ポケモン図鑑_サムネイル_トリデプス20210908

ポケモン個別解説

「トリデプス」のPvP考察【GBL】

弁論のザドキエル
「トリデプス」の各考察へ飛びたい場合は「下記ボタン」をクリック
ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
ポケモン図鑑_コントロールボタン_技セット_型
ポケモン図鑑_コントロールボタン_ステータス_個体値厳選


トリデプスの概要

弱点と耐性

1500-ポケボタン-トリデプス 攻撃種族値 94
防御種族値 286
HP種族値 155
種族値合計 535
タイプ相性表_弱点と耐性_「いわ」「はがね」_トリデプス

覚える技

通常技 DPT EPT 威力 ゲージ 時間
うちおとす 4.80 2.67 14.4 +8 3
アイアンテール 3.60 2.00 10.8 +6 3
ゲージ技 威力 ゲージ DPE
かえんほうしゃ 90 -55 1.64
ストーンエッジ 120 -55 2.18
ラスターカノン 132 -70 1.89
ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
ポケモン図鑑_コントロールボタン_技セット_型
ポケモン図鑑_コントロールボタン_ステータス_個体値厳選

個体値厳選

理想個体値(積ランク)

スーパーリーグ
1500-ポケボタン-トリデプス CP1497
PL50
個体値(攻/防/HP)0FE
攻撃種族値 94 攻撃実数値 78.99
防御種族値 286 防御実数値 252.93
HP種族値 155 HP実数値 142
種族値合計 535 ステ積 2836948
種族類型 耐久型 積ランク S++++

もともと硬いでお馴染みのトリデプスであったが、

GBLシーズン6(2020年12月1日~)からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

スーパーリーグでの理想個体値が【CFF】から【0FE】へ更新された。

スーパーリーグ環境でありながら、そのステ積は驚異の283を超える。

まさに規格外硬さを手に入れ、一度は覇者の座を退いたトリデプスが、

再び、スーパーリーグ環境へ舞い戻ってきた。

特化厳選(実数値)

スーパーリーグ
個体値 厳選基準 攻撃 防御 HP PL CP
0FE 理想個体 78.99 252.93 142 50 1497
F10 攻撃特化 88.05 231.84 125 43.5 1500
0FA 防御特化 79.46 254.44 139 51 1496
0BF HP特化 79.22 250.31 143 50.5 1500
弁論のザドキエル
上記の表は、各実数値の範囲を見渡す意味もある。個体値厳選の実情は、特にCP制限下の場合、パーティ立ち回りセットデザインする側面が強いため、答えがないというのも、一つの答えとなる。詳細は下記、関連記事を参照
Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦時代の最強個体厳選論S
PvP(対人戦)時代の最強個体厳選論!!

対人戦のCP制限リーグでは「PL」「種族値」「個体値」の差は強さに違いがあるのか?個体値…

続きを見る

旧理想個体

個体値 厳選基準 攻撃 防御 HP PL CP
0FE 理想個体 78.99 252.93 142 50 1497
CFF 旧理想個体 83.77 237.88 134 40 1497

トリデプスの旧理想個体は、【CFF】だったため、

個体値が最低でもA以上、保証されているタマゴ産やリワード産から、厳選しやすかった。

その為、ガチ勢の多くは、既に旧理想個体でスーパーリーグ用の個体を作成済みだと思われる。

トリデプスのような役割のはっきりしている特化型のポケモンは、対面の得意不得意が明確なため、多少のステ積差は、それほど気にならず、わざわざ作り直さなくても活躍は可能。

とはいえ、トリデプスのミラー対面は、通常技で決着がつくため、旧理想個体の攻撃実数値の高さが裏目に出て、新理想個体には勝てないため、要注意。

ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
ポケモン図鑑_コントロールボタン_技セット_型
ポケモン図鑑_コントロールボタン_ステータス_個体値厳選

特記事項

鉄壁の要塞“トリデ”

その見るからに盾感たてかんまるだしのフォルムからも想像が容易たやすいように、

実数値の積が、実質、スーパーリーグ頂点だと言っても過言ではない、

超耐久型ポケモン

それまでの、マリルリ環境で構築された、ドラゴンフェアリーひこうくさ連中に対し、

トリデプスは、有利に立ち回れるタイプ相性と技構成を備えており、

【GBL前】第2(2019年2月1日~)からの実装と同時に、環境トップメタに君臨。

文字通り、それまでのPvP環境一新した盾(立たて役者やくしゃとなった。

スーパーリーグの「ほのお」枠

トリデプスが実装された【GBL前】第2(2019年2月1日~)環境では、

くさタイプはがね対策に、ほのお技自体の需要はあったのだが、

マリルリをはじめ、強力なみずタイプの勢力が強すぎて、どうしても耐久の低いほのおタイプは、活躍が難しかった。

そんな状況下で、貴重なほのお技であるかえんほうしゃを扱えるトリデプスは、

安心してほのお技を放てるほのお枠としての出番も多かった。

「ひこうタイプ」キラー

トップクラスのステータスと、ひこうタイプ二重耐性を持つトリデプスは、

ひこう連中相手なら、難攻不落鉄壁の要塞化す

スーパーリーグ界、最強格を誇るひこう枠、チルタリスと、エアームドですら、トリデプスの前では全く歯が立たず、

一方的にガン起点にされるだけ、されて、終わりである。

まさに、ひこうタイプ絶対許さないマン

ひこうタイプとトリデプスの対面を作れた時点で、相手には絶望という未来しか残されていない。

ギミックパの代名詞「砦/草/草」

トリデプス/ウツボット/チェリムP
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-チェリム-ポジフォルム
残り草枠「メガニウム」パターン
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-メガニウム
残り草枠「ハヤシガメ」パターン
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-ハヤシガメ
残り草枠「ドダイトス」パターン
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-ドダイトス
残り草枠「トロピウス」パターン
1500-ポケボタン-トリデプス 1500-ポケボタン-ウツボット 1500-ポケボタン-トロピウス

トリデプスとくさ(主にSウツボット)を組ませ、

ラス1勝負に持ち込むギミックパが定期的に流行する。

中でも、トリデプスの代表作であり、最も有名なギミックパでもあるのが、

」。

くさ2構成のゴリ押し型ギミックだが、シーズン6後半(2021年1月12日~)のはっぱカッター弱体化までは、分かっていても、対策を怠るとゴリ押されてしまう本当に強いパーティであった。

このように特化型ポケモンは「ギミックパ」に採用されやすいため、トリデプスのギミックパ常連入りは必然といえるだろう。

対策されると脆い

最強クラスの硬さを誇るトリデプスも、

かくとうじめん二重弱点のため、

対策されると、案外もろ

実装と同時に環境に刺さっていたこともあり、一気に環境トップに登りつめたトリデプスだったが、

その後、マリルリのハイドロポンプ搭載型が増えて対策され始めたり、

じめん枠代表のナマズン再雇用も促進、

更に、【GBL前】第2中盤の2019年3月6日に破格のバフ技、グロウパンチが追加され、これが決定打となった。

グロウパンチを積んでからのチャーレムは、誰も止められないと話題になり、チャーレムが大流行。

トリデプス一強時代は終わりを告げた。

「ラスカ」弱体化(ほぼ影響なし)

ゲージ技 威力 ゲージ DPE
GBLシーズン2(旧性能)
 ラスターカノン 132 -65 2.03
GBLシーズン3(2020年7月28日~)
 ラスターカノン 132 -70 1.89

GBLシーズン3(2020年7月28日~)からの技調整で、ラスターカノンが弱体化。

とはいえ、トリデプスのラスターカノン採用は、かなりの少数派のため、この技調整の影響はほとんど受けていない。

ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
ポケモン図鑑_コントロールボタン_技セット_型
ポケモン図鑑_コントロールボタン_ステータス_個体値厳選

「トリデプスの型」考察

エッジ型

1500-ポケボタン-トリデプス 通常 うちおとす
技2 かえんほうしゃ
技3 ストーンエッジ
通常スーパー

トリデプスの一番大事な仕事は、ひこうタイプを通常技だけでガン起点にすること。

つまり、通常技はうちおとす一択となる。

また、スーパーリーグで貴重なほのお技は、何かと重宝するため、かえんほうしゃを切る理由も特にない。

よって、トリデプスのうちおとすかえんほうしゃはほぼ、固定セットで問題ないだろう。

サードアタックをストーンエッジにした「エッジ型」は、「ラスカ型」よりゲージ消費が少ないため、

汎用性があって扱いやすいトリデプスの「テンプレ型」。

ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
ポケモン図鑑_コントロールボタン_技セット_型
ポケモン図鑑_コントロールボタン_ステータス_個体値厳選

ラスカ型

1500-ポケボタン-トリデプス 通常 うちおとす
技2 かえんほうしゃ
技3 ラスターカノン
通常スーパー

ラスカ型」は、苦手なかくとうじめん、ミラー戦を意識して採用するケースが僅かに存在したが、

実戦では、それほど大きな違いも実感できないことから、少数派の域を脱せなかった。

それが、GBLシーズン3(2020年7月28日~)から実施されたバランス調整で、

ラスターカノンが弱体化、採用率は更に下がると思われる。

ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
ポケモン図鑑_コントロールボタン_技セット_型
ポケモン図鑑_コントロールボタン_ステータス_個体値厳選

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性) タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点) 2.56
効果はばつぐんだ!(弱点) 1.6
通常ダメージ(等倍) 1倍
効果はいまひとつだ...(耐性) 0.625
効果はいまひとつだ...(二重耐性) 0.390625
効果はいまひとつだ...(無効) 0.390625
効果はいまひとつだ...(耐性×無効) 0.244140625

バフ・デバフ倍率

効果倍率 バフ デバフ
1段階目 1.25 0.8
2段階目 1.5 0.66666667
3段階目 1.75 0.5714286
4段階目 2.0 0.5

種族類型

種族類型 ステータス比率 特徴
耐久型 攻撃防御HP ステ積が最大となり、ステータス上の強さは最強。攻撃実数値が最小のため、先制権はない。
HPタンク型 攻撃防御HP ステ積は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。1ターン技などの攻撃間隔の短い技には強いが、威力の高い通常技やゲージ技には弱め。
防御型 攻撃HP防御 ステ積は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。威力の高い通常技やゲージ技には強いが、1ターン技など、攻撃間隔の短い技には弱め。
バランス型 攻撃防御HP ステ積は低めのため、ステータス上の強さは弱め。攻撃実数値は高めのため、先制できることが多い。
攻撃型 防御HP攻撃 ステ積が最小となり、ステータス上の強さは最弱。攻撃実数値が最大のため、ゲージ技を確実に先制できる。

各リーグの「最強選抜」ページ

最強選抜_リンクボタン_310px_スーパーリーグ-CP1500以下r
最強選抜_リンクボタン_310px_ハイパーリーグ-CP2500以下r
最強選抜_リンクボタン_310px_マスターリーグ-CP制限なしr
最強選抜_リンクボタン_310px_ハイプレ-CP2500以下r
最強選抜_リンクボタン_310px_マスプレ-CP制限なしr
最強選抜_リンクボタン_310px_便利グッズ


Summaryカード用_ポケモンGO_PvP環境-歴史年表s

PvP環境について【GBL年表】

対人戦(PvP)では、起用されるポケモンの流行り廃りにより“環境”が形成される。この環境…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_PvPわざ研究-通常技-ゲージ技-バフ-デバフ技s

PvP(対人戦)時代の「わざ」研究【GBL】

PvPに関する技研究のすべて。通常技のターン数から、ゲージ技、バフデバフ効果、常設技、レ…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_レジギガス-有料チケットs

レジギガス「有料チケット」で絶対に後悔しない選択

この「有料チケット」を入手するにはリアルマネー、980円の課金が必須となる。完全無課金者…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦時代の最強個体厳選論S

PvP(対人戦)時代の最強個体厳選論!!

対人戦のCP制限リーグでは「PL」「種族値」「個体値」の差は強さに違いがあるのか?個体値…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_マッチングの闇s

マッチングの“闇”に迫る

GOバトルリーグへ潜っていると、異常に出し勝って4勝1敗、5勝0敗を連発できる日もあれば…

続きを読む

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。



-ポケモン個別解説