ポケモン図鑑_サムネイル_トゲキッスr

メニュー

ポケモン個別解説

【ポケモンGO】トゲキッスのPvP考察(おすすめ技と理想個体値)

PR

トゲキッスの基本性能

図鑑No.0468種族値SCP
トゲキッス攻撃225GBLロゴアイコン_CP500以下リーグ493
防御217GBLロゴアイコン_スーパーリーグ1487
HP198GBLロゴアイコン_ハイパーリーグ2482
合計640GBLロゴアイコン_マスターリーグ3715

トゲキッスの弱点と耐性

弱点耐性
でんきでんき
×1.600
こおりこおり
×1.600
どくどく
×1.600
いわいわ
×1.600
はがねはがね
×1.600
くさくさ
×0.625
かくとうかくとう
×0.391
じめんじめん
×0.391
むしむし
×0.391
ドラゴンドラゴン
×0.391
あくあく
×0.625

トゲキッスの覚える技

通常技DPTEPT威力ゲージ時間
エアスラッシュ3.603.0010.8+93
あまえる6.002.0018.0+63
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.602.6710.8+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
めざめるパワー3.002.679.0+83
ゲージ技威力ゲージDPE
かえんほうしゃ90-551.64
つばめがえし66-401.65
げんしのちから60-451.33
マジカルシャイン132-701.89
はどうだん*100-551.82

*は限定技(※レガシー技等含む)

バフ・デバフ効果
バフデバフ技対象相手対象stat倍率確率
げんしのちから自分攻撃,防御1.25倍10%

トゲキッスの個体値厳選

理想個体値(SCP1位)

CupsIV攻撃防御HPPLCPSCP
LC03E72.2470.64686500493
SL0EB123.93127.231151714991487
HL0FF159.051641502824992482
ML40FFF189.67183.351684033323243
ML41FFF190.87184.511694133743284
ML50FFF201.67194.951785037673658
ML51FFF202.87196.111805138123715

各種レギュに於ける理想個体値の補足

  • GBLでのCP500以下レギュレーションでは、CP制限以外にも出場条件が設定されるケースが多いため、実際には参戦できない場合あり
  • 野生出現しないポケモン(リワード産やレイド産限定)や、トレードに制限のあるポケモン(伝説や幻のポケモンなど)は、最低PLや最低個体値が条件に応じて適用されるため、その範囲内での理想個体値となる
  • 上記条件などにより、入手時点でCPがCP制限を超えてしまい、理想個体値が存在しない場合は"-"と表示
  • 理想個体値(SCP1位)が複数存在する場合は、個体値の総和が最大のものを代表として表示
  • マスターリーグでは、通常マスター(PL50)+相棒ブースト適用(PL51)と、MLクラシック(PL40)+相棒ブースト適用(PL41)毎にSCP表示

特化厳選

スーパー環境攻撃特化厳選
CupsIV攻撃防御HPPLCPSCP
SLD10131.09120.071091715001433

トゲキッスは通常技あまえる採用が一般的だが、この場合、どのような個体値でもあまえるのゴリ押しで相打ちになってしまい、ミラーでの同発はあまり意識する必要がないともいえる。

一応、ゲージ技にげんしのちからを採用し、バフ狙いの運頼み戦法を行なっている場合は、先制して先にバフを貰っておいた方がお得のため、そういった意味では、同発で上を取る意味はあるといえばある。

逆に、ミラーの勝敗に個体値の差があまり影響がないとすると、特化厳選をする場合、攻略したいミラー以外の仮想敵に条件を全振りすることになるが、

環境の変化で仮想敵は目まぐるしく変化し、せっかく苦労して厳選しても、すぐに倉庫番になってしまう可能性がある点には注意が必要だ。

それらを考慮し、あまえるの性能を活かすなら、攻撃特化にしておくのが一つの厳選候補になってくるだろう。

個体値D10のトゲキッスなら、攻撃実数値131.00以上確保でき、多くの主要メタに対してあまえるがブレークし、

防御実数値は120.07超えのため、「タマゴ産で攻撃実数値が最大のジュゴン」のこおりのつぶてや、「SCP100位以内に厳選された攻撃最大のヤルキモノ」のカウンターのブレークを抑えられる。

トゲキッスミラーブレーク補足

SCP1の理想個体値を基準にした場合、攻撃実数値が130.50以上であまえるの与ダメージが12から13ブレークする。また、被ダメージに関しては防御実数値120.83超えでダメージ13から12に抑えられる。

この時、例えば「個体値C30のトゲキッス」の場合、「SCP1(個体値0EB)のトゲキッス」とのミラーで、与ダメージが13、被ダメージは12と、一見すると「SCP1(個体値0EB)のトゲキッス」より優位に思えるが、

HP実数値に着目すると、「個体値0EB(SCP1位)のトゲキッス」が115に対し、「個体値C30のトゲキッス」は109のため、

結局、あまえるの相打ちで引き分けになってしまう。

ただし、あまえるの与ダメージのブレークと被ダメージのブレーク、HP実数値の組み合わせによっては、当然、相打ちにはならない組み合わせも多数あるため、

上述のどのような個体値でもあまえるのゴリ押しで相打ちというのは、特化厳選マナーが適用される個体値範囲内という補足を、念のため付け足しておきたい。

GBLシーズン17時点での環境に基づいて解説

ハイパー環境攻撃特化厳選
CupsIV攻撃防御HPPLCPSCP
HLF20169.65154.811392824972370

ハイパー環境も、スーパー環境と傾向は似ており、ミラー戦の場合、通常技あまえるの相打ちで決着がつく事が多い。

ただし、スーパー環境と異なるのは、どのような個体値でも相打ちになるわけではなく、SCP順位の高い方がミラー戦では有利なため、

攻撃特化にしろ、防御特化にしろ、特化厳選すると、SCP高順位個体とのミラーでは不利になる点には注意したい。

ミラー戦で不利になる点には目を瞑り、あまえるで速攻勝負を仕掛ける攻撃特化厳選にするなら、個体値F20辺りのトゲキッスにすると、攻撃実数値169.31以上を確保でき、「全個体値で防御最大のトドゼルガ」や「全個体値で防御最大のSシャドウAベトベトン」など、主要メタ一通りに対してあまえるがブレークし、

防御実数値は154.62超えのため、「SCP100位以内に厳選された攻撃最大のドククラゲ」のどくづきや、「タマゴ産で攻撃実数値が最大のSシャドウAキュウコン」のあまえるのブレークを抑えられる。

GBLシーズン17時点での環境に基づいて解説

弁論のザドキエル
弁論のザドキエル

特化厳選の実情は、パーティ立ち回りセットデザインする側面が強いため、厳選には答えがないというのも、一つの答えとなる。

特化厳選の実情

よく、有用な特化厳選(かつての2チルなど)が発見されると、その特化厳選が界隈かいわいで一時的に流行るが、話題になっているからといって、安易に飛びつくのは推奨しない。

明確な戦略もなく闇雲に特化厳選個体を使っても、(特化厳選の)コンセプトが分からず、使いこなせなければ、

ただSCPの低いだけの個体に成り下がり、せっかく苦労して厳選した個体なのに、倉庫番になってしまう可能性が高い。

更に、仮想敵やミラーに対する特化厳選は、シーズン毎の各種バランス調整環境変化ブレークポイント変わる可能性がある点にも注意したい。

特化厳選に関しては、一度、厳選したらそれで終わりという世界ではなく、環境が変わるたびに作り直すのが前提となる。

厳選は一度で終わらせたい場合や、あまり細かい事は深く考えずに、汎用的に使いたいのなら理想個体値SCP1位を使っておく事をオススメする。

あわせて読みたい

Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦時代の最強個体厳選論2205s
【ポケモンGO】PvP(対人戦)時代の最強個体厳選論!!

対人戦のCP制限リーグでは「PL」「種族値」「個体値」の差は強さに違いがあるのか?個体値…

Summaryカード用_ポケモンGO_PvP環境の変遷-GBL年表r
PvP環境の歴史【GBL年表】

PvP黎明期から最新シーズンまでの歴史をGBL年表として記録。GBLの戦いの歴史がここに…

トゲキッスの型(技セット)考察

トゲキッスの技1回数とCT比較

1位トゲキッスの画像技1エアスラッシュ技1回数4.4
技2つばめがえしCT13.33
2位トゲキッスの画像技1めざめるパワー技1回数5.0
技2つばめがえしCT15.00
2位トゲキッスの画像技1エアスラッシュ技1回数5.0
技2げんしのちからCT15.00
4位トゲキッスの画像技1めざめるパワー技1回数5.6
技2げんしのちからCT16.88
5位トゲキッスの画像技1エアスラッシュ技1回数6.1
技2かえんほうしゃCT18.33
5位トゲキッスの画像技1エアスラッシュ技1回数6.1
技2はどうだんCT18.33
7位トゲキッスの画像技1あまえる技1回数6.7
技2つばめがえしCT20.00
8位トゲキッスの画像技1めざめるパワー技1回数6.9
技2かえんほうしゃCT20.63
8位トゲキッスの画像技1めざめるパワー技1回数6.9
技2はどうだんCT20.63
10位トゲキッスの画像技1あまえる技1回数7.5
技2げんしのちからCT22.50
11位トゲキッスの画像技1エアスラッシュ技1回数7.8
技2マジカルシャインCT23.33
12位トゲキッスの画像技1めざめるパワー技1回数8.8
技2マジカルシャインCT26.25
13位トゲキッスの画像技1あまえる技1回数9.2
技2かえんほうしゃCT27.50
13位トゲキッスの画像技1あまえる技1回数9.2
技2はどうだんCT27.50
15位トゲキッスの画像技1あまえる技1回数11.7
技2マジカルシャインCT35.00

めざめるパワーの冗長な組合せは除外済み

型(技セット)の補足説明

2位ラグラージの画像技1マッドショット技1回数4.4
技2ハイドロカノンCT8.89
2位BOX整理-リストアイコン-メルメタル技1でんきショック技1回数4.4
技2ばかぢからCT8.89
弁論のザドキエル
弁論のザドキエル

図表の「技1回数」の数値は、各型のゲージ技を撃つのに必要な通常技(技1)回数。

図表の「CT」の数値は、各型のゲージ技を撃つのに必要なターン数。

技1回数の周期について

例えば、ラグラージの「マッショカノン型」の場合、マッドショットを4.4回撃つとゲージ技(技2)発動に必要なゲージが貯まりハイドロカノンを撃てる。

実戦では小数点以下の回数でゲージ技を撃てないため、1発目のハイドロカノンを撃つにはマッドショット5回が必要。

以降、実戦での技1回数は「5、4、5、4、5…」という周期となる。

型の性能はCTで比較する

CT(チャージターン)は、単体でこの数値を見てもあまり意味がなく、他の型(技セット)との性能を比較する際に役立つ。

例えば、メルメタルの「でんショばかぢ型」はCTが、ラグラージの「マッショカノン型」と同じ8.89のため、ゲージ技発動が同じタイミング、つまり同発になることが分かる。

このように、型(技セット)同士のCTを比較することで、どちらの型の方が先制できるのか、また、回転はどちらの方が早いのか、等が判断しやすい。

GBLシーズン17時点での技性能で用語解説

テンプレの型

甘げんち放射型

1500-ポケボタン-トゲキッス
  • あまえる
  • げんしのちから
  • かえんほうしゃ
通常ハイパー

ステータス的にも環境的にも、トゲキッス本領発揮するのがハイパーリーグ以降。

伝説入りの通常リーグから、伝説抜きのプレミアカップまで、すべてのリーグで活躍できるため、ラグラージと並び、過労が心配になるくらいの過密シフトとなる。

通常ハイパーで特徴的なのが、黎明期から頂点に君臨しているギラティナAアナザー

GBLシーズン3(2020年7月28日~)から増加傾向の、キングドラ、ギャラドス、カイリューといったりゅうのいぶき勢。

こういったドラゴン自身や、ドラゴン技使いを止める要員としてトゲキッスの出番は多い。

更に、トゲキッスの、もう一つの大事な仕事に、シュバルゴや、タチフサグマなど、厄介なカウンター族を止める役割がある。

通常技最強格であるりゅうのいぶきカウンター二重耐性のあるトゲキッスだからこその役割と言える。

ゲージ技に関しては、シュバルゴを筆頭に、メルメタルや、レジスチルなどのはがねを燃やすため、かえんほうしゃは必需品。

シュバルゴ以外のはがねは、基本、不利対面だが、

かえんほうしゃがあれば形勢を覆せる可能性を残せる。

トゲキッスのサードアタックは、げんしのちからが定番で、修正前は主砲も兼ねたが、弱体化後でも、リザードンには致命傷を与えられる。

10%で引けるバフが決まれば鬼神と化すので、とりあえず撃っておくのにげんしのちからは最適だろう。

ハイプレ

ハイプレでは、伝説や幻が不在となるため、通常ハイパーとは大きく環境が異なる。

接待技のある御三家が環境の中心におり、とりわけフシギバナの動きやすい環境になっている。

このフシギバナを止めるために、リザードンも増えており、フシギバナとリザードン増加は、

トゲキッスにとっては、少々、動き辛い状況。

とはいえ、通常技最強格であるりゅうのいぶきカウンター勢が環境から消えることはないため、

それらに二重耐性のあるトゲキッス需要も消えることはない。

マスクラ

CP4000越えの伝説がひしめくマスターリーグ環境でも、CP3000程度のトゲキッスが、バリバリ現役として大活躍する。

環境に刺さっている耐性と、あまえるわざ性能の高さがうかがえる。

シールドを2張り合った場合、ほとんどの相手に勝つ、あるいは相打ちまで持ち込めるポテンシャルを持ち、

明確に負けてしまうのは、メルメタルや、ヒードラン、ジバコイル、メタグロスなどのはがね連中で、

マスターリーグでの採用率を鑑みると、実質、メルメタルさえ突破できれば、裏はトゲキッスで貫通しているケースが非常に多い。

マスターリーグの頂点であるディアルガ対面に関しても、シールドを使えば対面がとれる。

とはいえ、初手の場合、トゲキッス側がゲージ技を吐いても、ディアルガ側がシールドを使った場合、必ずアイアンヘッド2、間に合ってしまうため、

対面をとる場合は、トゲキッス側がシールド2、剥がされてしまう。

トゲキッスを初手におく場合は、シールドアドと対面、どちらを守るのが正解なのか、事前に構築と相談しておく必要があるだろう。

トゲキッスとシールド、どちらも温存したい場合は、アイアンヘッド2発目が飛んでくる直前且つ、相手のHPがミリのタイミングで、自陣のディアルガに引いて、ディアルガのりゅうのいぶきで、相手のディアルガを削り切り、ゲージ技を抱え落ちさせるといった立ち回りもある。

マスプレ

マスプレでは、伝説や幻が不在となるため、種族値が伝説に次ぐ、原作600が環境を形成している。

環境トップは、メタグロスカイリュートゲキッスで、この3体と、これらのメタポケモンで、環境が目まぐるしく変化している。

シールドを2張り合った時に、明確に負けるのはメタグロスや、ジバコイルなどのはがねと、うちおとすドサイドンなど、かなり限られ、

それら以外のほとんどのポケモンには強引にゴリ押せるポテンシャルを持つ。

マスプレ環境は、いかにしてトゲキッス通すかのレギュレーションだと言っても過言ではない。

それくらい、この白い悪魔は、マスプレ環境で鍵を握る存在だといえる。

GBLシーズン3時点での環境に基づいて解説

甘げんちはだん型

1500-ポケボタン-トゲキッス
  • あまえる
  • げんしのちから
  • はどうだん

エアはだん社員型

1500-ポケボタン-トゲキッス
  • エアスラッシュ
  • はどうだん
  • マジカルシャイン

トゲキッスの概要

PvP性能ポイント

耐性が優秀

トゲキッスは、弱点も多く、ステータスの積も並み程度だが、環境に刺さる優れた耐性をもっており、相性の良い相手となら、見かけのステータス以上の耐久性発揮する。

これは、かくとうじめんむしドラゴンと、

環境頻出する強ポケタイプに、

二重耐性持っているからに他ならない。

特にドラゴンに対しては圧倒できるため、強力なドラゴン蔓延はびこるハイパーリーグ以上では、

ドラゴン対策にトゲキッス出番がほぼ、フルタイム出勤状態となる。

「あまえる」白い悪魔

トゲキッスの評価が一気に高まったのは、【GBL前】第3(2019年7月10日~)に実装された、待望のフェアリー通常技、あまえる追加が大きい。

しかも、このあまえるの性能が、はっぱカッターに匹敵する鬼削り技に設定され、抜群相手はもちろん、等倍相手に対してもタイプ相性を無視して、

ゴリンゴリン削ってくれる。

自身の耐性あまえるとの相乗効果で、かくとうあくドラゴンに対しては、

表情を一切変えずに、冷徹通常技だけでゴリ押す白い悪魔化す

鋼が天敵

トゲキッス自慢の耐性あまえるが通用しないどくはがね天敵だが、

PvPでは、全リーグではがねレギュラーメンバーのため、特にはがねに対しては常に警戒を怠らないようにしたい。

一応、はがねに対してはかえんほうしゃという反撃技を持っているが、ほぼ回転率で勝てないため、シールドを使われたら、

ボロ雑巾のようにガン起点にされて終わりである。

GBLシーズン14期間中に開催されたコミュデイで、トゲキッスにコミュ限技はどうだんが授けられ、はがねに対する強力なカウンター技を獲得できた。

「げんちか」の栄枯盛衰

ゲージ技威力ゲージDPE
げんしのちから70(84-451.56(1.86
げんしのちから45(54-451.00(1.20
げんしのちから60(72-451.33(1.60
バフデバフ技対象相手対象stat倍率確率
げんしのちから自分攻撃,防御1.5倍10%
げんしのちから自分攻撃,防御1.25倍10%
技性能変更履歴

【GBL前】第2(2019年2月16日~)

  • 自分攻撃防御10%の確率で2段階1.5倍)アップするバフ効果付与

GBLシーズン1 中盤(2020年4月3日~)

  • 威力7084)→4554

GBLシーズン11 最終日(2022年9月1日~)

  • 威力4554)→6072
  • バフ効果2段階1.5倍)→1段階1.25倍)

威力の()内はタイプ一致

1回目の調整(バフ効果付与)

初期のげんしのちからは、DPE1.56の、並みのゲージ技で、いわなだれの完全な下位互換技だったが、

【GBL前】第2序盤の2019年2月16日、攻撃防御10%確率で、2段階1.5倍)上昇するバフ効果付与された。

げんしのちから壊れた瞬間である。

これだけ強力バフ効果を有しながらのDPE1.56は、

ひかえめに言って、破格と言わざるを得ない。

2回目の調整(威力弱体化)

げんしのちからは、早めに打て、ダメージ効率がDPE1.56と、ブラフ性能の高い技のため、何のリスクも負わずに、気兼ねなく連発できた。

しかも、10%を引ければ、例外なく暴君と化し、誰も手がつけられなくなる。

こうなっては、げんちかゲーと化すのは時間の問題で、重い腰をあげたナイアン(Niantic, Inc.)によって、程なく修正と相成あいなった。

GBLシーズン1中盤の2020年4月3日、ハイパーリーグ開催期間中に、威力が70から45まで下げられ、バフを引けなかった時の損失を考慮すると、安易に連発できない技となった。

入手・育成ポイント

入手可能な最低個体値

入手先最低PL最低IV組合せ
野生104096通り

スーパー用の調達はやや困難

スーパーリーグからマスターリーグまで、全リーグ大活躍するトゲキッスだが、

スーパーリーグ用の調達は、やや困難

と、いうのも、スーパーリーグ用にトゲキッスをCP1500以下で使うには、PL18以下が絶対条件。

比較的、狙いやすいタマゴ孵化では、最低PL20固定のため、この時点で、どうあがいてもタマゴ産スーパーリーグでは使えない(※裏技あり)

同じ理由で、レイド産最低PL20(天候ブースト時はPL25のため、使えない。

つまり、スーパーリーグ用にトゲキッスを調達するには、野生湧き超激レア枠つ、

PL18以下のトゲチックを入手するしかない。

タマゴ産の最低PL裏技

タマゴ産の個体値はA(10)以上の固定値で、PLに関しても上限PL20に固定されている。この上限というのがポイントで、トレーナーのTL以上のPLにはならないという仕様があり、具体的にはTL17のトレーナーが孵化させるタマゴ産の最低PLPL17になるといった具合いだ。

これが何を意味するかというと、本来、TL20以上のトレーナーは、タマゴ産だとPL20未満の個体が入手できず、孵化した段階でCPオーバーするポケモンに関しては、制限リーグでは使えないということになるのだが、

例えばTL15のフレンドが孵化させた個体とトレードで交換すれば、タマゴ産PL15個体が入手でき、余裕で制限リーグで使えるようになるケースがある。

特に新世代のポケモン実装直後など、入手方法タマゴ限定で、そのままではCPオーバーして使えないポケモンを、TLの低いフレンドに孵化を依頼し、トレードを駆使して低PL個体を入手することで、無理やり制限リーグで使う裏技が、一部廃人勢の間で行われている。

この低TLのフレンドを介して低PL個体をトレードで入手する事自体は何の問題もないのだが、「そんなに都合よくタマゴ限定の貴重なポケモンをトレードしてくれる低TLフレンドが存在するのか?」という問題がある。

つまり、GBLの制限リーグで、裏技まがいの段取りを踏まなければ出場できないポケモンを使って無双したいがために、PL個体製造用TL複垢を作ってしまうことにがあると言える。

イベント対象時に狙う

トゲチックの野生湧きはイベントで狙う

トゲチックは、野生湧き超激レア枠のため、野生湧きを狙う場合は、トゲチックイベント対象の時に狙うしかない。

「Pokémon GO Fest Yokohama 2019」の時は、サプライズでトゲチックが野生湧きした。

当時は、ちょうどあまえる実装直後で、トゲキッスがスーパーリーグで強いと話題となっており、

PvPガチ勢は「空のエリア」でトゲチック厳選に明け暮れた。

Pokémon GO Fest Yokohama 2019_空のエリア

Pokémon GO Fest Yokohama 2019「空のエリア」

コミュニティ・デイ
トゲチックのコミュニティデイ20230415
トゲチックのコミュニティ・デイ2023

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性)タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点
2.56
効果はばつぐんだ!(弱点
1.6
通常ダメージ(等倍
1
効果はいまひとつだ...(耐性
0.625
効果はいまひとつだ...(二重耐性
0.390625
効果はいまひとつだ...(無効
0.390625
効果はいまひとつだ...(耐性×無効
0.244140625

バフ・デバフ倍率

効果倍率バフデバフ
1段階目1.250.8
2段階目1.50.66666667
3段階目1.750.5714286
4段階目2.00.5

種族類型

種族類型ステータス比率特徴
耐久型攻撃防御HP
ステ積(SCP)が最大となり、ステータス上の強さは最強。攻撃実数値が最小のため、先制権は、ほぼない。
HPタンク攻撃防御HP
ステ積(SCP)は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。防御型と比較し、1ターン技などの攻撃間隔の短い技には優位だが、威力の高い通常技やゲージ技に対しては弱い。
防御型攻撃HP防御
ステ積(SCP)は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。HPタンク型と比較し、威力の高い通常技やゲージ技には優位だが、1ターン技など、攻撃間隔の短い技には弱い。
バランス型攻撃防御HP
ステ積(SCP)は低めのため、ステータス上の強さは弱め。攻撃実数値は高めのため、先制できることが多い。
攻撃型防御HP攻撃
ステ積(SCP)が最小となり、ステータス上の強さは最弱。攻撃実数値が最大のため、ゲージ技をほぼ確実に先制できる。

厳選基準の詳細

厳選基準解説
理想個体SCP1位個体(全組合せ中、実数値の積が最大となる個体)
攻撃特化全組合せ中、攻撃実数値が最大となる個体
防御特化全組合せ中、防御実数値が最大となる個体
HP特化全組合せ中、HP実数値が最大となる個体
100内A特SCP100位以内に厳選された個体の中で、攻撃実数値が最大となる個体
100内B特SCP100位以内に厳選された個体の中で、防御実数値が最大となる個体
100内H特SCP100位以内に厳選された個体の中で、HP実数値が最大となる個体
レイド1位最低個体値A以上固定の入手経路内で、SCPが最大となる個体
レイドA特最低個体値A以上固定の入手経路内で、攻撃実数値が最大となる個体
レイドB特最低個体値A以上固定の入手経路内で、防御実数値が最大となる個体
レイドH特最低個体値A以上固定の入手経路内で、HP実数値が最大となる個体
相棒なし最高の相棒によるCPブーストを適用しない状態でのSCP1位個体
相棒あり最高の相棒によるCPブーストを適用した状態でのSCP1位個体

各リーグの「最強選抜」ページ

Summaryカード用_ポケモンGO_CP1500リーグ-S11

スーパーリーグ(CP1500以下)最強パーティ考察

CP1500以下のポケモンのみ出場可能なスーパーリーグ。最終的にはタイプ相性のジャンケン…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_CP2500リーグ_ハイパーリーグ

ハイパーリーグ(CP2500以下)最強パーティ考察

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_マスターリーグ-CP制限なし2205

マスターリーグ(CP制限なし)最強パーティ考察

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦_タイプ相性表2205

【タイプ相性】PvP 必修科目(弱点と耐性)

PvP(対人戦)で勝つためには“タイプ相性”は必修科目。自分が使用しているタイプ視点から…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_PvP環境の変遷-GBL年表r

PvP環境の歴史【GBL年表】

PvP黎明期から最新シーズンまでの歴史をGBL年表として記録。GBLの戦いの歴史がここに…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_ポケットオートキャッチ-Light

「ポケットオートキャッチ LIGHT」のレビュー&使い方

「LIGHT」は生活防水や振動モードを搭載せず、USBタイプC対応で充電ストレスを解消。…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_デュアルキャッチモン_自動捕獲

「デュアルキャッチモン」のレビュー&使い方

次世代オートキャッチ「デュアルキャッチモン」最大の特徴は2つのIDと接続できる点。他にも…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_キャッチモンGO_自動捕獲

「キャッチモンGO」のレビュー&使い方

ガチ勢から評価の高いデュアルキャッチモンが単身者用に価格がリーズナブルとなって新登場した…

続きを読む

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withappreach

©2024 Niantic, Inc. ©2024 Pokémon. ©1995-2024 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの所有元に帰属します。

    この記事の評価をお願いします

    当センターのサービスに興味はありますか?(簡易アンケート)

    誤情報の修正報告、ネタのタレコミ等(自由記入欄)

    当センターの利用規約及びプライバシーポリシーに同意の上、送信下さい。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    -ポケモン個別解説