マンガ・アニメ・ゲーム等の学術研究機関

カウンターカルチャー弁論センター

Summaryカード用_ポケモンGO_グローバルチャレンジ-2019-俺たちのスパーク兄貴S

ポケモンGO

【ポケモンGO】奇跡のグローバルチャレンジ達成!俺たちのスパーク兄貴!!

2019年6月17日(月)午前9時、

黄色チームこと、

チーム“インスティンクト(本能、才能、直感)は、

また一つ、“伝説”を歴史に刻みつけた。

絶望的だと思われた“グローバルリサーチチャレンジ”のタスクを、怒涛の追い上げで達成し、

見事、全世界へボーナスを享受する権利を解放したのだ。

このチームインスティンクトが成し遂げた“偉業”を時系列で振り返りたいと思う。




スパークのリサーチタスク(グローバルチャレンジ)

プレイヤー人口の少ない黄色



毎年恒例の真夏のリアルイベント、シカゴから始まった「Pokémon GO Fest 2019」と連動し、

今年は、ウィロー博士が、各チームリーダーへ

「リサーチタスク」を集めるように、依頼したようだ。

そのチャレンジの詳細とは、

2019年6月14日(金)午前1時~2019年6月17日(月)午前9時までの間に、

「世界中でフィールドリサーチのタスクを“1500万個”クリアする」

というもの。

これは、各色共通で、1500万個クリアしなければならないのだが、

始まる前から一つ懸念点があった、

と、いうのも、

黄色チームこと、チーム“インスティンクト”は、他色と比べ、

プレイヤー人口が“圧倒的”に少ないのだ。

なぜ、このようなことになってしまったか、

明確な理由は、不明だが、

先行リリースされた欧米諸国ではすでに、黄色チームの勢力は劣勢状態で、

青チーム赤チームの勢力が拮抗している状態だった。

日本でリリースされる直前に、この勢力分布図が事前情報として、拡散され、

この事前情報を知った多くの“正常”なトレーナーは、

無難に、青チーム赤チームを選択していき、

日本でも、ハンコを押したように、同じ勢力分布となった。

チームリーダー“スパーク”

ポケモンGOというゲームは、陣取りゲームであるジム戦や、団体戦であるレイドのボーナスなど、

あらゆる要素に“数の暴力”が適用される。

すなわち、プレイヤー人口が多いチームほど圧倒的有利なのだが、

なぜ、事前情報で“劣勢”だと知りながら、

ハードモードが確約された、いばらの道をわざわざ選び、

黄色チームという劣勢チームへ入会する者が後を絶たなかったのか?

これは、黄色チームのトレーナーがもれなく“変態”だという前提条件以外に、

チームリーダー“スパーク”の存在が大きいだろう。

メモ

劣勢だという事前情報を知っており、

自らの意思で黄色へ入会したトレーナーは“真のインスティンクト”と呼ばれ、例外なく“変態”なのだが、

黄色に、そそのかされて黄色へ入会した方や、事前情報なしに“色の好み”だけで黄色にしてしまった方は、

“お気の毒”だったと言わざるを得ない。

スパーク失踪事件

スパーク失踪事件-キャンデラ姐さん

明るく陽気で、いつもポジティブな、

黄色チームのリーダーであるスパークだが、

過去には、日々の激務とストレスから、

すべてを投げ出し、“失踪”するという事件も起こしている。

こんな人間味あふれる部分も、スパークの魅力のひとつだろう。

ちなみに、スパークが失踪中に、黄色チームの代理リーダーを引き受けてくれたのが、

“キャンデラ姐さん”

この時の恩は、すべての黄色チームの心に刻まれており、

キャンデラ姐さんのことは、黄色にとっての“赤い母”と呼ばれ、

今も、慕われ続けている。

黄色チームのチャレンジ達成は“ヤバイ”かも…

事の発端は、ポケモンGO公式のツイートだった。

6月16日、早朝の時点で、青チーム赤チームはすでに、

1500万個のリサーチタスクを達成していたが、

黄色チームはまだ“411万個”ほど足りていなかった。

この辺りから、ポケGO界隈では、

黄色のせいで、“ふしぎなアメ”“色違いライコウ”の報酬…

「ヤバイんじゃね?」

という雲行きの怪しい空気が流れはじめていた。

【11GONG】ポケモンGO Tシャツ (S, INSTINCT)

【11GONG】ポケモンGO Tシャツ (S, INSTINCT)

2,280円(09/16 07:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

黄色なら心配いらない

ポケGO界隈が揺れる中、

当の黄色チームは一切、慌てる様子もなく、冷静だった。

なぜなら、

“俺たちにはスパークの兄貴がいるから!!”

その時の、黄色の気持ちをマンガにしてツイートしたのがこちら↓

反応

キャンデラのリサーチタスク(グローバルチャレンジ)

見事、スパークのリサーチタスクを達成したのも束の間、

間髪入れずに、次のタスク「キャンデラのリサーチタスク」がトレーナー達に課せられた。

案の定、黄色が出遅れる

タスク達成度の、途中経過が発表され、案の定、黄色が出遅れる。

プレイヤーの数が少ないのだから、当たり前といえば、当たり前なのだが、

この事実について、様々な角度から揶揄(やゆ)される。

もはや、恒例の“ネタ化”が進みつつあるが、黄色は静観していた。

黄色が少人数でもタスクを達成できる理由

二度目の途中経過が発表され、相変わらず、に差をつけられる黄色であったが、

「キャンデラのリサーチタスク」でも、必ず黄色は追いつき、タスクは達成される。

その理由を、

「黄色チームが少人数でもタスクを達成できるのはなぜか?」と題し、

「動画版」として投稿した。※記事冒頭の動画

ポケモンGO界のYouTuber日本代表「やまだ氏」生誕

スパーク兄貴-やまだ-インスティンクト

7月某日が何の日かご存じだろうか?

そう、ポケモンGO界のYouTuber日本代表「やまだ氏」の生誕祭である。

やまだ氏はインスティンクトの布教活動にも熱心で、少しずつだが黄色チームの微増に貢献している。



 

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。

-ポケモンGO

Copyright© カウンターカルチャー弁論センター , 2019 All Rights Reserved.