ポケモン図鑑_サムネイル_クレセリアr

ポケモン個別解説

【ポケモンGO】クレセリアのPvP考察(おすすめ技と理想個体値)

PR

メニュー

クレセリアの基本性能

図鑑No.0488種族値SCP
クレセリア攻撃152GBLロゴアイコン_CP500以下リーグ-
防御258GBLロゴアイコン_スーパーリーグ1815
HP260GBLロゴアイコン_ハイパーリーグ3027
合計670GBLロゴアイコン_マスターリーグ3851

クレセリアの弱点と耐性

弱点耐性
むしむし
×1.600
ゴーストゴースト
×1.600
あくあく
×1.600
かくとうかくとう
×0.625
エスパーエスパー
×0.625

クレセリアの覚える技

通常技DPTEPT威力ゲージ時間
サイコカッター1.804.503.6+92
ねんりき4.803.0019.2+124
ゲージ技威力ゲージDPE
くさむすび*90-501.80
オーロラビーム80-601.33
みらいよち144-652.22
ムーンフォース110-601.83

*は限定技(※レガシー技等含む)

バフ・デバフ効果
バフデバフ技対象相手対象stat倍率確率
ムーンフォース相手攻撃0.8倍10%

クレセリアの個体値厳選

理想個体値(SCP1位)

CupsIV攻撃防御HPPLCPSCP
LC-------
SL2FD92163.091632015001815
HL1FD118.3211.082113724973027
ML40FFF131.98215.752174028573367
ML41FFF132.82217.122184128943406
ML50FFF140.33229.42315032303809
ML51FFF141.17230.772325132693851

各種レギュに於ける理想個体値の補足

  • GBLでのCP500以下レギュレーションでは、CP制限以外にも出場条件が設定されるケースが多いため、実際には参戦できない場合あり
  • 野生出現しないポケモン(リワード産やレイド産限定)や、トレードに制限のあるポケモン(伝説や幻のポケモンなど)は、最低PLや最低個体値が条件に応じて適用されるため、その範囲内での理想個体値となる
  • 上記条件などにより、入手時点でCPがCP制限を超えてしまい、理想個体値が存在しない場合は"-"と表示
  • 理想個体値(SCP1位)が複数存在する場合は、個体値の総和が最大のものを代表として表示
  • マスターリーグでは、通常マスター(PL50)+相棒ブースト適用(PL51)と、MLクラシック(PL40)+相棒ブースト適用(PL41)毎にSCP表示

スーパーリーグでのステ積244SCP1815)、

ハイパーリーグでのステ積526SCP3027)越えと、

とてつもない超耐久性能を誇るクレセリアだが、同じように超耐久を誇るレジスチルやブラッキーと違って、アメXL不要で、このステ積を実現できるのが、クレセリア超偉ちょうえらところである。

伝説は期間限定レイドで、入手や厳選がやや難しいが、対戦狂なら最低1匹は手元に置いておきたい必須級ポケモンの一角。

特化厳選

スーパー環境ミラー用厳選
CupsIV攻撃防御HPPLCPSCP
SL6D194.39161.91552014991776

クレセリアのような高耐久同士のミラーは、ゲージ技の選択やシールドのタイミングで、通常技で決着するパターンと、ゲージ技で決着するパターンのように、状況により決着方法が変わってくる。

通常技で決着するパターンだと、SCP順位の高い個体が有利な傾向となり、

攻撃実数値を高めに確保するケースの多い特化厳選個体は、当然、ゲージ技で決着するパターンの方が有利となる。

ゲージ技で決着するパターンに持ち込みたい場合は、できるだけゲージの軽い技を連発する方が、ゲージ技で決着するパターンになりやすい。

特化厳選個体を使う場合は、バトルの流れを自分から作るようにしないと、特化厳選のコンセプトを活かせずに自滅しやすい点に注意。

「SCP100位以内に厳選された攻撃最大のクレセリア(攻撃実数値93.20)」より攻撃実数値を上に確保しつつ、

防御実数値は161.61以上確保している個体値6D1のクレセリアなら、「SCP100位以内に厳選された攻撃最大のチルタリス」のりゅうのいぶきや、「タマゴ産で攻撃実数値が最大のラウドボーン」のやきつくすなどのブレークを抑えられ、有力候補だと言えるだろう。

GBLシーズン17時点での環境に基づいて解説

ハイパー環境ミラー用厳選
CupsIV攻撃防御HPPLCPSCP
HL3C1120.73210.312033824962983
HL4D1121.07210.3120237.524982979
HL5E1121.39210.312013725002975

クレセリアのような高耐久同士のミラーをハイパー環境でやってしまうと、バトルが超絶長引くため、できる事なら避けたいのだが、残念ながらハイパー環境にはクレセリアが山ほど蔓延はびこっている。

また、パーティの構築上、クレセリアの相手はクレセリアでしか対応できないという構築も存在するため、

クレセリアミラーを制することはハイパー環境を制するといっても過言ではないだろう。しっかりミラー対策はしておきたい。

ハイパー環境も、スーパー環境同様、ゲージ技の選択やシールドのタイミングで、通常技で決着するパターンと、ゲージ技で決着するパターンのように、状況により決着方法が変わってくる。

当然、特化厳選個体を使う場合は、ゲージ技で決着がつく展開になるようにバトルの流れを支配したい。

「SCP100位以内に厳選された攻撃最大のクレセリア(攻撃実数値120.05)」より攻撃実数値を上に確保しつつ、

防御実数値は210.30以上確保している個体値3C1のクレセリアなら、「SCP100位以内に厳選された攻撃最大のゲッコウガ」のみずしゅりけんや、「SCP100位以内に厳選された攻撃最大のAギラティナ」のりゅうのいぶきのブレークを抑えられ、有力候補だといえる。

GBLシーズン17時点での環境に基づいて解説

弁論のザドキエル
弁論のザドキエル

特化厳選の実情は、パーティ立ち回りセットデザインする側面が強いため、厳選には答えがないというのも、一つの答えとなる。

特化厳選の実情

よく、有用な特化厳選(かつての2チルなど)が発見されると、その特化厳選が界隈かいわいで一時的に流行るが、話題になっているからといって、安易に飛びつくのは推奨しない。

明確な戦略もなく闇雲に特化厳選個体を使っても、(特化厳選の)コンセプトが分からず、使いこなせなければ、

ただSCPの低いだけの個体に成り下がり、せっかく苦労して厳選した個体なのに、倉庫番になってしまう可能性が高い。

更に、仮想敵やミラーに対する特化厳選は、シーズン毎の各種バランス調整環境変化ブレークポイント変わる可能性がある点にも注意したい。

特化厳選に関しては、一度、厳選したらそれで終わりという世界ではなく、環境が変わるたびに作り直すのが前提となる。

厳選は一度で終わらせたい場合や、あまり細かい事は深く考えずに、汎用的に使いたいのなら理想個体値SCP1位を使っておく事をオススメする。

あわせて読みたい

Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦時代の最強個体厳選論2205s
【ポケモンGO】PvP(対人戦)時代の最強個体厳選論!!

 

対人戦のCP制限リーグでは「PL」「種族値」「個体値」の差は強さに違いがあるのか?個体値…

Summaryカード用_ポケモンGO_PvP環境の変遷-GBL年表r
PvP環境の歴史【GBL年表】

PvP黎明期から最新シーズンまでの歴史をGBL年表として記録。GBLの戦いの歴史がここに…

クレセリアは硬くして使うのが正義

弁論のザドキエル
弁論のザドキエル

クレセリアの場合、上述したように、ゲージ技の選択やシールドのタイミングにより、通常技で決着するパターンと、ゲージ技で決着するパターンが状況により変わるため、

必ずしも同発""を取る必要がないともいえる。

クレセリアの場合は、極限まで硬くした方が個性が際立つため、厳選するのであれば、理想個体(SCP1位)を狙うのが正道と言えるだろう。

理想個体を狙う過程の副産物で生まれた個体が、たまたま特化個体だったら、定石外しの立ち回りにその個体を使ってやれば良い。

クレセリアの型(技セット)考察

クレセリアの技1回数とCT比較

1位クレセリアの画像技1サイコカッター技1回数5.6
技2くさむすびCT11.11
2位クレセリアの画像技1サイコカッター技1回数6.7
技2オーロラビームCT13.33
2位クレセリアの画像技1サイコカッター技1回数6.7
技2ムーンフォースCT13.33
4位クレセリアの画像技1サイコカッター技1回数7.2
技2みらいよちCT14.44
5位クレセリアの画像技1ねんりき技1回数4.2
技2くさむすびCT16.67
6位クレセリアの画像技1ねんりき技1回数5.0
技2オーロラビームCT20.00
6位クレセリアの画像技1ねんりき技1回数5.0
技2ムーンフォースCT20.00
8位クレセリアの画像技1ねんりき技1回数5.4
技2みらいよちCT21.67

型(技セット)の補足説明

2位ラグラージの画像技1マッドショット技1回数4.4
技2ハイドロカノンCT8.89
2位BOX整理-リストアイコン-メルメタル技1でんきショック技1回数4.4
技2ばかぢからCT8.89
弁論のザドキエル
弁論のザドキエル

図表の「技1回数」の数値は、各型のゲージ技を撃つのに必要な通常技(技1)回数。

図表の「CT」の数値は、各型のゲージ技を撃つのに必要なターン数。

技1回数の周期について

例えば、ラグラージの「マッショカノン型」の場合、マッドショットを4.4回撃つとゲージ技(技2)発動に必要なゲージが貯まりハイドロカノンを撃てる。

実戦では小数点以下の回数でゲージ技を撃てないため、1発目のハイドロカノンを撃つにはマッドショット5回が必要。

以降、実戦での技1回数は「5、4、5、4、5…」という周期となる。

型の性能はCTで比較する

CT(チャージターン)は、単体でこの数値を見てもあまり意味がなく、他の型(技セット)との性能を比較する際に役立つ。

例えば、メルメタルの「でんショばかぢ型」はCTが、ラグラージの「マッショカノン型」と同じ8.89のため、ゲージ技発動が同じタイミング、つまり同発になることが分かる。

このように、型(技セット)同士のCTを比較することで、どちらの型の方が先制できるのか、また、回転はどちらの方が早いのか、等が判断しやすい。

GBLシーズン17時点での技性能で用語解説

テンプレの型

サイコむすびムンフォ型

1500-ポケボタン-クレセリア
  • サイコカッター
  • くさむすび
  • ムーンフォース

GBLシーズン2序盤の2020年5月22日に、クレセリアへ限定技くさむすびが授けられ、CTが11.11まで短縮、それ以後、技1サイコカッター、技2くさむすび、技3ムーンフォースの「サイコむすびムンフォ型」が、ほぼ、クレセリア「最強の型」といっても過言ではない状況となった。(※GBLシーズン2時点)

ゲージ消費が少しでも軽くなる事は、シールド駆け引き(ブラフ)の効果とも連動するため、クレセリアにとってはブラフという観点からも、くさむすび追加は恩恵が大きい。

通常スーパー

スーパーリーグでは、マリルリを筆頭に、ナマズンやラグラージなど、タイプ不一致のくさむすびでも十分な殺傷能力を発揮できるため、くさ技を授けられた意味も大きいのだが、この型は、はがねやフシギバナへの打点がほぼ存在しない点には注意。

通常ハイパー

もともとハイパーリーグでは、クレセリアの「ステータスの積(SCP)」が、頂点に達するため、本領を発揮できる場だといえるのだが、

ムーンフォースの強化と、くさむすび追加が重なったGBLシーズン2(2020年5月12日~)では、この型のクレセリアが超絶強化となったため、厄災のごとく猛威を振るい、環境を席巻した。

GBLシーズン3(2020年7月28日~)からは、ムーンフォースのデバフ確率が弱体化したが、同じタイミングで実施されたバランス調整で、大打撃を受けたレジスチルが環境から減り、以前よりもクレセリアが動きやすい情勢となった。

ただし、この型は引き続きはがねやリザードンに打点がないのと、環境に増加傾向のフシギバナにも打点を持たない点には注意。

GBLシーズン7序盤の2021年3月6日に開催されたコミュデイで、ファイアローへやきつくすが授けられ、すぐにやきつくす型のファイアローは頭角を現し環境入りを果たす。

それ以後、クレセリアの「サイコむすびムンフォ型」はファイアローに打点を持たないため、この対面を作られてしまうと、ファイアローに好きなだけニトロチャージを積まれ、負け筋になってしまう関係で、この型は環境から姿を消しつつある。

サイコみらいムンフォ型

1500-ポケボタン-クレセリア
  • サイコカッター
  • みらいよち
  • ムーンフォース

GBLシーズン2時点では、レイド産のクレセリアが限定技くさむすびを覚えるには、「すごいわざマシン」を使う必要があるため、

「すごいわざマシン」を使うのがもったいない場合の「妥協の型」ともいえるのが「みらいよち型」だったのだが、

GBLシーズン7序盤の2021年3月6日に開催されたコミュデイで、ファイアローへやきつくすが授けられ、やきつくす型のファイアローが環境入りを果たしてからは、ファイアローへも打点を持てる「みらいよち型」クレセリアも増加傾向にある。

念むすびムンフォ型

1500-ポケボタン-クレセリア
  • ねんりき
  • くさむすび
  • ムーンフォース

クレセリアの概要

PvP性能ポイント

驚異のステータス

クレセリアは、制限リーグのために製造されたようなステータス比率となっており、

スーパーリーグでも、ハイパーリーグでもトップクラスステータスを誇る。

スーパーリーグでは、トリデプスや、ブラッキーという化け物が存在するため、頂点の座は明け渡しているが、幻のポケモンでトレードに制限のあるDデオキシスと違って、

クレセリアはレイド産でもトレードによって攻撃個体値下げられるため、理想個体が得られた場合は、トリデプスやブラッキーに匹敵するステータスとなる。

最大CP足りないトリデプス不在ハイパーリーグでは、

クレセリアが文字通りぶっちぎり頂点君臨している。

トレードによって、理想個体が得られた場合は、他の追随を許さない、

圧倒的エグいレヴェルのステータスとなる。

「ムーンフォース」 栄枯盛衰

ゲージ技威力ゲージDPE
ムーンフォース130(156-701.86(2.22
ムーンフォース110(132-601.83(2.20
バフデバフ技対象相手対象stat倍率確率
ムーンフォース相手攻撃0.8倍30%
ムーンフォース相手攻撃0.8倍10%

威力の()内はタイプ一致

技性能変更履歴

GBLシーズン2(2020年5月12日~)

  • 威力130156)→110132
  • ゲージ消費7060
  • 相手攻撃30%の確率で1段階0.8倍)ダウンするデバフ効果付与

GBLシーズン3(2020年7月28日~)

  • デバフ効果の発動確率30%10%
1回目のわざ修正

修正前の初期ムーンフォースは、性能は悪くないが、ゲージ消費「70」と、かなり重い技だった。

PvPでは、シールド駆け引き用に、軽い技がほぼ必須

初期型のクレセリアは、シールド駆け引きを少しでも楽にするため、性能のあまりよくないオーロラビームでお茶を濁すほどだった。

そんな折、最初の転機が訪れたのが、GBLシーズン2(2020年5月12日~)から実施されたバランス調整で、

ムーンフォースのゲージ消費が「60」まで下げられた。

威力も下がったが、ゲージ消費も下がったため、ダメージ効率は修正前とほぼ遜色なく、

このゲージ消費が「70」から「60」に軽くなった影響は、シールド駆け引き観点からも、かなり大きな変更だったといえる。

ゲージ消費が下がっただけでも、クレセリアにとっては、かなり恩恵のある調整だったが、これだけでは終わらなかった。

更に、ムーンフォース壊れ性能へと変貌させた要因が、

30%確率発動するデバフ効果付与

DPE1.83を誇る性能の技に、発動確率30%デバフ効果付与は、

はっきり言って、ぶっ壊れ性能だと言わざるを得ない。

実際、GBLシーズン2(2020年5月12日~)のハイパーリーグは、

デバフを引けないムーンフォースバグ」と揶揄やゆされるほど、高確率でデバフを決めまくったクレセリアが、環境を席巻せっけんしていた。

2回目のわざ修正

ムーンフォースがあまりのぶっ壊れ性能に変貌してしまい、

ハイパーリーグクレセリアゲー化してしまったため、即座再修正がかかった。

GBLシーズン3(2020年7月28日~)から実施されたバランス調整で、

ムーンフォースデバフ発動確率が「30%」から「10%」へ引き下げられた

以前のような勢いは失ったが、クレセリアにとっては、ゲージ消費が「60」になった恩恵の方が大きいため、

ムーンフォースが再修正によって弱体化したとはいえ、環境にクレセリアは健在である。

限定技「くさむすび」

GBLシーズン2序盤の2020年5月22日に、「ジェネレーションチャレンジ2020:シンオウ」のイベント絡みで、

クレセリアへ限定技くさむすびが授けられた。

高性能なくさむすびは、全リーグで猛威を振るっているラグラージへのリーサルウェポンであるのと同時に、

クレセリアゲージ消費コスト最小更新した。

クレセリアにとって、ゲージ消費50」は、シールド駆け引き用途の観点からも、非常に大きな意味を持つ。

ボールの種類に着目

クレセリアが何産かボールで判断-プレミアボール

限定技くさむすびを所持しているかどうかの判断材料の一つに、

クレセリア格納されているボールの種類がある。

まだまだ、「すごいわざマシン」が貴重な現環境では、

レイド産であるプレミアボール格納のクレセリアはくさむすび覚えている可能性が低い。

逆に、プレミアボール以外のボールに格納されていた場合、

「シンオウチャレンジ(ジェネレーションチャレンジ2020:シンオウ)」の、

リワード産確率が非常に高いため、

ほぼ、くさむすびを覚えていると思ってよいだろう。

 クレセリアの伝説レイド復刻

ダイパリメイク発売記念イベント(2021年11月16日~)でクレセリアが伝説レイドに復刻した。今回のクレセリアは限定技くさむすびを習得済みのため、今後は、プレミアボール産のクレセリアもくさむすびを覚えている可能性が非常に高くなった。

入手・育成ポイント

入手可能な最低個体値

入手先最低PL最低IV組合せ
リワード産(交換可)1513375通り

タイムチャレンジ「シンオウチャレンジ」報酬

スーパー用の調達はやや困難

TL30以上でポケモンを捕獲した際の最大PL
ポケモン捕獲先天候ブースト
ありなし
野生PL35PL30
レイドPL25PL20
タスク報酬PL15

トリデプスや、ブラッキーに匹敵するステータスを誇り、

スーパーリーグ界裏ボス的存在なのが、聖なるおまる、クレセリア。

なぜ、裏ボスなのかというと、レイド産の個体はPL20固定、個体値A(10)以上が保証されているため、

そのままではCP1500超えてしまいスーパーリーグ出場できない。

つまり、この裏ボスをスーパーリーグで使うためには、

交換トレードによるCP調整が、不可欠となる。

伝説ポケモントレード図鑑登録済み
仲良し度最低IV(個体値)ほしのすな
大親友5800
親友31,600
仲良し216,000
友達120,000

トレードの時に重要なのが、トレードをするフレンドとの「仲良し度」。

上記、表の通り、仲良し度が高いほど、ほしのすなの消費コストは減るが、最低保証個体値が上がってしまうため、

攻撃個体値をできるだけ下げたい場合は、不利となる。

スーパーリーグで使うためにCP1500以下のクレセリアを、仲良し度「大親友」同士で狙う場合、

CP1500以下になる確率は、わずか「4%」しかない。

仲良し度「友達」同士なら、CP1500以下になる確率が「34%」まで上がるが、理想個体値を狙うためには、毎回、20,000支払って、

個体値再抽選ガチャ回し続ける必要がある。

これが、スーパーリーグでクレセリアが裏ボスといわれる所以ゆえんである。

リワード産なら調達が容易

GBLシーズン1(2020年3月14日~)までは、前述の通り、

スーパーリーグ用にクレセリアを調達するためには、トレードによる個体値再抽選ガチャが不可欠で、その入手難易度の高さから、スーパーリーグでクレセリアを使えるのは、極一部の廃人のみだった。

それが、GBLシーズン2序盤の2020年5月22日に、

ジェネレーションチャレンジ2020:シンオウ」のリワードとしてクレセリアが登場し、リワード産はPL15固定ということもあり、スーパーリーグ用クレセリアが一気に、ばら撒かれる事態となった。

更に、この時のクレセリアは確定で限定わざくさむすびを覚えているため、スーパーリーグで即戦力級として使える。

非PvP勢から譲ってもらう

最近PvPを始めた新参者で、リワード産のくさむすびクレセリアを持っていない場合は、PvPに関心のない先輩フレンドにこうべれて、「リワード産くさむすびクレセリア」を譲ってもらうのが、手っ取り早いだろう。

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性)タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点
2.56
効果はばつぐんだ!(弱点
1.6
通常ダメージ(等倍
1
効果はいまひとつだ...(耐性
0.625
効果はいまひとつだ...(二重耐性
0.390625
効果はいまひとつだ...(無効
0.390625
効果はいまひとつだ...(耐性×無効
0.244140625

バフ・デバフ倍率

効果倍率バフデバフ
1段階目1.250.8
2段階目1.50.66666667
3段階目1.750.5714286
4段階目2.00.5

種族類型

種族類型ステータス比率特徴
耐久型攻撃防御HP
ステ積(SCP)が最大となり、ステータス上の強さは最強。攻撃実数値が最小のため、先制権は、ほぼない。
HPタンク攻撃防御HP
ステ積(SCP)は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。防御型と比較し、1ターン技などの攻撃間隔の短い技には優位だが、威力の高い通常技やゲージ技に対しては弱い。
防御型攻撃HP防御
ステ積(SCP)は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。HPタンク型と比較し、威力の高い通常技やゲージ技には優位だが、1ターン技など、攻撃間隔の短い技には弱い。
バランス型攻撃防御HP
ステ積(SCP)は低めのため、ステータス上の強さは弱め。攻撃実数値は高めのため、先制できることが多い。
攻撃型防御HP攻撃
ステ積(SCP)が最小となり、ステータス上の強さは最弱。攻撃実数値が最大のため、ゲージ技をほぼ確実に先制できる。

厳選基準の詳細

厳選基準解説
理想個体SCP1位個体(全組合せ中、実数値の積が最大となる個体)
攻撃特化全組合せ中、攻撃実数値が最大となる個体
防御特化全組合せ中、防御実数値が最大となる個体
HP特化全組合せ中、HP実数値が最大となる個体
100内A特SCP100位以内に厳選された個体の中で、攻撃実数値が最大となる個体
100内B特SCP100位以内に厳選された個体の中で、防御実数値が最大となる個体
100内H特SCP100位以内に厳選された個体の中で、HP実数値が最大となる個体
レイド1位最低個体値A以上固定の入手経路内で、SCPが最大となる個体
レイドA特最低個体値A以上固定の入手経路内で、攻撃実数値が最大となる個体
レイドB特最低個体値A以上固定の入手経路内で、防御実数値が最大となる個体
レイドH特最低個体値A以上固定の入手経路内で、HP実数値が最大となる個体
相棒なし最高の相棒によるCPブーストを適用しない状態でのSCP1位個体
相棒あり最高の相棒によるCPブーストを適用した状態でのSCP1位個体

各リーグの「最強選抜」ページ

Summaryカード用_ポケモンGO_CP1500リーグ-S11

スーパーリーグ(CP1500以下)最強パーティ考察

CP1500以下のポケモンのみ出場可能なスーパーリーグ。最終的にはタイプ相性のジャンケン…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_CP2500リーグ_ハイパーリーグ

ハイパーリーグ(CP2500以下)最強パーティ考察

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_マスターリーグ-CP制限なし2205

マスターリーグ(CP制限なし)最強パーティ考察

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_PvP環境の変遷-GBL年表r

PvP環境の歴史【GBL年表】

PvP黎明期から最新シーズンまでの歴史をGBL年表として記録。GBLの戦いの歴史がここに…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦時代の最強個体厳選論2205s

【ポケモンGO】PvP(対人戦)時代の最強個体厳選論!!

対人戦のCP制限リーグでは「PL」「種族値」「個体値」の差は強さに違いがあるのか?個体値…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_GOバトルリーグ-本シーズン

【ポケモンGO】GBL「ランク別」傾向と対策「PvPスキル」

GBL開幕により、PvPのフリー対戦がついに解禁された。ランク別の傾向と対策。更には上位…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_PvPわざ研究-通常技-ゲージ技-バフ-デバフ技2205

【ポケモンGO】PvP(対人戦)時代の「わざ」研究

PvPに関する技研究のすべて。通常技のターン数から、ゲージ技、バフデバフ効果、常設技、レ…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_オートキャッチ_自動捕獲

「オートキャッチ」おすすめ徹底比較(GO-TCHA)

オートキャッチ(GO-TCHA)とゴープラ徹底比較!オートキャッチ(GO-TCHA)の使…

続きを読む

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withappreach

©2024 Niantic, Inc. ©2024 Pokémon. ©1995-2024 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの所有元に帰属します。

    この記事の評価をお願いします

    当センターのサービスに興味はありますか?(簡易アンケート)

    誤情報の修正報告、ネタのタレコミ等(自由記入欄)

    当センターの利用規約及びプライバシーポリシーに同意の上、送信下さい。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    -ポケモン個別解説