マンガ・アニメ・ゲーム等の学術研究機関

カウンターカルチャー弁論センター

Summaryカード用_コミュニティデイ_ヨーギラス_S

ポケモンGO

【ポケモンGO】6月のコミュニティ・デイはヨーギラス【安定の詫び延長】


すっかり毎月の恒例となった“コミュニティ・デイ”

6月コミュニティ・デイは待望の“ヨーギラス”

ジムバトルでもレイドでも“主戦力”となる人気の実用ポケモンの為、コミュニティ・デイ当日の混雑は必至であろう。




コミュニティ・デイ「ヨーギラス」プレイ目標

ヨーギラスとは相性が悪いのか、特別な技用の高個体値厳選(攻撃Fの個体値95.6%以上)が捗っていないため、

コミュニティ・デイ中に高個体値ヨーギラスを複数捕獲し、

「うちおとす」持ちの高個体値“岩岩バンギラス”を量産できるかが勝負となる。

  • 高個体値ヨーギラスの確保
  • 色違いヨーギラスの捕獲
  • 高個体値“岩岩バンギ”の量産


“聖地”ヨドバシカメラ新宿西口本店「ポケモン広場」

新宿j西口ヨドバシ前

対象ポケモンが“ヨーギラス”となれば、筆者もガチらねばならない。

ポケモンの“ソース”が多い場所が、単純に効率が良いので、

山手線“北西エリア”の聖地「ヨドバシカメラ西口本店:ポケモン広場」を“狩り場”に選んだ。

しかし、この選択が“誤り”だったと、すぐに悔い改めることとなる。

西ヨド到着

西ヨド ネットワークエラー

現地に到着すると、大量にあるポケストップ、そのすべてに“桜が舞っている”

これだけの“ポケストップ”、これだけの“ソース”、これだけの“ルアーモジュール”

さすが“聖地”

ヨーギラス捕獲数“時給何百匹”になるのか計り知れない。

と、浮かれていたのだが、すぐに異変に気付く。

ポケモンが一切、出現しないのである。

そして、恒例の“ネットワークエラー”

それもそのはず、新宿西口ヨドバシ前は、ポケモントレーナーで埋め尽くされ、人混みが犇めき合っている。

“完全に判断を誤った”

人気ポケモン故に、普段よりログインしているアクティブユーザーが集中して、

サーバーが重くなるのは“全国的”な影響にしろ、それに加えて、

これだけピンポイントエリアに大勢の人が集まってしまうと、圧倒的に“電波が足りず”、通信エラー頻発で、

まったくゲームのプレイどころではない。

作戦変更

桜満開エラー

桜満開2

画面いっぱい桜満開だというのにポケモンはいまだ1匹も出現せず。

“詫び延長”は確定だとしても、

“時は金なり”、スマホのバッテリーも“有限”である。

いくら“聖地”といえど、ポケモンの出現しない場所で、いたずらに時間だけを浪費するわけにもいかない。

一応近隣に“黒卵”は出現しているが、ジムに触るとエラー連発、

とてもレイドどころではないであろう。

このまま、新宿西口に留まっていても埒(らち)が明かないため、

思い切ってこの場を離れることにした。

新宿駅から西へ徒歩10分前後移動したところに「新宿中央公園」があるので、

そこなら駅からも離れており、多少は“人口密度”が分散して、通信の混雑も緩和されるであろう。

新宿中央公園でコミュニティ・デイ

新宿中央公園途中の歩道橋

「新宿中央公園」高層ビルと緑のコントラストが美しい公園で、正に“大都会のオアシス”といった趣で、都民、憩いの場となっている。

20180616_161602

20180616_161633

「新宿中央公園前 交差点」から“公園北歩道橋”を渡って西に進むと、「新宿中央公園」“北エリア”の入り口(東口)が顔を出す。

ネットワークエラー

遠方の満開

ログインできません

名残惜し気に“新宿駅方面”を仰ぎ見ると、かつてないほど無数のポケストップから花びらが舞っている。

通信エラーさえなければ、大量のソースから湧き続けるヨーギラスを取り放題だったのに・・・
次回のコミュニティ・デイでは何か対策をしてほしいものだ。

さて、混雑回避のために「新宿中央公園」まで来たわけだが、一向にネットワークエラーが改善される気配がない。

むしろ状況は悪化している気すらする。

新宿中央公園のポケストップやジムも表示されず、ゲーム画面上のアイコンやボタンも消失。

こういう時は一か八かのログアウトからの再起動なのだが・・・

ログアウトしたのが最期、遂にサインインすら出来なくなった。

“色違いヨーギラス”からの“詫び延長”

ポケモンGO_プレイ日誌_ザドキエルコメント_主張のデカいゴクリン

小一時間ほど、LINETwitterで情報収集しつつ、時間を潰し、再度ログインし直すと、やっとお目当てのヨーギラス出現。

混雑が少し緩和され、ようやくまともにプレイできるようになった。(普段よりは重く、まだまだ不安定だが)

そして、

色違いヨーギラス

色違いヨーギラスGET

遂に今回の目玉の一つ、“色違いヨーギラス”と遭遇。

無事捕獲完了。

20180616_141542

20180616_142038

その後、ヨーギラス求めて園内を徘徊しながら、ポケモンを捕獲していると、

ポケモンGO_プレイ日誌_1画像用_詫び延長

やはりというか、案の定というか、安定の“詫び延長”

イベント中は“ほしのすな”や“XP”が稼ぎやすい

ほしのすなおいしい

XPおいしい

この日は曇天で空は厚い雲に覆われ、ゲーム内の天候も時折、“雨”になっていた。

現在は「ウォーターフェスティバル」中でもあり、進化後のオクタンなどが出現すると、

“イベント効果”と“雨ブースト”で“ほしのすな”がかなり稼げた。

コミュニティ・デイ中は“XP”も同時に稼げて良イベントだった。(ネットワークエラーさえなければ神イベントだったのに残念)

野生のラプラス出現

ラプラス出現

ラプラスGETチャレンジ

新宿中央公園を飽きもせずヨーギラスを求めて徘徊していると、

突然、野生の“ラプラス”が出現。

ポケモンGOに於けるラプラスは、その野生での希少性から

“お台場騒動”“石巻復興イベント”など、話題に事欠くことがない。

それらを経験してきた身からすると、やはり今でも野生のラプラスと遭遇すると、

“特別な体験”に感じる。

ラプラスはカリスマ性のあるポケモンだと言えよう。

岩岩バンギラス

色違い結果

岩岩バンギ

延長したとはいえ、コミュニティ・デイの時間も残り少なくなってきて、

そろそろヨーギラスを進化させる段取りに移行しないと、岩岩バンギの入手機会を失うこととなる。

だが、混雑によるネットワークエラーで度々、プレイ中断を余儀なくされ、

ゲームも重い状態が続いており、満足にヨーギラスを狩りまくれたとは言えない。

“分母”が足りない以上、“運”に頼るしかないのだが、

結局、超高個体値のヨーギラスと巡り合うことはなかった。

一応、BOX内には卵産の攻撃個体値F、個体値88.9%のヨーギラスをキープしているのだが、

果たして、個体値88.9%をPL40まで育成すべきなのか?

BOX内が見苦しくならないか?

ここで、完璧主義者の悪い癖が出てしまい、

BOXの美しさを優先して、岩岩バンギを“作らない”という暴挙に出た。
(さすがに色違いの“鑑賞用”岩岩バンギは1体作った)

総括

芝生エリア

色違いのヨーギラス“6匹”捕獲、うち1匹はバンギラスまで進化。

コミュニティ・デイ中に超高個体値ヨーギラスと遭遇することができず、

なんと、実戦用の“岩岩バンギラス”は1匹も作らなかった。

人気ポケモンのコミュニティ・デイという事で、概ね満足だったのだが、

やはり、混雑によるエラーがなければより一層楽しめたであろうことを考えると、次回は何らかの対策を講じてほしいと願うばかりだ。



 

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。

-ポケモンGO
-

Copyright© カウンターカルチャー弁論センター , 2019 All Rights Reserved.