ポケモン図鑑_サムネイル_トロピウスr

ポケモン個別解説

【ポケモンGO】トロピウスのPvP考察(おすすめ技と理想個体値)

PR

メニュー

トロピウスの基本性能

図鑑No.0357種族値SCP
トロピウス攻撃136GBLロゴアイコン_CP500以下リーグ572
防御163GBLロゴアイコン_スーパーリーグ1719
HP223GBLロゴアイコン_ハイパーリーグ2460
合計522GBLロゴアイコン_マスターリーグ2460

トロピウスの弱点と耐性

弱点耐性
ほのおほのお
×1.600
こおりこおり
×2.560
どくどく
×1.600
ひこうひこう
×1.600
いわいわ
×1.600
みずみず
×0.625
くさくさ
×0.391
かくとうかくとう
×0.625
じめんじめん
×0.244

トロピウスの覚える技

通常技DPTEPT威力ゲージ時間
はっぱカッター6.002.0012.0+42
エアスラッシュ3.603.0010.8+93
ゲージ技威力ゲージDPE
ふみつけ55-401.38
リーフブレード84-352.40
つばめがえし66-401.65

*は限定技(※レガシー技等含む)

トロピウスの個体値厳選

理想個体値(SCP1位)

CupsIV攻撃防御HPPLCPSCP
LC1EE57.8874.7810010500572
SL0FF99.51130.241743014981719
HLFFF127.64150.462015122202460
ML40FFF119.34140.671884019412151
ML41FFF120.09141.561894119652177
ML50FFF126.89149.571995021942425
ML51FFF127.64150.462015122202460

各種レギュに於ける理想個体値の補足

  • GBLでのCP500以下レギュレーションでは、CP制限以外にも出場条件が設定されるケースが多いため、実際には参戦できない場合あり
  • 野生出現しないポケモン(リワード産やレイド産限定)や、トレードに制限のあるポケモン(伝説や幻のポケモンなど)は、最低PLや最低個体値が条件に応じて適用されるため、その範囲内での理想個体値となる
  • 上記条件などにより、入手時点でCPがCP制限を超えてしまい、理想個体値が存在しない場合は"-"と表示
  • 理想個体値(SCP1位)が複数存在する場合は、個体値の総和が最大のものを代表として表示
  • マスターリーグでは、通常マスター(PL50)+相棒ブースト適用(PL51)と、MLクラシック(PL40)+相棒ブースト適用(PL41)毎にSCP表示

特化厳選

スーパー環境ミラー用厳選

指定されたポケモンの情報が見つかりません。

GBLシーズン17時点での環境に基づいて解説

ハイパー環境ミラー用厳選

指定されたポケモンの情報が見つかりません。

GBLシーズン17時点での環境に基づいて解説

弁論のザドキエル
弁論のザドキエル

特化厳選の実情は、パーティ立ち回りセットデザインする側面が強いため、厳選には答えがないというのも、一つの答えとなる。

特化厳選の実情

よく、有用な特化厳選(かつての2チルなど)が発見されると、その特化厳選が界隈かいわいで一時的に流行るが、話題になっているからといって、安易に飛びつくのは推奨しない。

明確な戦略もなく闇雲に特化厳選個体を使っても、(特化厳選の)コンセプトが分からず、使いこなせなければ、

ただSCPの低いだけの個体に成り下がり、せっかく苦労して厳選した個体なのに、倉庫番になってしまう可能性が高い。

更に、仮想敵やミラーに対する特化厳選は、シーズン毎の各種バランス調整環境変化ブレークポイント変わる可能性がある点にも注意したい。

特化厳選に関しては、一度、厳選したらそれで終わりという世界ではなく、環境が変わるたびに作り直すのが前提となる。

厳選は一度で終わらせたい場合や、あまり細かい事は深く考えずに、汎用的に使いたいのなら理想個体値SCP1位を使っておく事をオススメする。

あわせて読みたい

Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦時代の最強個体厳選論2205s
【ポケモンGO】PvP(対人戦)時代の最強個体厳選論!!

 

対人戦のCP制限リーグでは「PL」「種族値」「個体値」の差は強さに違いがあるのか?個体値…

Summaryカード用_ポケモンGO_PvP環境の変遷-GBL年表r
PvP環境の歴史【GBL年表】

PvP黎明期から最新シーズンまでの歴史をGBL年表として記録。GBLの戦いの歴史がここに…

トロピウスの型(技セット)考察

トロピウスの技1回数とCT比較

1位トロピウスの画像技1エアスラッシュ技1回数3.9
技2リーフブレードCT11.67
2位トロピウスの画像技1エアスラッシュ技1回数4.4
技2ふみつけCT13.33
2位トロピウスの画像技1エアスラッシュ技1回数4.4
技2つばめがえしCT13.33
4位トロピウスの画像技1はっぱカッター技1回数8.8
技2リーフブレードCT17.50
5位トロピウスの画像技1はっぱカッター技1回数10.0
技2ふみつけCT20.00
5位トロピウスの画像技1はっぱカッター技1回数10.0
技2つばめがえしCT20.00

型(技セット)の補足説明

2位ラグラージの画像技1マッドショット技1回数4.4
技2ハイドロカノンCT8.89
2位BOX整理-リストアイコン-メルメタル技1でんきショック技1回数4.4
技2ばかぢからCT8.89
弁論のザドキエル
弁論のザドキエル

図表の「技1回数」の数値は、各型のゲージ技を撃つのに必要な通常技(技1)回数。

図表の「CT」の数値は、各型のゲージ技を撃つのに必要なターン数。

技1回数の周期について

例えば、ラグラージの「マッショカノン型」の場合、マッドショットを4.4回撃つとゲージ技(技2)発動に必要なゲージが貯まりハイドロカノンを撃てる。

実戦では小数点以下の回数でゲージ技を撃てないため、1発目のハイドロカノンを撃つにはマッドショット5回が必要。

以降、実戦での技1回数は「5、4、5、4、5…」という周期となる。

型の性能はCTで比較する

CT(チャージターン)は、単体でこの数値を見てもあまり意味がなく、他の型(技セット)との性能を比較する際に役立つ。

例えば、メルメタルの「でんショばかぢ型」はCTが、ラグラージの「マッショカノン型」と同じ8.89のため、ゲージ技発動が同じタイミング、つまり同発になることが分かる。

このように、型(技セット)同士のCTを比較することで、どちらの型の方が先制できるのか、また、回転はどちらの方が早いのか、等が判断しやすい。

GBLシーズン17時点での技性能で用語解説

テンプレの型

エアスラリフブレ燕型

1500-ポケボタン-トロピウス
  • エアスラッシュ
  • リーフブレード
  • つばめがえし
通常スーパー

通常技をバランス型のエアスラッシュにした、トロピウスひこう枠運用の型。

GBLシーズン3(2020年7月28日~)環境だと、Gガラルマッギョや、こおり技使いが増加しているため、チルタリス同様、ひこう色の強い「エアスラ型」は活躍し辛い環境だといえる。

また、れいとうパンチほのおのパンチを備えたスリーパーにも押し負ける可能性が高まる。

GBLシーズン3(2020年7月28日~)環境だと、ひこう枠はエアームド一択のようなムードだが、エアームドだとハイドロカノンが等倍で入ってしまうため、ラグラージ対面が安定しない。

ラグラージ対策も兼ねたひこう枠が欲しい場合は、「エアスラ型」は適任だといえるだろう。

他に、「はっぱ型」より優れる点は、ナットレイやドクロッグ対面での安定性が増す事くらいか。

GBLシーズン3時点での環境に基づいて解説

はっぱリフブレ燕型

1500-ポケボタン-トロピウス
  • はっぱカッター
  • リーフブレード
  • つばめがえし
通常スーパー

通常技を超削り特化はっぱカッターにした、トロピウスくさ枠運用の型。

トロピウスのゲージ技は、ゲージ消費が軽めの技が多いため、はっぱカッター超火力プラス、ゲージ技にもある程度、頼れる。

ゲージ技は、ダメージ効率が破格のリーフブレードと、わざ性能はそこまでよくないが、ミラーくさミラー含む)対策などを兼ねて、つばめがえしが固定セットで問題ない。

昨今は、はっぱカッターの性能を、極限まで引き出すことができるSシャドウウツボットでの運用が流行っているが、

耐久力のあるトロピウスは「トリトロ」に代表される、相性補完、としての役割もあるため、

攻撃特化はっぱカッターを使える盾役という稀有な存在として、いまだに健在といえば、健在。

【GBL前】第4期時点での環境に基づいて解説

トロピウスの概要

PvP性能ポイント

「はっぱカッター」栄枯盛衰

通常技DPTEPT威力ゲージ時間
はっぱカッター4.00
4.80
2.008
9.6
+42
はっぱカッター5.50
6.60
2.0011
13.2
+42
はっぱカッター5.00
6.00
2.0010
12
+42
技性能変更履歴

【GBL前】第2(2019年2月1日~)

  • 威力89.6)→1113.2

GBLシーズン6 後半(2021年1月12日~)

  • 威力1113.2)→1012

威力の()内はタイプ一致

トロピウスは、もともとスーパーリーグ向きのステータス比率と、優秀なタイプ相性で注目はされていたが、

なんといっても、【GBL前】第2(2019年2月1日~)に実施されたバランス調整で、

はっぱカッター大幅強化され、当時の環境的にこの調整の影響は大きく、

一気大化けしたポケモンの一つとなった。

しかし、時は流れ、GBLシーズン6後半(2021年1月12日~)からのバランス調整で、はっぱカッター弱体化された。

トロピウスにはひこう枠運用の「エアスラ型」も存在するが、耐久寄りのトロピウスがはっぱカッターを使える意味も大きかっただけに残念。

草タイプ版チルタリス

くさ二重耐性じめんに至っては三重耐性と、

メガニウム完封できる、「メガニウムキラー」の側面があったり、

自身は、こおり技二重弱点など、チルタリスの尖っている部分と、被っているところが多い。

伝説の「トリトロ」コンビ

「トリデプス・マリルリ・トロピウス」
1500-ポケボタン-トリデプス1500-ポケボタン-マリルリ1500-ポケボタン-トロピウス
「トロピウス・Dデオキシス・トリデプス」
1500-ポケボタン-トロピウス1500-ポケボタン-デオキシス-ディフェンスフォルム1500-ポケボタン-トリデプス

トロピウスの名を、一躍、PvP界に知らしめたのは、トリトロ(トロトリ)並びの功績が大きい。

【GBL前】第2(2019年2月1日~)からトリデプスが実装され、それまでの環境を一新したが、徐々にトリデプス包囲網が展開され、トリデプス対策が進んでいった。

そんなトリデプス相方として白羽の矢が立ったのが、トロピウス

トリデプスが苦手とするかくとうじめんみずタイプをトロピウスは完封でき、

逆に、トロピウスが苦手なこおりどくひこういわを、トリデプスは完封できる。

このように「トリトロコンビは、完璧相性補完がとれている。

当時は、環境トップメタとくさ枠最強がコンビを組んだこともあり、破竹の勢いで環境を制圧し、伝説を築き上げた。

入手・育成ポイント

入手可能な最低個体値

入手先最低PL最低IV組合せ
野生104096通り

特記事項

地域限定ポケモン

地域限定マップ-トロピウス

©OpenStreetMap contributors

トロピウスは主に、アフリカ大陸に棲息する、

地域限定ポケモン

大多数の日本在住者にとっては、入手難易度超激レア部類となる。

横須賀イベントで放出

芝生広場-ポケモンの湧き-ニアバイの様子-Pokémon-GO_2018-08-31-09-49-49

2018年開催の、事前応募抽選制イベント、「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」、

通称「横須賀イベント」で、日本国内でも大量バラまかれた実績があり、

地域限定の割には、意外とトロピウス所持者は多い。

伝手つてを頼って、トレードを駆使すれば、日本国内でも、まだ入手機会はあるだろう。

とはいえ、「横須賀イベント」は、PvP実装前のイベントであり、イベント参加者でも、すでにトロピウスを大量処分後のケースが多く、PvP必須クラスポケモンでありながら、

個体厳選や、育成用アメ確保などが困難で、

ガチ勢との差がつきやすいポケモンでもある。

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性)タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点
2.56
効果はばつぐんだ!(弱点
1.6
通常ダメージ(等倍
1
効果はいまひとつだ...(耐性
0.625
効果はいまひとつだ...(二重耐性
0.390625
効果はいまひとつだ...(無効
0.390625
効果はいまひとつだ...(耐性×無効
0.244140625

バフ・デバフ倍率

効果倍率バフデバフ
1段階目1.250.8
2段階目1.50.66666667
3段階目1.750.5714286
4段階目2.00.5

種族類型

種族類型ステータス比率特徴
耐久型攻撃防御HP
ステ積(SCP)が最大となり、ステータス上の強さは最強。攻撃実数値が最小のため、先制権は、ほぼない。
HPタンク攻撃防御HP
ステ積(SCP)は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。防御型と比較し、1ターン技などの攻撃間隔の短い技には優位だが、威力の高い通常技やゲージ技に対しては弱い。
防御型攻撃HP防御
ステ積(SCP)は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。HPタンク型と比較し、威力の高い通常技やゲージ技には優位だが、1ターン技など、攻撃間隔の短い技には弱い。
バランス型攻撃防御HP
ステ積(SCP)は低めのため、ステータス上の強さは弱め。攻撃実数値は高めのため、先制できることが多い。
攻撃型防御HP攻撃
ステ積(SCP)が最小となり、ステータス上の強さは最弱。攻撃実数値が最大のため、ゲージ技をほぼ確実に先制できる。

厳選基準の詳細

厳選基準解説
理想個体SCP1位個体(全組合せ中、実数値の積が最大となる個体)
攻撃特化全組合せ中、攻撃実数値が最大となる個体
防御特化全組合せ中、防御実数値が最大となる個体
HP特化全組合せ中、HP実数値が最大となる個体
100内A特SCP100位以内に厳選された個体の中で、攻撃実数値が最大となる個体
100内B特SCP100位以内に厳選された個体の中で、防御実数値が最大となる個体
100内H特SCP100位以内に厳選された個体の中で、HP実数値が最大となる個体
レイド1位最低個体値A以上固定の入手経路内で、SCPが最大となる個体
レイドA特最低個体値A以上固定の入手経路内で、攻撃実数値が最大となる個体
レイドB特最低個体値A以上固定の入手経路内で、防御実数値が最大となる個体
レイドH特最低個体値A以上固定の入手経路内で、HP実数値が最大となる個体
相棒なし最高の相棒によるCPブーストを適用しない状態でのSCP1位個体
相棒あり最高の相棒によるCPブーストを適用した状態でのSCP1位個体

各リーグの「最強選抜」ページ

Summaryカード用_ポケモンGO_CP1500リーグ-S11

スーパーリーグ(CP1500以下)最強パーティ考察

CP1500以下のポケモンのみ出場可能なスーパーリーグ。最終的にはタイプ相性のジャンケン…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_CP2500リーグ_ハイパーリーグ

ハイパーリーグ(CP2500以下)最強パーティ考察

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_マスターリーグ-CP制限なし2205

マスターリーグ(CP制限なし)最強パーティ考察

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_PvP環境の変遷-GBL年表r

PvP環境の歴史【GBL年表】

PvP黎明期から最新シーズンまでの歴史をGBL年表として記録。GBLの戦いの歴史がここに…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦時代の最強個体厳選論2205s

【ポケモンGO】PvP(対人戦)時代の最強個体厳選論!!

対人戦のCP制限リーグでは「PL」「種族値」「個体値」の差は強さに違いがあるのか?個体値…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_GOバトルリーグ-本シーズン

【ポケモンGO】GBL「ランク別」傾向と対策「PvPスキル」

GBL開幕により、PvPのフリー対戦がついに解禁された。ランク別の傾向と対策。更には上位…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_PvPわざ研究-通常技-ゲージ技-バフ-デバフ技2205

【ポケモンGO】PvP(対人戦)時代の「わざ」研究

PvPに関する技研究のすべて。通常技のターン数から、ゲージ技、バフデバフ効果、常設技、レ…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_オートキャッチ_自動捕獲

「オートキャッチ」おすすめ徹底比較(GO-TCHA)

オートキャッチ(GO-TCHA)とゴープラ徹底比較!オートキャッチ(GO-TCHA)の使…

続きを読む

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withappreach

©2024 Niantic, Inc. ©2024 Pokémon. ©1995-2024 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの所有元に帰属します。

    この記事の評価をお願いします

    当センターのサービスに興味はありますか?(簡易アンケート)

    誤情報の修正報告、ネタのタレコミ等(自由記入欄)

    当センターの利用規約及びプライバシーポリシーに同意の上、送信下さい。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    -ポケモン個別解説