ポケモン図鑑_サムネイル_エアームド

個別解説

【ポケモンGO】エアームドのPvP考察【GOバトルリーグ】

弁論のザドキエル
「エアームド」の各リーグ考察は「下記ボタン」クリック
  • GOバトルリーグボタン_スーパーリーグrr
  • GOバトルリーグボタン_ハイパーリーグrr
  • GOバトルリーグボタン_プレミアカップ-CP2500以下rrr
  • 便利グッズ-リンクボタン-商品レビュー


エアームド(はがね/ひこう)

エアームドの弱点と耐性

タイプ相性表_防御_エアームド0324

ポケモン画像_227_エアームド

はがね/ひこう

エアームドの覚える技

通常技【DPT/EPT/威力/ゲージ増加量/時間】

エアスラッシュ3.603.0010.89/3

はがねのつばさ4.202.508.45/2

ゲージ技【威力/ゲージ消費量/DPE】

ゴッドバード90452.00

ブレイブバード156552.84

ラスターカノン132701.89

バフ・デバフ効果

【対象相手/効果対象/効果倍率/発動確率】

ブレイブバード【自分/防御/0.57倍/100%】

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

エアームドの概要

ステータスについて

 スーパーリーグ(CP1500以下)
実数値/個体値 PL CP
攻撃 防御 HP 積ランク
103.68 168.83 123 27.5 1500 2153046
0 F E B+
 ハイパーリーグ(CP2500以下)
実数値/個体値 PL CP
攻撃 防御 HP 積ランク
137.78 203.72 150 51 2412 4210345
F F F B

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

スーパーリーグでも優秀だったエアームドが、ハイパー環境へも殴り込み可能となった。

PL50までMAX強化+最高の相棒によるCPブーストをかけてもCP2500には届かないため、

理想個体は必然的に個体値100%となる。

ステ積的には並み程度だが、とにかくタイプ相性が優秀なため、

ハイパー環境でも、ステ積が並みまで確保できれば、十分活躍できる。

「スーパーリーグ界」屈指の“万能の盾”

エアームドは、制限リーグ向きの「防御型」ステータス比率で、

タイプ相性的にも、

スーパーリーグ環境トップメタに多い、

多くのタイプを幅広く軽減できる。

中でも、くさどくむしに対しては鉄壁の守りを見せ、

フシギバナや、ウツボットの事は絶対に許さない。

長らく、スーパーリーグ環境に、優秀なほのおでんきが不在だったため、

エアームドの“盾”としての安心感は半端なかった。

トップメタ相方役に引っ張りダコ

エアームドはタイプ相性が優秀で、相性補完に優れるため、

歴代環境トップメタの“相方役”に選ばれ続けてきた歴史がある。

くさが苦手なマリルリやナマズンの相方はもちろん、

じめんが苦手なトリデプスをケアするため、

「トリデムドー」の並びが一時期、環境に溢れかえった。

ギミックパの要人も務める

GBLシーズン1(2020年3月14日~)で大流行した、

くさ2枠ギミックパ【エアームド・ダーテング・メガニウム】を成立させていたのもエアームドの功績が大きい。

途中からギミックに気づいても、エアームドが引いたあとの立ち回りをミスったり、

選出的に対応していなかった場合、どうあがいても勝つことができない完璧なギミックに仕上がっていた。

ブレイブバード撃ち逃げ

もともと耐性の多いエアームドは、先鋒に置いて様子を見るのに適していたが、

GBLシーズン3(2020年7月28日~)からのバランス調整で、

ブレイブバードが威力の高い反動技となり、

ますます、初手にエアームドを置くのが定石となりつつある。

とりあえず、ブレイブバード初っ端しょっぱなでブッパして後ろに下げるのがGBLシーズン3のトレンド。

撃ち逃げする際は、エアームドよりも攻撃実数値の低いマリルリなどに“同発”をとられないように注意したい。

ブレイブバード発動後のデバフ状態では、極力ゲージ技は受けたくないのがその理由。

「ゴッドバード」弱体化

ゲージ技【威力/ゲージ消費量/DPE】

ゴッドバード96452.13

2021年1月12日~

ゴッドバード90452.00

GBLシーズン6 後半(2021年1月12日~)からのバランス調整で、ゴッドバードが弱体化した。

もともとゴッドバードは高性能過ぎる技の一つで、バランス調整は止む無しとも思うが、

エアームドの主砲だっただけに、弱体化の影響は少なからずあるだろう。

比較的レア枠

エアームドは、比較的レア湧きカテゴリーのポケモンのため、

アメ集めや、個体厳選を意識して進めてこなかった場合、はかどっていないケースが多い。

どうしても対人戦で使いたい場合は、巣に通ったり、イベント湧きの対象になった際に狙うとよいだろう。

通常スーパー(CP1500以下)

スーパーリーグ-アイコン

通常スーパー

(CP1500以下)

「エアームドの型」考察

ブレバ型

1500-ポケボタン-エアームド 通常 エアスラッシュ
技2 ゴッドバード
技3 ブレイブバード

スーパーリーグ界、最硬さいこうにして、“最強”ひこう枠が、

GBLシーズン3(2020年7月28日~)から実施されたバランス調整で、爆誕した。

ブレイブバードが威力の高い反動技となり、

もともと耐性の多いエアームドは、先鋒に置いて様子を見るのに適していたが、

この調整により、ますます、初手にエアームドを置くのが定石となりつつある。

とりあえず、ブレイブバード初っ端しょっぱなでブッパして後ろに下げるのがGBLシーズン3のトレンド。

同じゴッドバード使いのひこう枠であるチルタリスと違い、ナマズンのふぶきで一撃死しないのもポイントが高い。

スーパーリーグでは、比較的ひこう技の通りが良いとはいえ、

この型は、技範囲が極めて狭いため、はがねいわでんきには何もできなくなる。

とはいえ、ブレイブバードのような威力の高い反動技なら、撃つタイミングやデバフをうまく解除しながら連発することで、

環境に増えているマッギョ(ガラル含む)ならゴリ押せるポテンシャルを秘めている。

だが、トリデプスだけには手も足もでないため、絶対に対面させない立ち回りが必要。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

ラスカ型

1500-ポケボタン-エアームド 通常 エアスラッシュ
技2 ゴッドバード
技3 ラスターカノン

かつてのエアームド「基本の型」。

GBLシーズン3(2020年7月28日~)から実施されたバランス調整でラスターカノンの弱体化と、

ブレイブバードの強化が重なり、「ラスカ型」採用は絶滅の危機に瀕している。

とはいえ、もともとエアームドがラスターカノンを使う場面はかなり限定的で、

ラスターカノン弱体化の影響を、ほとんどエアームドは受けていない。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

通常ハイパー(CP2500以下)

ハイパーリーグ-アイコン

通常ハイパー

(CP2500以下)

「エアームドの型」考察

ブレバ型

1500-ポケボタン-エアームド 通常 エアスラッシュ
技2 ゴッドバード
技3 ブレイブバード

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

スーパーリーグでも優秀だったエアームドが、ハイパー環境へも殴り込み可能となった。

エアームドが活躍できるかどうかは、がどれだけ蔓延はびこるかにかかっている。

通常ハイパー、環境トップの一角にラグラージがおり、

このラグラージ対策にフシギバナなどのが一定数存在するため、

エアームドの出番が全くないわけではないが、

やはり、通常ハイパーには、メルメタルやレジスチル、ギラティナ、フリーザーといった、

エアームドにとって相性の悪い伝説(幻)が多いのと、

ラグラージ対策は、くさむすびクレセリアなどでも見れてしまうため、

エアームドの役割対象である自体がそれほど増殖しない傾向にある。

エアームドを活躍させたい場合、ハイプレ環境の方が需要があるだろう。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

ハイプレ(CP2500以下)

ハイパーリーグ-プレミアカップ-アイコン

ハイプレ

(CP2500以下)

「エアームドの型」考察

ブレバ型

1500-ポケボタン-エアームド 通常 エアスラッシュ
技2 ゴッドバード
技3 ブレイブバード

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

スーパーリーグでも優秀だったエアームドが、ハイパー環境へも殴り込み可能となった。

通常ハイパーと異なり、ハイプレ環境には、厄介な伝説が不在のため、が動きやすい環境になっており、

環境トップメタの一角にフシギバナが君臨している。

このフシギバナを完封できるエアームドが環境にハマっており、活躍できるという構図になっている。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性) タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点) 2.56倍
効果はばつぐんだ!(弱点) 1.6倍
通常ダメージ(等倍) 1倍
効果はいまひとつだ...(耐性) 0.625倍
効果はいまひとつだ...(二重耐性) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(無効) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(耐性×無効) 0.244140625倍

バフ・デバフ倍率

効果倍率 バフ デバフ
1段階目 1.25倍 0.8倍
2段階目 1.5倍 0.66666667倍
3段階目 1.75倍 0.5714286倍
4段階目 2.0倍 0.5倍

ステータス比率

ステータス比率分類

  • 耐久型(攻撃<防御≒HP)
  • HPタンク型(攻撃≒防御<HP)
  • 防御型(攻撃≒HP<防御)
  • バランス型(攻撃≒防御≒HP)
  • 攻撃型(攻撃>防御≒HP)

等倍での殴り合い順位

「耐久型」「HPタンク型≒防御型」「バランス型」「攻撃型」

弁論のザドキエル
詳細は下記、関連記事を参照。
関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_CP制限リーグ-必勝攻略-基礎講座s
CP制限リーグ必勝攻略!!【基礎講座】

対人戦用の技研究や、CP制限下で有利なステータス比率など、CP制限リーグで必勝するための基礎知識を解説する。解放用の砂稼ぎから環境解説、タイプ..

続きを見る

各リーグの「最強選抜」ページ

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_スーパーリーグ-CP1500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイパーリーグ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスターリーグ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイプレ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスプレ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_便利グッズ
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧


Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。



-個別解説