マンガ・アニメ・ゲーム等の学術研究機関

カウンターカルチャー弁論センター

Summaryカード用_EXレイド_デオキシス_01_S

ポケモンGO

【ポケモンGO】大波乱!デオキシス実装初日レポート【第51回 EXレイド】




10月2日(火)ポケ活 概要

10月2日(火)、この日は選ばれし者のみが参加できるEXレイド開催日。

更に、今回の第51回目から、
EXレイドボスがミュウツー → “デオキシス”へと変更となった。

これは何が何でも、初日にデオキシスを入手しておきたい。

筆者は『Harutake Koen』13:00から参加予定であったが、

何やら朝から不穏な情報が飛び交い始める。

“デオキシスがEXレイドをドタキャン”

このような事案が相次いでいるというのだ。

デオキシスからの“EXレイドキャンセル”を乗り越えて、果たしてデオキシスはGETできるのであろうか?

この日のポケ活

  • EXレイド(デオキシス)
  • ミュウツー厳選
  • 新柄パッチール(1番)図鑑埋め
  • ラッキータスク回収


第51回 EXレイド『Harutake Koen』

 

EXレイドキャンセルに怯えながら、『Harutake Koen』を目指す。

この日は、台風24号(Trami)が過ぎ去り、突き抜けるような青空(快晴)となっており、軽く歩いただけでも汗ばむほどの陽気となった。

道中で、7kmタマゴから地域限定のケンタロスなどを孵化させつつ、現場に向かっていると、あることが判明する。

このままのペースでは現場到着時間が数分前、あるいは数分オーバーする、と。

住宅街の小さな公園のレイドで、数分オーバーは命取りとなる。

ナイアン(Niantic, Inc.)からのEXレイドキャンセルに加え、EXレイド遅参という新たな試練とも向き合いつつ、現場へ急ぐ。

『Harutake Koen』到着

20181002_125720_はるたけ公園01

20181002_125720_はるたけ公園02

数分前に無事、現場に到着すると、平日の昼下がりだというのに、既に大勢のトレーナーが集結していた。

EXレイドキャンセルという、不条理な試練を乗り越え、デオキシスと一戦交えられる事が確定した『Harutake Koen』では、“初日GET”という称号を得るため、

皆、血に飢えた狼のような眼で、減りゆくカウントダウンの数字を静かに見つめていた。

Pokémon GO_2018-10-02-13-00-01

Pokémon GO_2018-10-02-13-00-07

デオキシスとのバトル開始!!

Pokémon GO_2018-10-02-13-00-13

Pokémon GO_2018-10-02-13-00-14

ミュウツー以外のポケモンがEXレイドに登場するのは、やはり新鮮である。

バトルパーティ

Pokémon GO_2018-10-02-13-01-49

Pokémon GO_2018-10-02-13-02-13

バトルパーティはミュウツー戦メンバーの流用。

このパーティのポイントはレガシー技である“シャドークロー持ちゲンガー”。

エスパータイプ相手に、“鬼神”のような働きを見せる。(紙ペラだが…)

Pokémon GO_2018-10-02-13-02-50

Pokémon GO_2018-10-02-13-03-04

続いては、安定の“噛み噛みバンギラス”

エスパー相手に攻守共に抜かりない。

この感じであれば、高TL(トレーナーレベル)2人前後で討伐可能であろう。

紙耐久のデオキシスを瞬殺し、GETチャレンジへ。

GETチャレンジ

Pokémon GO_2018-10-02-13-03-36

Pokémon GO_2018-10-02-13-03-49

『CP1533』個体値CBF(84.4%)

特筆すべき個体ではなかったが、図鑑埋めのためにも、初日GETのためにも、

ここで、油断するわけにはいかない。

デオキシススロー_ザドキエルアイ

デオキシスは、ミュウツーと比較すると、だいぶ距離が近い。

気持ち“手前”で指を離せばExcellentがコンスタントに狙えるであろう。

Pokémon GO_2018-10-02-13-04-33

無事にデオキシスGET!

図鑑登録完了

Pokémon GO_2018-10-02-13-04-35

Pokémon GO_2018-10-02-13-04-38

この瞬間がポケモンGOの醍醐味だと言えよう。

討伐成功

Pokémon GO_2018-10-02-13-04-42

Pokémon GO_2018-10-02-13-05-00

この日、宇宙から飛来し『Harutake Koen』を占拠したデオキシス

平日の昼間だろうが、ナイアン(Niantic, Inc.)から招待されれば即座に駆けつける真のトレーナー達の健闘により、見事、討伐に成功。

激闘を終えたトレーナー達は、日常の生活へ戻るため、蜘蛛の子を散らすように住宅街へ消えて行った。

デオキシスは幻のポケモン

Pokémon GO_2018-10-02-14-05-34

Pokémon GO_2018-10-02-14-10-03

デオキシスは“スペシャルリサーチ”ではなく、EXレイドでの入手ということで、
ミュウツーと同じ“伝説ポケモン”に分類されるかと思いきや、

ミュウやセレビィと同じ“幻ポケモン”とのことである。

スペシャルリサーチ経由の幻ポケモンは、1アカウントで1個体しか入手できない。

では、デオキシスはというと、EXレイドでの入手というシステム上、複数個体入手の機会がある。

その代わりなのか、デオキシスは“トレードが制限”されている。

これが何を意味するかというと、“全4フォルム”をコンプリートするのに、トレードには頼れないということだ。

デオキシス_ノーマルフォルム-アタックフォルム-ディフェンスフォルム-スピードフォルム
つまり、全フォルムコンプリートするには“自力”でなんとかするしかない。

特定のフォルムの取り逃がしは、図鑑コンプの命取りとなる。

ノーマルフォルム以外のフォルムが、どのような提供方法になるか、現時点では不明であるが、

入手手段がEXレイド限定となると、なかなかの鬼畜仕様といえる。

特定のフォルム出現期間中にEXレイドへ参加できなければ、それで詰んでしまうからだ。

トレード制限の弊害

  • トレードによる別フォルム図鑑埋め不可
  • キラポケモンの図鑑埋め不可
  • トレードによる個体値の再抽選不可

ポワルンのすがた

EXレイドキャンセルと並び、話題となっていた“ポワルンのすがたバグ”。

世界展開しているアプリでは、言語によって思いもよらぬバグが生まれてしまう。

ポケモンGOではこれまでにも、奇跡のようなバグを数々生み出しているが、これも5本の指に入る“名作バグ”といえよう。

総括

はるたけ公園

20181002_130915

第1回目のEXレイドが2017年9月7日(木)からスタートし、第50回までEXレイドボスを務めたミュウツー。

長らく、EXレイドの目玉として活躍してきた。

現在は、アンロックされたウルトラボーナスとして最後の大仕事をしている。

さて、今回の第51回 EXレイドからは、そんなミュウツーからの大切な襷(たすき)を引継ぎ、デオキシスが新たなEXレイドボスとして登場した。

だが、レイドボス切り替え初日ということもあってか、想定外の不具合も連発してしまった。

完結型のコンシューマーゲームと異なり、アップデートもゲーム性の一部となっているスマホゲームは、

“未完”“前提”とは言え、

ポケモンGOは“位置情報ゲーム”でもあるという性質上、他のスマホゲームとは十把一絡げには括りきれない難しさがある。

EXレイドのような日時と場所が指定されるイベントは、交通費や宿泊費、有給など、リアルマネーや諸事情も絡んでくる。

位置情報ゲームであるが故に、天候や災害、社会情勢などにも多分に影響を受けてしまうのは理解できるが、

それをゲームとして提供する以上、それなりの責務は発生する。

補填の在り方に関してはもう少し見直すべきであろう。



 

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。

-ポケモンGO
-,

Copyright© カウンターカルチャー弁論センター , 2019 All Rights Reserved.