6月12日(水)早朝」まで開催された、アドベンチャーウィークイベントでは、

相棒ポケモンが獲得するアメが4倍になったり、

「いつでも冒険モード」をONにして50km達成で、

「ほしのすな」5万や「ふしぎなアメ」15個が報酬でもらえたりと、

距離稼ぎ攻略がポイントのイベントであった。

毎年、このイベントは東京だと、梅雨入りとも被りがちのため、

今までは距離を稼ぎたいのに、雨で外出が困難というジレンマがあったのだが、

中華振り子であれば、室内でも距離を稼げるため、中華振り子が活躍するイベントとなった。

「アドベンチャーウィーク」イベント内容

  • 相棒ポケモンが獲得するポケモンのアメが4倍
  • 「いつでも冒険モード」をONにして50km達成で、「ほしのすな」5万と「ふしぎなアメ」15個がもらえる

このアップデート絡みで、中華振り子による距離稼ぎも従来並みに復活しているため、積極的に距離を稼いでいきたい。

レアポケモンのアメ稼ぎにも絶好のチャンスだろう。

アドベンチャーウィークの50km達成ボーナスは今週と来週の最大2回受取チャンスあり。

砂5万(+1000)×2回は破格のボーナスのため、何が何でも達成しておきたい。

イベント中は雨予報の日が多い。

こんな時こそ、中華振り子を効果的に利用し、確実にボーナスを手にしたい。

(「ほしのかけら」を使用すれば50km達成リワードの「ほしのすな(51,000)」も1.5倍の76,500になるため、なるべく使用したい。)

ギフトイベントで活躍

中華振り子-ギフトイベント-アローラキュウコン-色違い

2019年8月6日(火)~8月20日(火)午前5:00」までギフトイベントが開催された。

ギフトイベントもタマゴ割りがメインで、砂イベントとも重なったため、中華振り子が大活躍した。

「ギフトイベント」内容

  • 7kmタマゴが2kmに短縮
  • 1日のギフト解放上限20個→30個
  • ギフト所持数10個→20個
  • 色違いウソハチ実装

イベント中に筆者がGETした色違い

  • 色違いアローラロコン
  • 色違いエレキッド
  • 色違いサトシ帽子ピチュー
弁論のザドキエル
タマゴ割り系のイベントと、中華振り子は相性がよいため、イベント対象の色違いを狙いつつ、砂稼ぎを同時にできた
関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_オートキャッチS
オートキャッチ(GO-TCHA)カタログ【レビュー&使い方】

オートキャッチ(GO-TCHA)とゴープラ徹底比較!オートキャッチ(GO-TCHA)の使い方からレビューまで詳細解説。自動捕獲と自動アイテム...

続きを見る

関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_デュアルキャッチモンS
デュアルキャッチモン【レビュー&使い方】

次世代オートキャッチ「デュアルキャッチモン」最大の特徴は2つのIDと接続できる点。他にも電池持ちや接続安定性に優れているため、先発品と徹底比較..

続きを見る

関連記事
ポケモンGO_おすすめ便利グッズ7選S
ライバルに差をつけるオススメ便利グッズ7選

ポケモンGOはゲーム内アイテムがいくら充実していようと、リアルグッズの準備を怠ると、プレイを有利に進めることはできない。プレイする上で必須の...

続きを見る



 

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。

-ポケモンGO
-

Copyright© カウンターカルチャー弁論センター , 2019 All Rights Reserved.