ポケモン図鑑_サムネイル_マリルリ

個別解説

【ポケモンGO】マリルリのPvP考察【GOバトルリーグ】

弁論のザドキエル
「マリルリ」の各リーグ考察は「下記ボタン」クリック
  • GOバトルリーグボタン_スーパーリーグrr
  • 便利グッズ-リンクボタン-商品レビュー


マリルリ(みず/フェアリー)

マリルリの弱点と耐性

タイプ相性表_防御_マリルリ0322

ポケモン画像_184_マリルリ

みず/フェアリー

マリルリの覚える技

通常技【DPT/EPT/威力/ゲージ増加量/時間】

あわ2.803.678.411/3

いわくだき3.00/2.33/9/7/3

ゲージ技【威力/ゲージ消費量/DPE】

ハイドロポンプ156752.08

れいとうビーム【90/55/1.64】

じゃれつく108601.80

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

マリルリの概要

ステータスについて

 スーパーリーグ(CP1500以下)
実数値/個体値 PL CP
攻撃 防御 HP 積ランク
91.59 136.57 196 45.5 1499 2451821
0 F F S

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

スーパーリーグの個体値再厳選が必要になった。

新たな理想個体値【0FF】だと、ステ積245を超える。

筋骨隆々ムキムキとなったマリルリをちまたでは“ムキマリ”と称し、

ただでさえ強いマリルリが、更なる凶悪な性能へと変貌した。

スーパーリーグ“最強”の一角

スーパーリーグの環境において、マリルリを抜きに考えることはできない。

ガチ勢同士の対人戦の場合、まず第一に対策しなければならない案件として、

マリルリがあり、マリルリ対策を怠ることは敗北を意味する。

それくらいスーパーリーグで猛威を振るっている厨ポケ

マリルリ(青い悪魔)”なのだ。

スーパーリーグの歴史は、マリルリの歴史だといっても過言ではない。

ナイアン(Niantic, Inc.)によるマリルリ封じのバランス調整や、刺客投入で、

何度も、「ついにマリルリ衰退か」とささやかれ続けたが、

結局、環境が一周するごとに、

不死鳥のようにスーパーリーグ界“トップメタ”に舞い戻ってくる。

それが、マリルリ。

とりあえず、マリルリ所持を匂わすだけでも、パーティ編成面で牽制けんせい効果があるため、心理的駆け引きにおいてもこの青い悪魔は使える。

HPタンク役として優秀

マリルリはスーパーリーグのために製造されたような性能となっており、

苦手なでんきタイプくさタイプどくタイプでなければ、

“ステータスの暴力”によって、ほぼゴリ押しで殴り勝てる。

と、いうのも、CP制限リーグでは心許こころもとなくなりがちなHP実数値が、

マリルリに限っては、まったく心配のいらない“HPタンク状態”

このタンクの安心感は、多くのガチ勢が激戦を生き抜くためのすべとして、

ついつい青い悪魔に手を出してしまう所以ゆえんでもある。

とりあえず構築に迷ったら、このタンクを組み込んでおけば、何かしら仕事をしてくれる。

広い技範囲

マリルリの強さの秘密は、

CP制限リーグ向きのステータス比率と、この技範囲の広さにある。

環境が入れ替わるたびに、技構成の異なる“型”の流行にも変遷があり、

どの組み合わせも優秀で需要があるため、

”型選び”が毎度、悩ましい案件となっている。

あわの弱体化

通常技【DPT/EPT/威力/ゲージ増加量/時間】

あわ3.203.679.611/3】

2021年1月12日~

あわ2.803.678.411/3

GBLシーズン6 後半(2021年1月12日~)からのバランス調整で、

あわが弱体化された。

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

マリルリが強くなり過ぎることへのピンポイント調整なのは明らか。

この弱体化のあおりりを受けて、PL40以上に強化したムキマリでも、

シールド1枚同士だと10まんボルト持ちのDデオキシスに押し負けるといった対面変化が生じている。

「じゃれ型」と「ドロポン型」の厳選(※PL40時代)

後述「じゃれ型」「ドロポン型」で迷う場合は、

HP個体値がF(15)で、PL40まで上げられる個体、

つまりHP実数値が189の個体なら「じゃれ型」にし、

HP実数値が189に届かない個体は「ドロポン型」にすればよい。

理由は、「じゃれ型」はミラーに強い型であり、

ミラー戦で勝てなければ意味がない。

ミラー戦でシールドを2枚張り合って、突っ張った場合、

最後はあわで勝負が決まり、このHP実数値の違いが生死をわけるため。

ちなみに個体値【8FF(対人戦理想個体値100%)のマリルリと、

個体値【8EF(対人戦理想個体値99.40%)のマリルリは、

あわの威力も、じゃれつくの威力も、れいとうビームの威力も、HP実数値も同じになるため、

ミラー戦においては完全な互角となる。

つまり、個体値【8EF】は“実質100%(対人戦理想個体値)だといえる。(※ミラー時)

注意ポイント

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

スーパーリーグの個体値再厳選が必要になった。

理想個体値が【8FF】から【0FF】へなっているので注意。

ベビーの時にわざ解放

少し前なら、野生湧きもタマゴ孵化も潤沢じゅんたくだったため、

長くプレイしているトレーナーなら、厳選やアメ不足で困ることは少ないだろう。

ただ、最近始めた初心者や復帰勢には、少し入手しづらい情勢かもしれない。

タマゴ孵化で育てたいルリリが生まれた場合は、

ルリリの段階でサードアタックをアンロックしておくと、

「砂」と「アメ」を節約できるためオススメ。

ポイント

  • ルリリの時にサードアタック解放→「砂:10,000」「アメ:25個」
  • マリルの時にサードアタック解放→「砂:50,000」「アメ:50個」
ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ マリル

ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ マリル

12,276円(06/17 23:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

通常スーパー(CP1500以下)

スーパーリーグ-アイコン

通常スーパー

(CP1500以下)

「マリルリの型」考察

じゃれ型

1500-ポケボタン-マリルリ 通常 あわ
技2 じゃれつく
技3 れいとうビーム

スーパーリーグ環境に、強力なはがね蔓延はびこる前は、

汎用性があり、小回りの利く、この「じゃれ型」がマリルリの基本形だった。

この型は小回りが利くため、うまく駆け引きし、シールド1枚勝負に持ち込めれば、

10まんボルトを覚えたDデオキシスにも勝てる。

また、環境トップメタであるマリルリは採用率も高いため、

常にミラー戦を意識する必要がある。

ミラー戦を制するためには、等倍で通るじゃれつくが必須で、

ゲージを節約でき、シールド駆け引きにも使える、

れいとうビーム搭載の「じゃれ型」が安定する。

ただし、この型は、トリデプスやレジスチルなどにあわくらいしか打点がないため、

環境上位のはがねには何もできなくなる。


GBLシーズン6 後半(2021年1月12日~)からのバランス調整で、

あわが弱体化された。

この弱体化のあおりりを受けて、PL40以上に強化したムキマリでも、

シールド1枚同士だと10まんボルト持ちのDデオキシスに押し負けるといった対面変化が生じている。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

ドロポン型

1500-ポケボタン-マリルリ 通常 あわ
技2 ハイドロポンプ
技3 れいとうビーム

PvP環境が変遷するたびに、マリルリ封じの刺客しかくが環境に送り込まれてくる。

【GBL前】第2期ではトリデプス、

【GBL前】第4期ではレジスチルなど。

こういった環境上位のはがねとタイマンで戦う場合、「じゃれ型」では押し切れない。

このようなミラー戦よりも、強敵との勝率を上げたい場合、

高威力技であるハイドロポンプを搭載した「ドロポン型」で対抗する必要が出てくる。

ただ、この型だと、シールド駆け引きによっては、

ヘドロウェーブ持ちのラグラージに苦戦するようになる。

じゃれつく持ちのマリルリには、手も足も出ないが、

昨今のはがね流行環境では、ハイドロポンプが切れない情勢になりつつある。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

じゃれポン型(冷ビ切り)

1500-ポケボタン-マリルリ 通常 あわ
技2 じゃれつく
技3 ハイドロポンプ

そこで、考案されたのが、「じゃれポン型(冷ビ切り)」。

便利なれいとうビームを切って、くさや、雑魚狩ざこがりを放棄ほうきし、

ミラーと、強敵にのみ対抗するおとこの型

前述のように、採用率の高いマリルリ、環境上位のはがねに対抗できるようになるが、

れいとうビームを失うデメリットも大きい。

まず、シールド駆け引きし辛くなる。

重い技が増えると、隙を作りやすくなり危険。

更に、これまた環境に多いチルタリス討伐の安定性が揺らぐのと、

トロピウスや、ウツボットといったくさ連中へ、

何やかんやして、一発でもお見舞いできれば大ダメージを与えられる、

切り札がなくなるのは、やはり痛い。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性) タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点) 2.56倍
効果はばつぐんだ!(弱点) 1.6倍
通常ダメージ(等倍) 1倍
効果はいまひとつだ...(耐性) 0.625倍
効果はいまひとつだ...(二重耐性) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(無効) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(耐性×無効) 0.244140625倍

バフ・デバフ倍率

効果倍率 バフ デバフ
1段階目 1.25倍 0.8倍
2段階目 1.5倍 0.66666667倍
3段階目 1.75倍 0.5714286倍
4段階目 2.0倍 0.5倍

ステータス比率

ステータス比率分類

  • 耐久型(攻撃<防御≒HP)
  • HPタンク型(攻撃≒防御<HP)
  • 防御型(攻撃≒HP<防御)
  • バランス型(攻撃≒防御≒HP)
  • 攻撃型(攻撃>防御≒HP)

等倍での殴り合い順位

「耐久型」「HPタンク型≒防御型」「バランス型」「攻撃型」

弁論のザドキエル
詳細は下記、関連記事を参照。
関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_CP制限リーグ-必勝攻略-基礎講座s
CP制限リーグ必勝攻略!!【基礎講座】

対人戦用の技研究や、CP制限下で有利なステータス比率など、CP制限リーグで必勝するための基礎知識を解説する。解放用の砂稼ぎから環境解説、タイプ..

続きを見る

各リーグの「最強選抜」ページ

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_スーパーリーグ-CP1500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイパーリーグ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスターリーグ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイプレ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスプレ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_便利グッズ
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧


Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。



-個別解説