ポケモン図鑑_サムネイル_トロピウス

個別解説

【ポケモンGO】トロピウスのPvP考察【GOバトルリーグ】

弁論のザドキエル
「トロピウス」の各リーグ考察は「下記ボタン」クリック
  • GOバトルリーグボタン_スーパーリーグrr
  • 便利グッズ-リンクボタン-商品レビュー


トロピウス(くさ/ひこう)

トロピウスの弱点と耐性

タイプ相性表_防御_トロピウス

ポケモン画像_357_トロピウス

くさ/ひこう

トロピウスの覚える技

通常技【DPT/EPT/威力/ゲージ増加量/時間】

はっぱカッター6.002.00124/2

エアスラッシュ3.603.0010.89/3

ゲージ技【威力/ゲージ消費量/DPE】

ふみつけ【55/40/1.38】

リーフブレード84352.40

つばめがえし66451.47

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

トロピウスの概要

ステータスについて

 スーパーリーグ(CP1500以下)
実数値/個体値 PL CP
攻撃 防御 HP 積ランク
99.51 130.24 174 30 1498 2255144
0 F F A

地域限定ポケモン

地域限定マップ-トロピウス

©OpenStreetMap contributors

トロピウスは主に、アフリカ大陸に棲息する、

“地域限定ポケモン”

大多数の日本在住者にとっては、入手難易度が“超激レア”の部類となる。

横須賀イベントで放出

芝生広場-ポケモンの湧き-ニアバイの様子-Pokémon-GO_2018-08-31-09-49-49

2018年開催の、事前応募抽選制イベント、「Pokémon GO Safari Zone in YOKOSUKA」、

通称「横須賀イベント」で、日本国内でも大量にバラまかれた実績があり、

地域限定の割には、意外とトロピウス所持者は多い。

伝手つてを頼って、トレードを駆使すれば、日本国内でも、まだ入手機会はあるだろう。

とはいえ、「横須賀イベント」は、PvP実装前のイベントであり、

イベント参加者でも、すでにトロピウスを大量処分後のケースが多く、

PvP必須クラスのポケモンでありながら、

個体厳選や、育成用のアメ確保などが困難で、

ガチ勢との“差がつきやすい”ポケモンでもある。

はっぱカッター大幅強化

トロピウスは、もともとスーパーリーグ向きのステータス比率と、優秀なタイプ相性で注目はされていたが、

なんといっても、【GBL前】第2期(2019年2月1日~)に実施されたバランス調整で、

はっぱカッター“大幅強化”され、

一気に“大化け”したポケモンの一つとなった。

はっぱカッター弱体化
通常技【DPT/EPT/威力/ゲージ増加量/時間】

はっぱカッター6.602.0013.24/2】

2021年1月12日~

はっぱカッター6.002.00124/2

GBLシーズン6 後半(2021年1月12日~)からのバランス調整で、

はっぱカッターが弱体化された。

トロピウスにはひこう枠運用の「エアスラ型」も存在するが、

耐久寄りのトロピウスがはっぱカッターを使える意味も大きかっただけに残念。

草タイプ版チルタリス

くさ二重耐性じめんに至っては三重耐性と、

メガニウムの技を完封できる、「メガニウムキラー」の側面があったり、

自身は、こおり技二重弱点など、

チルタリスの尖っている部分と、被っているところが多い。

伝説の「トリトロ」コンビ

トロピウスの名を、一躍、PvP界に知らしめたのは、「トリトロ」コンビの功績が大きい。

【GBL前】第2期(2019年2月1日~)からトリデプスが実装され、

それまでの環境を一新したが、徐々にトリデプス包囲網が展開され、トリデプス対策が進んでいった。

そんなトリデプス“相方”として白羽の矢が立ったのが、トロピウス

トリデプスが苦手とするかくとうじめんみずタイプをトロピウスは完封でき、

逆に、トロピウスが苦手なこおりどくひこういわを、トリデプスは完封できるため。

つまり「トリトロ」コンビは、相性補完完璧だといえる。

当時は、環境トップメタとくさ枠最強がコンビを組んだこともあり、破竹の勢いで環境を制圧し、伝説を築き上げた。

通常スーパー(CP1500以下)

スーパーリーグ-アイコン

通常スーパー

(CP1500以下)

「トロピウスの型」考察

はっぱ型

1500-ポケボタン-トロピウス 通常 はっぱカッター
技2 リーフブレード
技3 つばめがえし

通常技を超削り特化はっぱカッターにした、トロピウスくさ枠運用の型。

トロピウスのゲージ技は、ゲージ消費が軽めの技が多いため、

はっぱカッター超火力プラス、ゲージ技にもある程度、頼れる。

ゲージ技は、ダメージ効率が破格のリーフブレードと、

わざ性能はそこまでよくないが、ミラーくさミラー含む)対策などを兼ねて、

つばめがえしが固定セットで問題ない。

昨今は、はっぱカッターの性能を、極限まで引き出すことができるウツボットでの運用が流行っているが、

耐久力のあるトロピウスは「トリトロ」に代表される、相性補完、

“盾”としての役割もあるため、

攻撃特化はっぱカッターを使える盾役という稀有な存在として、いまだに健在といえば、健在。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

エアスラ型

1500-ポケボタン-トロピウス 通常 エアスラッシュ
技2 リーフブレード
技3 つばめがえし

通常技をバランス型のエアスラッシュにした、トロピウスひこう枠運用の型。

GBLシーズン3(2020年7月28日~)環境だと、ガラルマッギョや、こおり技使いが増加しているため、

チルタリス同様、ひこう色の強い「エアスラ型」は活躍し辛い環境だといえる。

また、れいとうパンチほのおのパンチを備えたスリーパーにも押し負ける可能性が高まる。

GBLシーズン3(2020年7月28日~)環境だと、ひこう枠はエアームド一択のようなムードだが、

エアームドだとハイドロカノンが等倍で入ってしまうため、ラグラージ対面が安定しない。

ラグラージ対策も兼ねたひこう枠が欲しい場合は、「エアスラ型」は適任だといえるだろう。

他に、「はっぱ型」より優れる点は、ナットレイやドクロッグ対面での安定性が増す事くらいか。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性) タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点) 2.56倍
効果はばつぐんだ!(弱点) 1.6倍
通常ダメージ(等倍) 1倍
効果はいまひとつだ...(耐性) 0.625倍
効果はいまひとつだ...(二重耐性) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(無効) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(耐性×無効) 0.244140625倍

バフ・デバフ倍率

効果倍率 バフ デバフ
1段階目 1.25倍 0.8倍
2段階目 1.5倍 0.66666667倍
3段階目 1.75倍 0.5714286倍
4段階目 2.0倍 0.5倍

ステータス比率

ステータス比率分類

  • 耐久型(攻撃<防御≒HP)
  • HPタンク型(攻撃≒防御<HP)
  • 防御型(攻撃≒HP<防御)
  • バランス型(攻撃≒防御≒HP)
  • 攻撃型(攻撃>防御≒HP)

等倍での殴り合い順位

「耐久型」「HPタンク型≒防御型」「バランス型」「攻撃型」

弁論のザドキエル
詳細は下記、関連記事を参照。
関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_CP制限リーグ-必勝攻略-基礎講座s
CP制限リーグ必勝攻略!!【基礎講座】

対人戦用の技研究や、CP制限下で有利なステータス比率など、CP制限リーグで必勝するための基礎知識を解説する。解放用の砂稼ぎから環境解説、タイプ..

続きを見る

各リーグの「最強選抜」ページ

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_スーパーリーグ-CP1500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイパーリーグ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスターリーグ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイプレ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスプレ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_便利グッズ
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧


Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。



-個別解説