Summaryカード用_ポケモンGO_CP1500リーグ-3期s

ポケモンGO

【ポケモンGO】スーパーリーグ(CP1500以下)最強選抜【PvP(対人戦)】

更新情報

  • NEW 随時、流行パ追加更新中
  • NEW GBLシーズン7対応
弁論のザドキエル
スーパーリーグに頻出する流行パーティの考察については流行パ考察ボタンをクリック。

スーパーリーグで多用される強ポケの個別解説は強ポケ個別解説ボタンをクリック。

他のリーグの最強選抜ページへは最強選抜リンクボタンをクリック。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク


スーパーリーグ(CP1500以下)概要

最強選抜-各リーグ-スーパーリーグ-CP1500

絶対に負けられない戦いがある。

ポケモンGOの対人戦、特に“CP1500”以下のポケモンのみ出場可能な“スーパーリーグ”の攻略は、初心者から廃人まで楽しめるリーグではないだろうか?

まず、ポケモンの育成コストが低い点が挙げられる。

野生で高PLのポケモンを捕まえて進化させるだけで使えたり、サードアタック開放アンロックも低コストなケースが多い。

その辺に大量に湧くドジョッチの進化系であるナマズンが厨レベルの性能であったりと、この記事を最後まで読めば、初心者でもすぐにパーティをガチガチに構築できるのもこのリーグの醍醐味だろう。

また、CPによる出場制限のため、このCPの内訳を、戦略によって様々に解釈ができたりと、使えるポケモンの種類が多いこともまた奥深さにつながっている。(廃人はここに労力を割いている)

そして最終的にはタイプ相性のジャンケン勝負に帰結するため、最低限のポイントさえ押さえれば、初心者ガチ勢返り討ちできるのもこのリーグの魅力。

それでは、その最低限のポイントを解説していきたいと思う。

弁論のザドキエル
GOバトルリーグのランク別の傾向と対策や、PvPスキルについては、下記、関連記事参照
関連記事
GOバトルリーグの「ランク」別の傾向と対策「PvPスキル」

GOバトルリーグ開幕により、PvPのフリー対戦がついに解禁された。ランク別の傾向と対策。更には上位ランクを目指すための必須PvPスキルを詳細に解説

続きを見る

弁論のザドキエル
PvP環境PvPの変遷年表については、下記、関連記事参照
関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_PvP環境-歴史年表s
「PvP環境」について

対人戦(PvP)では、起用されるポケモンの流行り廃りにより“環境”が形成される。この環境に大きな変動が起きるタイミングは、運営による“わざの調整…

続きを見る

弁論のザドキエル
PvP用の技については、下記、関連記事参照
関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_PvPわざ研究-通常技-ゲージ技-バフ-デバフ技s
PvP用「通常技・ゲージ技」研究【バフ・デバフ技】

PvPに関する技研究のすべて。通常技のターン数から、ゲージ技、バフデバフ効果、常設技、レガシー技、限定技など。わざマシンや貴重なすごい技マシ...

続きを見る

弁論のザドキエル
マッチングの闇については、下記、関連記事参照
関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_マッチングの闇s
マッチングの闇に迫る

GOバトルリーグへ潜っていると、異常に出し勝って4勝1敗、5勝0敗を連発できる日もあれば、同じパーティが、次のセットや、次の日には全然勝てな...

続きを見る

弁論のザドキエル
最強ポーズ考察については、下記、関連記事参照
関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_GOバトルリーグ-最強ポーズ考察0214s
最強ポーズ考察

GOバトルリーグは、シーズン6からシーズン制が導入され、大幅なリニューアル(テコ入れ)がなされた。大型リニューアル前のシーズン5が、箸休め的なシ…

続きを見る



通常スーパー「流行パーティ」考察

最新のスーパーリーグ環境、頻出ひんしゅつパーティを“初手”を軸に分類し、コンセプトや立ち回りを中心に考察。

初手から頻出パーティを分類しておくことで、裏の予想が立てやすく、

裏が分かれば、立ち回りで相手のギミックを回避できる可能性も出てくる。

もちろん、自分の手持ちや、立ち回りと相性の良いパーティ探しにも参考になるだろう。

初手「Aガラガラ」パーティ 初手「デンチュラ」パーティ
1500-ポケボタン-ガラガラ-アローラのすがた 1500-ポケボタン-デンチュラ
初手「Dデオキシス」パーティ 初手「エアームド」パーティ
1500-ポケボタン-デオキシス 1500-ポケボタン-エアームド
初手「マリルリ」パーティ 初手「Gマッギョ」パーティ
1500-ポケボタン-マリルリ 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた
初手「チルタリス」パーティ 初手「フシギバナ」パーティ
1500-ポケボタン-チルタリス 1500-ポケボタン-フシギバナ
初手「トロピウス」パーティ 初手「ミュウ」パーティ
1500-ポケボタン-トロピウス 1500-ポケボタン-ミュウ
初手「スリーパー」パーティ 初手「ドクロッグ」パーティ
1500-ポケボタン-スリーパー 1500-ポケボタン-ドクロッグ
初手「ラグラージ」パーティ 初手「タチフサグマ」パーティ
1500-ポケボタン-ラグラージ 1500-ポケボタン-タチフサグマ
初手「ユキノオー」パーティ 初手「トリデプス」パーティ
1500-ポケボタン-ユキノオー 1500-ポケボタン-トリデプス
初手「チャーレム」パーティ 初手「ネギガナイト」パーティ
1500-ポケボタン-チャーレム 1500-ポケボタン-ネギガナイト


流行パーティの傾向は、下記、YouTubeチャンネルなどを参考にしています。



初手「Aガラガラ」パーティ

Aガラガラ/マリルリ/メガニウム
1500-ポケボタン-ガラガラ-アローラのすがた 1500-ポケボタン-マリルリ 1500-ポケボタン-メガニウム

初手にAガラガラを置き、引き先にマリルリ、隠し玉メガニウムで貫通するパーティ。

Aガラガラ初手は、

エアームド、Dデオキシス、Aキュウコン、ユキノオー、チャーレムなどに出し勝ち。

出し勝ちから後追いする場合、マリルリ、メガニウムなら、引き先で何が来ようと、見れる範囲が広いため、対面を維持しやすい。

マリルリや、ラグラージ、ニョロトノなどには出し負けになるが、

耐久力と技範囲の広いマリルリを引き先として投げることで、何が来ても、たいていのポケモンと対等にやり合える。

はっぱカッター族などのくさや、デンチュラなどに追われた場合は、Aガラガラを再展開して起点にする。

メガニウムの苦手なひこうこおりを、Aガラガラとマリルリで処理してしまえば、

最後に、貫通力のあるメガニウムを通しやすい完成度の高いパーティ。

Aガラガラ/ダーテング/ナットレイ
1500-ポケボタン-ガラガラ-アローラのすがた 1500-ポケボタン-ダーテング 1500-ポケボタン-ナットレイ

初手にAガラガラを置き、引き先にダーテング、隠し玉ナットレイで貫通するパーティ。

一世風靡いっせいふうびした「エアームド、」のアロガラバージョン。

出し勝っても裏にカウンター族やひこうなどがいた場合に詰んでしまうので、

このようなギミックパの場合、頃合いを見て一旦、ダーテングに引く必要がある。

このギミックパの場合、カウンター族をダーテングで釣り出して、Aガラガラでうまく処理できれば、

ナットレイが通りやすい。

だが、このパーティはトリデプス、チルタリス、タチフサグマがかなり重いため、

これらが来てしまったら、ほぼ一体にパーティを半壊させられてしまう重大な欠陥がある。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「デンチュラ」パーティ

デンチュラ/マリルリ/Gマッギョ
1500-ポケボタン-デンチュラ 1500-ポケボタン-マリルリ 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた

初手にデンチュラを置き、引き先にマリルリ、隠し玉Gマッギョで貫通するパーティ。

デンチュラ初手は、

マリルリ、エアームド、Dデオキシス、スリーパー、トロピウス、タチフサグマ、ユキノオー、ドクロッグなど、

多くの頻出初手に出し勝ちできる。

デンチュラにシールドを2使ってでも、強引に出し勝ちを守れば、

耐性や耐久が優秀つ、技範囲も広いGマッギョや、マリルリなら、そのまま“対面ゲー”に持ち込める可能性が高い。

しかも、死に際の最後っ屁でとびかかるを撃って、確定デバフを与えられるので、対面の支配権は、常にデンチュラ側にあるといえる。

交代受けなどを高度に決められるスキルを持っている場合は、デンチュラをたくみに引いて、

相手のパーティをき回すのもよいだろう。

ゲージを貯め引きすれば、攻撃実数値の高いデンチュラは、再展開時に同発でも先制できる確率が高い。

引き先「ペリッパー」パターン
1500-ポケボタン-デンチュラ 1500-ポケボタン-ペリッパー 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた

デンチュラ/マリルリ/Gマッギョ」の引き先を「マリルリ」から「ペリッパー」に変えたパターン。

デンチュラは、シールド2駆使すれば、大抵の相手に出し勝てるが、

さすがに無暗やたらにシールドを使っていたら、シールドがいくらあっても足りなくなる。

デンチュラ初手は、頃合いを見て一旦引くのも一つの戦術になってくるのだが、

その際、雑に投げても仕事をしてくれるのが引き先ペリッパー。

回転の早いウェザーボール翻弄ほんろうし、ぼうふうで「大ダメージ or シールド消費」のたくを迫れる。

ペリッパーに引かれると、後追いに迷うポケモンの代表格のため、

デンチュラと共に相手のパーティをき回すのに適している。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「Dデオキシス」パーティ

Dデオキシス/ブラッキー/マリルリ
1500-ポケボタン-デオキシス 1500-ポケボタン-ブラッキー 1500-ポケボタン-マリルリ

GBLのルール上、ギミックパは環境にハマると無双できる特性がある。

ギミックの力で、実力以上のレートを手にした、“ギミックパ中毒者”が後を絶たないのもうなずける。

そんな昨今のギミックパ大流行下で、“ギミックパ潰しともいえる新しい“型”が生まれ始めた。

このDデオキシス初手もその一つ。

本来Dデオキシスのような、どんなポケモンにも幅広く対応できるポケモンは、

“引き先”として利用するのが一般的なのだが、

それをあえて初手に配置することで、特にギミックパのような、初手に明確な役割のあるパーティにとっては、

対処に困る案件となる。

これが、ギミックパ潰しと言われる所以ゆえんなのだが、

更に、このパーティは、ブラッキーも、マリルリも“引き先”として優秀な性能を持つ。

つまり、全員、誰とでも幅広く対応できる高ステ積パーティのため、

立ち回り次第で無限の可能性を秘めたパーティともいえる。

このパーティを活かすも殺すも、

自分の“腕次第”という、まさに玄人向くろうとむパーティ。

ちなみに、初手のDデオキシスは、撃ち逃げに適したサイコブースト搭載型がマスト。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「エアームド」パーティ

エアームド/Dデオキシス/ラグラージ
1500-ポケボタン-エアームド 1500-ポケボタン-デオキシス 1500-ポケボタン-ラグラージ
貫通役「カイリキー」パターン
1500-ポケボタン-エアームド 1500-ポケボタン-デオキシス 1500-ポケボタン-カイリキー

初手にエアームドを置き、引き先にDデオキシス、隠し玉ラグラージで貫通するパーティ。

エアームド初手は、

マリルリ、チャーレム、ユキノオー、フシギバナ、ドクロッグ、ウツボット、トロピウス、Aキュウコンなどに出し勝ち。

とはいえ、貫通役のラグラージが、とにかくくさに激弱のため、

相手の裏にくさがいる可能性を考慮すると、とりあえず相手の初手がくさ以外の場合は、

一旦、Dデオキシスに引くことになる。

その際、エアームドの優れる点が、

「大ダメージ or シールド消費」の択を迫れるブレイブバードの撃ち逃げができる点。

相手はこちらの初手でエアームドを見ているため、くさがいる場合は素直にDデオキシス処理に、

くさを差し出してくる場合が多い。

Dデオキシスでくさが釣れた場合は、くさどくの複合ならDデオキシスのサイコブースト連発で対面を返しても良いし、

エアームド再展開で、エアームドの起点にしても良い。

とにかく、くさ一掃いっそうされてからのラグラージの“貫通力”には、計り知れないものがある。

ラグラージの通りが悪い日は、貫通役をカイリキーに変えたパターンも存在する。

カイリキーに変えることで、くさへの警戒を薄められるのと、ブラッキーへの対処が厚くなる。

ただし、マリルリやデンチュラ、Dデオキシスなどが止まらなくなってしまう欠陥も生じる。

全体的にフワライドやブルンゲルは重め。

引き先「マリルリ」パターン
1500-ポケボタン-エアームド 1500-ポケボタン-マリルリ 1500-ポケボタン-ラグラージ
貫通役「カイリキー」パターン
1500-ポケボタン-エアームド 1500-ポケボタン-マリルリ 1500-ポケボタン-カイリキー
貫通役「Gマッギョ」パターン
1500-ポケボタン-エアームド 1500-ポケボタン-マリルリ 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた

エアームド/Dデオキシス/ラグラージ」の引き先を「Dデオキシス」から「マリルリ」へ変えたパターン。

Dデオキシス編成よりもくさに弱い構築だが、マリルリに引くことで、

くさを更に釣り易くなるみず2の、ギミック色が増したパーティ。

マリルリが入ることで、ブラッキーやバルジーナ、チルタリスの処理は安定する。

引き先「マリルリ」パターンでも、貫通役ラグラージの調子が悪い日は、

貫通役をカイリキーへ変更することで、カイリキーなら活躍する場合がある。

パーティ全体のバランスは若干悪くなるが、ラグラージとカイリキーは役割重複具合絶妙で、

どちらかの調子が悪い時は、どちらかが通ることが多い。

同じ理由で、貫通役をGマッギョに変えたパターンも存在する。

エアームド/ダーテング/メガニウム
1500-ポケボタン-エアームド 1500-ポケボタン-ダーテング 1500-ポケボタン-メガニウム

初手にエアームドを置き、引き先にダーテング、隠し玉メガニウムで貫通するパーティ。

一世風靡いっせいふうびした往年のギミックパ。

以前から「砦、」などの“ゴリ押し型”のギミックパは存在していたが、

この「エアームド、」は、シーズン固有の環境にコミットした、

その後のギミックパ“お手本”になるような、

美しく緻密なギミックが仕込まれている。

“初見殺し”なのは当然として、途中でギミックに気づいても、

自分のパーティ自体が対応していなければ、成す術なく散るしかないのが、ギミックパの強さの源。

このパーティの、ギミックの美しさは、“貫通力”の高いメガニウムをいかにして“通す”か、

この一点だけを徹底的に突き詰め、唯一無二の存在である、エアームドとダーテングでパズルのピースを埋めた点。

シーズンが進んだ現在では、このギミックの対策が進み、当時のような無双をするのは難しいが、

その後、このアイデアを取り入れた多くの亜流ギミックパを生み出す潮流の発端となった功績は大きい。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「マリルリ」パーティ

マリルリ/ヤミラミ/Aガラガラ
1500-ポケボタン-マリルリ 1500-ポケボタン-ヤミラミ 1500-ポケボタン-ガラガラ-アローラのすがた

初手にマリルリを置き、引き先にヤミラミ、隠し玉Aガラガラで貫通するパーティ。

マリルリ初手は、

Gマッギョ、ラグラージ、ブラッキー、チャーレム、Dデオキシス、Aガラガラ、チルタリス、Aキュウコン、ドクロッグ、カイリキー、タチフサグマなど、多くの頻出初手に出し勝てる。

とはいえ、マリルリにシールド2を使って強引に対面をとっても、裏で貫通されたら元も子もないため、

一旦、ヤミラミに引いて様子を見る方が安定する。

一般的に引き先として、Dデオキシスや、スリーパー使いが多いため、

こちらの引き先ヤミラミは綺麗に追えない事が多々ある。

ブラッキーなど、明確にヤミラミを追えるポケモンに引かれた場合は、

マリルリ再展開でブラッキーを処理すれば、貫通役のAガラガラが通りやすくなる。

マリルリに追われる事も考慮すると、引き先役のヤミラミは、

マリルリにも打点を持てるおんがえし搭載のLライトヤミラミが望ましい。

マリルリ/Gマッギョ/エアームド
1500-ポケボタン-マリルリ 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた 1500-ポケボタン-エアームド

初手にマリルリを置き、引き先にGマッギョ、くさ対策にエアームドを編成したはがね2枚積みパーティ。

このパーティは、耐久や耐性に優れ、威力の大きな大砲ゲージ技も扱えるポケモン達で編成されているため、

相手のパーティによって、柔軟にフィニッシャ―を変える立ち回りができる。

基本は、Gマッギョに引いてラグラージやかくとうなどを釣り、マリルリで処理して、エアームドを通すのが一般的。

マリルリとGマッギョがくさに弱めなので、初手くさや、Gマッギョ引きでくさに追われた場合は、

エアームドで起点を作る。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「Gマッギョ」パーティ

Gマッギョ/Dデオキシス/トロピウス
1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた 1500-ポケボタン-デオキシス 1500-ポケボタン-トロピウス

初手にGマッギョを置き、引き先にDデオキシス、隠し玉トロピウスで貫通するパーティ。

Gマッギョ初手は、

エアームド、ブラッキー、トリデプス、デンチュラ、ユキノオー、チルタリス、Aキュウコン、トロピウスなどに出し勝ち。

マリルリや、ラグラージ、カウンター族などは出し負けのため、Dデオキシスに引く。

Dデオキシスで対面を返せれば、出てきたポケモンに、Gマッギョかトロピウスで後追いするだけの、簡単なお仕事になる場合が多い。

逆に、出し勝った際に、相手に引かれた場合、後追いするDデオキシスが対面を返されないように、

Gマッギョを即引きするのか、ゲージ技を撃って、「ダメージ or シールド剥がし」の択など、

Gマッギョの挙動を調整してから、Dデオキシスにバトンを渡したい。

とにかく対面さえ守れれば、Gマッギョかトロピウスが通せる可能性が高い。

引き先「ペリッパー」パターン
1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた 1500-ポケボタン-ペリッパー 1500-ポケボタン-トロピウス
貫通役「フシギバナ」パターン
1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた 1500-ポケボタン-ペリッパー 1500-ポケボタン-フシギバナ

Gマッギョ/Dデオキシス/トロピウス」の引き先を「Dデオキシス」から「ペリッパー」に変えたパターン。

GBLシーズン3でウェザーボールを追加され、その時から注目されていたペリッパーだったが、

GBLシーズン6から、明らかに引き先ペリッパーが流行りだしている。

Dデオキシスが“守り”引き先ならば、ペリッパーは“攻め”引き先

シールドを使って、強引に対面を返したり、攻めに徹すればシールドを確実に奪えるペリッパーは、

確かに引き先としての性能がかなり高い。

このパーティは、対面を守って、Gマッギョとトロピウスを通すことが肝なので、

引き先性能が、パーティの強さに直結する。

ちなみに、貫通役トロピウスの通りが悪い日は、貫通役をフシギバナに変えたパターンも存在する。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「チルタリス」パーティ

チルタリス/Gマッギョ/マリルリ
1500-ポケボタン-チルタリス 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた 1500-ポケボタン-マリルリ

初手にチルタリスを置き、出し負けの種類で、Gマッギョか、マリルリに引くパーティ。

チルタリス初手は、

ラグラージ、エアームド、スリーパー、チャーレム、デンチュラ、Dデオキシス、Aガラガラ、ドクロッグ、タチフサグマ、トロピウスなどに出し勝ち。

GBLシーズン3以降、Gマッギョが流行ってからは、チルタリス自体の採用率が激減したが、

環境が一巡いちじゅんし、更にGマッギョのいわなだれ弱体化なども後押しして、再びチルタリス復活の兆しが見える。

もともとチルタリスは、明確に苦手な相手以外は、

幅広くアタッカーとしての仕事がこなせる汎用性はんようせいがあり、

チルタリスを通すために、Gマッギョとマリルリで、チルタリスの障壁を排除する立ち回りをすれば、

たいてい、チルタリスのゴリ押しが通る展開にできる場合が多い。

もちろん、チルタリスが腐っている場合は、Gマッギョと、マリルリがフィニッシャーに転ずることも可能。

チルタリス/Dデオキシス/メガニウム
1500-ポケボタン-チルタリス 1500-ポケボタン-デオキシス 1500-ポケボタン-メガニウム

初手にチルタリスを置き、引き先にDデオキシス、隠し玉メガニウムで貫通するパーティ。

動かし方は「エアームド/Dデオキシス/ラグラージ」や「Aガラガラ/マリルリ/メガニウム」などに近い、

こおりひこうほのおなどを、チルタリスとDデオキシスで排除して、

メガニウムを通す、下ごしらえをしておく。

このパーティの強みは、フィニッシャー同士のラス1勝負まで持ち込めれば、

相手のパーティに、貫通役のラグラージや、Gマッギョなどが残っている場合が多く、

それらとメガニウムの対面を作れれば、一気に簡単なお仕事にできる点。

はがね不在で、あまえる族が重いため、甘甘などがくると半壊する。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「フシギバナ」パーティ

フシギバナ/Gマッギョ/トリデプス
1500-ポケボタン-フシギバナ 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた 1500-ポケボタン-トリデプス

初手にフシギバナを置き、引き先にGマッギョ、隠し玉トリデプスで貫通するパーティ。

フシギバナ初手は、

マリルリ、ラグラージ、チャーレム、ドクロッグ、カイリキー、タチフサグマ、ウツボットなどに出し勝ち。

とはいえ、このパーティは、相手の裏にラグラージやナマズン、カウンター族などがいた場合に詰むので、

裏で見れない出し勝ち以外は、必ず一旦引く必要がある。

基本は、Gマッギョに引いて、ラグラージやカウンター族などを釣り、フシギバナで処理をする。

これらを処理してしまえば、最後にトリデプスが通る可能性が高い。

これは、はがねくさが相性補完に優れており、GBLのようなルールの場合、

」や「」といった構成をとることで、

出し負け時に重複しているタイプの方を、生贄いけにえとして差し出しても、

残りの2で、引き続き優れた相性補完を維持できている、という構築になっているため。

余談だが、このパーティは、甘甘パーティは絶対に許さないという、強い意志が感じられる面子めんつでもある。

初手「トロピウス」パーティ

トロピウス/Gマッギョ/トリデプス
1500-ポケボタン-トロピウス 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた 1500-ポケボタン-トリデプス
引き先「Dデオキシス」パターン
1500-ポケボタン-トロピウス 1500-ポケボタン-デオキシス 1500-ポケボタン-トリデプス

初手にトロピウスを置き、引き先にGマッギョ、隠し玉トリデプスで貫通するパーティ。

トロピウス(エアスラ型)初手は、

マリルリ、ラグラージ、スリーパー、チャーレム、Dデオキシス、メガニウム、フシギバナ、ドクロッグ、カイリキー、タチフサグマ、ウツボットなどに出し勝ち。

伝説トリトロ(トリデプス×トロピウス)Gマッギョを加えたギミックパverバージョン

トリデプスとトロピウスは相性補完に優れるため、引き先をDデオキシスなどに変えると、バランス型の王道パーティにもなる。

このパーティは、「フシギバナ/Gマッギョ/トリデプス」の初手を変えた亜種パでもあり、

基本コンセプトや動かし方は「フシギバナ/Gマッギョ/トリデプス」とほぼ同じだが、

フシギバナ/Gマッギョ/トリデプス」とマッチングした場合は、Gマッギョ同士の択勝負にはなってしまうが、

選出的には、ほぼ負けないだろう。

トロピウス/ブラッキー/ヤミラミ
1500-ポケボタン-トロピウス 1500-ポケボタン-ブラッキー 1500-ポケボタン-ヤミラミ

初手にトロピウスを置き、引き先にブラッキー、隠し玉ヤミラミで貫通するパーティ。

基本は、一旦ブラッキーに引いて、フェアリーを釣り、ヤミラミを通す下ごしらえをしておく。

ブラッキーがかくとうで追われた場合は、トロピウスか、ヤミラミの起点にする。

デンチュラや、Aキュウコンなどが来ると、パーティ半壊の危険性がある。

甘甘パーティにももろい。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「ミュウ」パーティ

ミュウ/エアームド/ズルズキン
1500-ポケボタン-ミュウ 1500-ポケボタン-エアームド 1500-ポケボタン-ズルズキン

初手にミュウを置き、相手の初手によって引き先をエアームドと、ズルズキンで使い分ける。

ミュウ初手の、出し勝ち、出し負け判定は、技構成次第で、

対戦相手としても、ミュウのわざ構成が不明の時点では、様子見してくるケースが多い。

初手ミュウに限っては、撃ち逃げができるワイルドボルト搭載はほぼ間違いないため、

明確な出し勝ち以外は、一旦引く動きが多い。

その際、相手の初手によって、エアームドか、ズルズキンで交代受けを決めるのが良いだろう。

ズルズキンに引いた場合は、フェアリーかくとうひこうなどで追われることが多いため、

フェアリーひこうはエアームド、かくとうはミュウの起点にすると良い。

エアームド引きだと、Gマッギョや、スリーパー、トリデプス、Dデオキシス、Aガラガラなどで追われることが多いため、

Dデオキシスやスリーパーはミュウの起点にし、

Gマッギョやトリデプスはズルズキンで起点にすると良いだろう。

Aガラガラに関しては、カウンターの起点にはできないが、ズルズキンで処理が安定する。

ミュウ入りのパーティは、トリッキーな動きになりやすい。

ミュウの立ち回り次第で、このパーティは強くも弱くもなる。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「スリーパー」パーティ

スリーパー/ブラッキー/ズルズキン
1500-ポケボタン-スリーパー 1500-ポケボタン-ブラッキー 1500-ポケボタン-ズルズキン

初手にスリーパーを置き、引き先にブラッキー、隠し玉ズルズキンで貫通するパーティ。

スリーパー初手の、出し勝ち、出し負け判定は、技構成次第で、

対戦相手としても、スリーパーのわざ構成が不明の時点では、様子見してくるケースが多い。

とはいえ、このパーティはあく2のギミックパのため、とりあえず一旦、ブラッキーに引く必要がある。

ブラッキーに引くと、フェアリーかくとうで追われるケースが多いため、

スリーパーでフェアリーかくとうを処理できれば、貫通役のズルズキンが通しやすくなる。

ただ、甘甘パーティが流行っている現状、あく2のギミックパはリスクが大きい。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「ドクロッグ」パーティ

ドクロッグ/Gマッギョ/タチフサグマ
1500-ポケボタン-ドクロッグ 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた 1500-ポケボタン-タチフサグマ

初手にドクロッグを置き、引き先にGマッギョ、隠し玉タチフサグマで貫通するパーティ。

ドクロッグ初手は、

Gマッギョ、ブラッキー、トリデプス、ユキノオー、カイリキー、タチフサグマ、ウツボットなどに出し勝ち。

このパーティはカウンター2枚積みのギミックパなので、

貫通役のタチフサグマを通すために、一旦Gマッギョに引いてかくとうを釣るのが基本。

そのため、かくとうに強いかくとう代表”のドクロッグがこのギミックのかなめになる。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「ラグラージ」パーティ

ラグラージ/Dデオキシス/エアームド
1500-ポケボタン-ラグラージ 1500-ポケボタン-デオキシス 1500-ポケボタン-エアームド
引き先「Gマッギョ」パターン
1500-ポケボタン-ラグラージ 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた 1500-ポケボタン-エアームド
引き先「レジスチル」パターン
1500-ポケボタン-ラグラージ 1500-ポケボタン-レジスチル 1500-ポケボタン-エアームド

初手にラグラージを置き、引き先にDデオキシス、くさ対策にエアームドを編成したパーティ。

ラグラージ初手は、

Gマッギョ、エアームド、トリデプス、デンチュラ、Aガラガラ、ドクロッグなどに出し勝ち。

このパーティは、「エアームド/Dデオキシス/ラグラージ」の初手を変えた亜種パだが、

エアームド/Dデオキシス/ラグラージ」とマッチングした場合は、選出的にほぼ勝てる。

貫通力の高いラグラージが、初手貫通役兼任するため、明確な出し勝ち以外は、一旦、Dデオキシス引きが基本。

また、ラグラージはくさに激弱なので、ラグラージの裏にはくさ対策万全のエアームドがほぼセットで控えている。

このパーティは、頻繁にラグラージを出したり引っ込めたりして起点を作りながら戦うため、

パーティの強さラグラージ使いの熟練度と言っても過言ではない。

引き先のDデオキシスを抜いて、Gマッギョやレジスチルを編成した、はがね2枚積みパターンもある。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「タチフサグマ」パーティ

タチフサグマ/エルフーン/Aキュウコン
1500-ポケボタン-タチフサグマ 1500-ポケボタン-エルフーン 1500-ポケボタン-キュウコン-アローラのすがた

初手にタチフサグマを置き、引き先にエルフーン、隠し玉Aキュウコンで貫通するパーティ。

タチフサグマ初手は、

Gマッギョ、ラグラージ、エアームド、スリーパー、ブラッキー、トリデプス、Aガラガラ、ユキノオー、バルジーナなどに出し勝ち。

典型的な「熊、」のスーパーリーグver。

甘甘パーティのため、引き先はどちらでもよいのだが、一旦、熊からへ引き、

確実にはがねを釣り出して、タチフサグマ再展開からのはがね処理をしておくのが基本戦術。

はがねを処理してしまえば、残りのが通るという寸法。

また、採用しているが技範囲の広いエルフーンと、Aキュウコンのため、

“型”違いを用意して、甘甘偽装する戦術も面白い。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「ユキノオー」パーティ

ユキノオー/Aガラガラ/マリルリ
1500-ポケボタン-ユキノオー 1500-ポケボタン-マリルリ 1500-ポケボタン-ガラガラ-アローラのすがた
Aガラガラ枠「ヤミラミ」パターン
1500-ポケボタン-ユキノオー 1500-ポケボタン-マリルリ 1500-ポケボタン-ヤミラミ

初手にユキノオーを置き、ほのおかくとうはがねなどの対策にマリルリとAガラガラを編成したパーティ。

ユキノオー初手は、

マリルリ、ラグラージ、スリーパー、チルタリス、フシギバナ、ウツボット、トロピウスなどに出し勝ち。

ユキノオーは、貫通力は高いが、とにかく弱点多いため、マリルリとAガラガラでフォローしながら戦うことになる。

ユキノオーの障壁さえ排除できれば、ユキノオーが止まらない状況を作れる可能性が高い。

ユキノオーが腐っている場合は、マリルリやAガラガラがフィニッシャーに転ずることも可能。

Aガラガラ枠をヤミラミに変えたパターンもある。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「トリデプス」パーティ

トリデプス/ウツボット/チェリムP
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-チェリム-ポジフォルム
残り草枠「メガニウム」パターン
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-メガニウム
残り草枠「ハヤシガメ」パターン
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-ハヤシガメ
残り草枠「ドダイトス」パターン
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-ドダイトス
残り草枠「トロピウス」パターン
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-トロピウス

初手にトリデプスを置き、引き先でウツボットとチェリムを使い分けるパーティ。

トリデプス初手は、

エアームド、スリーパー、デンチュラ、Aガラガラ、ユキノオー、チルタリス、Aキュウコン、ウツボット、トロピウスなどに出し勝ち。

ただ、このパーティは最も有名なギミックパ「砦、」のため、

出し負けてナンボ、出し勝っても裏にひこうがいたら詰むので、

初手ひこうなどでない限り、とりあえず一旦は、引くのが基本。

具体的には、出し負けたら裏のくさに引き、

ひこうを釣り出したらトリデプスでガン起点にして、

残りのくさを通すのが基本戦術。

こんな芸当ができるのは、はっぱカッターの威力がタイプ相性を無視したレベルの壊れ技なのと、

ひこう相手には鉄壁の要塞と化すトリデプスという存在のおかげ。

トリデプスが出し勝って、相手から引いた場合でも基本の動きは同じで、

引き先で多いマリルリはもちろん、Dデオキシスやヤミラミ、ブラッキーなどもはっぱカッターで後追いすればゴリ押せる。

ここで対面を取れれば、相手にひこうがいる場合は、ひこうくさを処理してくるので、

そのひこうをトリデプスでガン起点にして、残りのくさを通せばよい。

ただ、この「砦、」はあまりにも有名なギミックパのため、だいぶ対策も進んでしまっていて、

逆にカモられてしまう事も増えてきた。

そのため、トリデプスとウツボットはほぼ固定セットだが、残りのくさ1を、

「砦、」対策の対策として、様々なパターンが開発されている。

当初は、とにかくはっぱカッター2を並べるだけだったのが、

ウツボットのタイプ(くさどく)と弱点が被らないように、

同じタイプのフシギバナやウツドンなどは避けるようになったり、

ゲージ技も考慮されるようになり、チェリム(ウェザーボール)やメガニウム(じしん)、

ハヤシガメ(のしかかり)、ドダイトス(ストーンエッジ)などのパターンが生まれた。

ちなみにくさ枠は、はっぱカッターの威力の上がるシャドウが望ましい。

少なくともウツボットはSシャドウウツボット採用が原則。

トリデプス/ウツボット/ゴースト
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-ゴースト
偽装枠「Dデオキシス」パターン
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-デオキシス
偽装枠「ドクロッグ」パターン
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-ドクロッグ
偽装枠「ヤミラミ」パターン
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-ヤミラミ
偽装枠「デンチュラ」パターン
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-デンチュラ

トリデプス/ウツボット/チェリムP」(砦、)が、あまりにも有名なギミックパのため、

トリデプス初手を見た相手が、「砦、」想定の立ち回りをすると、

実はラス1ではないという、

いわゆる、草草偽装パ”。

様々なパターンが開発されており、さながら“砦ガチャともいえる状況になっている。

こちらの初手によっては、引き先に偽装枠の方を出し、

草草らしからの“ウツボット通し”にくる動きもあるため、

砦の顔を見たら、何もかもを疑ってかかるべし。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「チャーレム」パーティ

チャーレム/Gマッギョ/トリデプス
1500-ポケボタン-チャーレム 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた 1500-ポケボタン-トリデプス

初手にチャーレムを置き、引き先にGマッギョ、隠し玉トリデプスで貫通するパーティ。

チャーレム初手は、

Gマッギョ、ラグラージ、エアームド、ブラッキー、トリデプス、ユキノオー、ズルズキン、Aキュウコン、ドクロッグ、カイリキー、タチフサグマなどに出し勝ち。

とはいえ、このパーティもはがね2枚積みのギミックパなので、

裏で見れない初手以外は、とりあえず一旦、Gマッギョに引いて様子をみる必要がある。

かくとうや、ラグラージなどが釣れれば、貫通役のトリデプスが通りやすくなるだろう。

引き先、Gマッギョの優秀なのは、どんなポケモンで追われても、

わざ範囲の広さと、択勝負で想定よりもシールドを剥がせたり、場合によっては対面を返せる可能性がある点。

例えば、追われた時に嫌なラグラージやマリルリ相手であっても、じしんが通れば後続への負担が減らせる。

貫通役のトリデプスは、チャーレムとGマッギョでじめんかくとうさえ、事前に排除できてしまえば、

スーパーリーグの頂点に等しい超耐久によって、どんなポケモンが残っていようと、大抵押し切れる展開になりやすい。

このパーティは、「フシギバナ/Gマッギョ/トリデプス」の初手を変えた亜種パでもあるが、

初手をからチャーレムにすることで、はがねくさの持つ相性補完よりも、

単体性能の高い“チャーレムであること”を優先した点が面白い。

このパーティは、チャーレムの起点作り、グロパンを適切なタイミングでどれだけ積めるかなど、

チャーレムを“鬼神化”できるかどうかで、パーティの強さが決まる。

チャーレム/Gマッギョ/マリルリ
1500-ポケボタン-チャーレム 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた 1500-ポケボタン-マリルリ

初手にチャーレムを置き、出し負けの種類で、Gマッギョか、マリルリに引くパーティ。

このパーティは「チルタリス/Gマッギョ/マリルリ」の初手を、チルタリスからチャーレムへ変えた亜種パでもある。

チャーレム(カウンター)も、チルタリス(りゅうのいぶき)も、強力通常技ゴリ押すスタイルのため、

通常技が腐らない相手であれば、シールドを無視して幅広くアタッカーとしての仕事がこなせるという共通点がある。

チャーレムを通すために、Gマッギョとマリルリで、チャーレムの障壁を排除する立ち回りをすれば、

チャーレムのゴリ押しが通る展開にできる場合が多いが、

チャーレムが腐っている場合は、Gマッギョと、マリルリがフィニッシャーに転ずることも可能。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

初手「ネギガナイト」パーティ

ネギガナイト/Gマッギョ/マリルリ
1500-ポケボタン-ネギガナイト 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた 1500-ポケボタン-マリルリ

初手にネギガナイトを置き、出し負けの種類で、Gマッギョか、マリルリに引くパーティ。

ネギガナイト初手は、

マリルリ、Gマッギョ、ブラッキー、トリデプス、ユキノオー、タチフサグマなどに出し勝ち。

このパーティは「チルタリス/Gマッギョ/マリルリ」の初手を、チルタリスからネギガナイトへ変えた亜種パでもある。

チャーレム/Gマッギョ/マリルリ」も同様のコンセプトだが、ネギガナイトは耐久がかなり低いため、

チルタリスやチャーレムよりも、HP管理に繊細さが求められる。

チャーレムとの違いは、カウンターの性能を極限まで高められるグロウパンチ持ちのチャーレムが、カウンターなぶり倒すスタイルなのに対し、

ネギガナイトは、ゲージ技の一撃性が高く、シールドを剥がしてからの即死攻撃が狙えるという違いがある。

チャーレムは相手にシールドが残っていても無双できるが、ネギガナイトを使う場合は、できるだけ事前にシールドを剥がしておきたい。

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク


PvP人気ポケモン「個別解説」

環境トップメタ

  • 1500-ポケボタン-ナマズンR
  • 1500-ポケボタン-マリルリ
  • 1500-ポケボタン-エアームド
  • 1500-ポケボタン-デオキシス
  • 1500-ポケボタン-スリーパー
  • 1500-ポケボタン-チルタリス
  • 1500-ポケボタン-ブラッキー
  • 1500-ポケボタン-トリデプス
  • 1500-ポケボタン-トロピウス
  • 1500-ポケボタン-チャーレム
  • 1500-ポケボタン-ラグラージ
  • 1500-ポケボタン-ベトベトン-アローラのすがた
  • 1500-ポケボタン-レジスチル
  • 1500-ポケボタン-メルメタル
  • 1500-ポケボタン-クレセリア
  • 1500-ポケボタン-トゲキッス
  • 1500-ポケボタン-フシギバナ

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク


メンバー限定

  • 1500-ポケボタン-ガラガラ-アローラのすがた
  • 1500-ポケボタン-デンチュラ
  • 1500-ポケボタン-ズルズキン
  • 1500-ポケボタン-エモンガ
  • 1500-ポケボタン-シュバルゴ
  • 1500-ポケボタン-タチフサグマ
  • 1500-ポケボタン-ニャイキング
  • 1500-ポケボタン-チェリム-ポジフォルム
  • 1500-ポケボタン-マッギョ
  • 1500-ポケボタン-マッギョ-ガラルのすがた
  • 1500-ポケボタン-ヤルキモノ
  • 1500-ポケボタン-ユキノオー
  • 1500-ポケボタン-フワライド
  • 1500-ポケボタン-ゴースト
  • 1500-ポケボタン-ダーテング
  • 1500-ポケボタン-ライチュウ-アローラのすがた
  • 1500-ポケボタン-ヤミラミ
  • 1500-ポケボタン-ミュウ
  • 1500-ポケボタン-メガニウム
  • 1500-ポケボタン-マッスグマ
  • 1500-ポケボタン-ゴンべ
  • 1500-ポケボタン-ドクロッグ
  • 1500-ポケボタン-スカタンク
  • 1500-ポケボタン-ニョロボン
  • 1500-ポケボタン-ランターン
  • 1500-ポケボタン-マイナン
  • 1500-ポケボタン-スピアー
  • 1500-ポケボタン-ウツボット
  • 1500-ポケボタン-ユキメノコ
  • 1500-ポケボタン-ヌオー
  • 1500-ポケボタン-フォレトス
  • 1500-ポケボタン-プクリン
  • 1500-ポケボタン-ピクシー
  • 1500-ポケボタン-キュウコン-アローラのすがた
  • 1500-ポケボタン-サンドパン-アローラのすがた
  • 1500-ポケボタン-ジラーチ
  • 1500-ポケボタン-ネンドール
  • 1500-ポケボタン-エネコロロ
  • 1500-ポケボタン-ユクシー
  • 1500-ポケボタン-マンタイン
  • 1500-ポケボタン-ジュゴン
  • 1500-ポケボタン-クチート
  • 1500-ポケボタン-ドータクン
  • 1500-ポケボタン-ハッサム
  • 1500-ポケボタン-ゴルバット

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク

裏リスト

Summaryカード用_ポケモンGO_CP1500リーグ-裏-ピーキー-マイナー-シャドウs

裏リストはコチラ

各リーグの「最強選抜」ページ

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_スーパーリーグ-CP1500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイパーリーグ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスターリーグ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイプレ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスプレ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_便利グッズ

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_流行パーティ考察-選抜リスト
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_強ポケ個別解説選抜リストr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_最強選抜リンク


Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。




 \ この記事はどうでしたか? /

-ポケモンGO
-

© 2021 カウンターカルチャー弁論センター