ポケモン図鑑_サムネイル_フシギバナ20210915

個別解説

「フシギバナ」のPvP考察【GBL】

弁論のザドキエル
「フシギバナ」の各考察へ飛びたい場合は「下記ボタン」をクリック
ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
ポケモン図鑑_コントロールボタン_技セット_型
ポケモン図鑑_コントロールボタン_ステータス_個体値厳選


フシギバナの概要

弱点と耐性

1500-ポケボタン-フシギバナ 攻撃種族値 198
防御種族値 189
HP種族値 190
種族値合計 577
タイプ相性表_弱点と耐性_「くさ」「どく」_フシギバナ

覚える技

通常技 DPT EPT 威力 ゲージ 時間
つるのムチ 3.00 4.00 6 +8 2
はっぱカッター 6.00 2.00 12 +4 2
ゲージ技 威力 ゲージ DPE
やつあたり 10 -70 0.14
おんがえし 130 -70 1.86
ハードプラント 120 -45 2.67
はなふぶき 132 -65 2.03
ソーラービーム 180 -80 2.25
ヘドロばくだん 96 -50 1.92
通常段取りでは取得できない技
ハードプラント コミュデイ取得や「すごいわざマシン」
やつあたり シャドウポケモン既得技
おんがえし リトレーン取得のみ
ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
ポケモン図鑑_コントロールボタン_技セット_型
ポケモン図鑑_コントロールボタン_ステータス_個体値厳選

個体値厳選

理想個体値(積ランク)

スーパーリーグ
1500-ポケボタン-フシギバナ CP1498
PL21
個体値(攻/防/HP)0EB
攻撃種族値 198 攻撃実数値 121.21
防御種族値 189 防御実数値 124.27
HP種族値 190 HP実数値 123
種族値合計 577 ステ積 1852646
種族類型 バランス型 積ランク C
ハイパーリーグ
1500-ポケボタン-フシギバナ CP2499
PL39
個体値(攻/防/HP)1FE
攻撃種族値 198 攻撃実数値 156.14
防御種族値 189 防御実数値 160.07
HP種族値 190 HP実数値 160
種族値合計 577 ステ積 3998902
種族類型 バランス型 積ランク C

特化厳選(実数値)

スーパーリーグ
個体値 厳選基準 攻撃 防御 HP PL CP
0EB 理想個体 121.21 124.27 123 21 1498
D00 攻撃特化 129.17 115.70 116 21 1498
0F1 防御特化 122.64 126.36 118 21.5 1499
02E HP特化 122.64 118.31 126 21.5 1499
ハイパーリーグ
個体値 厳選基準 攻撃 防御 HP PL CP
1FE 理想個体 156.14 160.07 160 39 2499
F20 攻撃特化 167.13 149.87 149 39 2498
0F0 防御特化 158.46 163.26 152 42 2496
00F HP特化 158.46 151.26 164 42 2496
弁論のザドキエル
上記の表は、各実数値の範囲を見渡す意味もある。個体値厳選の実情は、特にCP制限下の場合、パーティ立ち回りセットデザインする側面が強いため、答えがないというのも、一つの答えとなる。詳細は下記、関連記事を参照
Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦時代の最強個体厳選論S
PvP(対人戦)時代の最強個体厳選論!!

対人戦のCP制限リーグでは「PL」「種族値」「個体値」の差は強さに違いがあるのか?個体値…

続きを見る

ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
ポケモン図鑑_コントロールボタン_技セット_型
ポケモン図鑑_コントロールボタン_ステータス_個体値厳選

特記事項

初代「くさ枠」王者

黎明期から環境の中心にいるマリルリやナマズンを狩れる初代くさ枠王者、それがフシギバナ。

バランスが良く、高性能なつるのムチから繰り出される、これまた破格の「御三家ごさんけ接待技せったいわざの中でも、

一番、威力とゲージ消費量のバランスがとれたハードプラントを連発できるフシギバナは、役割対象以外のポケモンとも幅広く渡り合えるため、

フシギバナ対策をしていないパーティを、フシギバナ1体で半壊させるほどのポテンシャルを秘めていた。

【GBL前】第2(2019年2月1日~)のはっぱカッター強化後からは、

くさ枠にトロピウス採用が増加し、長らくフシギバナとトロピウスのくさ枠2時代が続いた。

【GBL前】第4終盤の11月2日に、ロックオンが実装され、環境にレジスチルが増殖すると、

はがねに打点のあるメガニウムが新時代のくさ枠代表として勢力を拡大し、環境から一時フシギバナは姿を消したが、

時は流れ、GBLシーズン3(2020年7月28日~)に実施された、間接的なレジスチル弱体化により、環境からレジスチルが減ることで、再びフシギバナが脚光を浴びつつある。

「どくタイプ」がイイ仕事をする

フシギバナは、くさどくタイプのため、

くさ枠としてはもちろん、どく枠としての仕事もこなせる。

特に、このどくタイプの耐性が環境に刺さっており、

通常技が強力な、はっぱカッター族や、あまえる族カウンター族を、

まとめて軽減できるのは大きい。

ただし、ねんりき族相手の場合、このどくタイプが足をひっぱるため要注意。

「くさタイプミラー」に鬼強い

前述の通り、フシギバナは、くさどくタイプのため、

くさ技二重耐性を持ち、

更に、高性能などく技ヘドロばくだんを放てるため、

くさタイプミラー」には無類強さを発揮する。

ただし、宿敵トロピウスが「エアスラ型」の場合は、勝てない。

「はっぱカッター」弱体化の影響はほぼなし

通常技 DPT EPT 威力 ゲージ 時間
【GBL前】黎明期~第1(旧性能)
はっぱカッター 4.80 2.00 9.6 +4 2
【GBL前】第2(2019年2月1日~)
はっぱカッター 6.60 2.00 13.2 +4 2
GBLシーズン6後半(2021年1月12日~)
はっぱカッター 6.00 2.00 12 +4 2

フシギバナのテンプレ型は、「つるムチ型」だが、【GBL前】第2はっぱカッター強化後、環境では、

」にフシギバナが採用される場合など、一定数の「はっぱ型」フシギバナは存在した。

だが、GBLプレシーズン終盤(2020年3月3日~)にシャドウボーナスが実装されてからは、この「」のくさ枠に、Sシャドウウツボットが定住したため、ウツボットとタイプ相性の被るフシギバナは、ほぼ使われなくなった。

時は流れ、GBLシーズン8後半はっぱカッターが弱体化し、フシギバナがあえてはっぱカッターを使う理由は、これでほぼ消失した。

コミュデイ対象の御三家

御三家専用技-ハードプラント-サードアタック解放コスト

御三家はフシギバナに限らず、コミュニティ・デイで厳選、アメ確保が容易で、

サードアタック解放コストも10,000格安のため、PvPで大活躍できる強力なこまが、低コストで育成できる。

だが、肝心のコミュデイ参加を逃してしまうと、

コミュ限わざハードプラント持ちの厳選が、途端に困難となってしまう。

その場合は、手持ちの理想個体へ「すごいわざマシン」を使うか、年末開催のコミュデイ総決算まで待つか、

頼れるフレンドがいるなら(コミュデイ産は大量生産されがちなので、そこまで渋られない)

トレードでハードプラント持ちを入手するのもありだろう。

ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ フシギバナ

ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ フシギバナ

4,420円(09/22 06:09時点)
Amazonの情報を掲載しています
ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
ポケモン図鑑_コントロールボタン_技セット_型
ポケモン図鑑_コントロールボタン_ステータス_個体値厳選

「フシギバナの型」考察

つるムチ型

1500-ポケボタン-フシギバナ 通常 つるのムチ
技2 ハードプラント
技3 ヘドロばくだん
通常スーパー

スーパーリーグ界くさ枠最強の一角であるフシギバナのテンプレ型が「つるムチ型」。

高性能なつるのムチによって、御三家接待技で破格の壊れ技、ハードプラントを連発できる。

たとえくさ技に耐性があったとしても、一重耐性程度であれば、わざ性能の高さでゴリ押せる対面が多い。

更に、くさタイプミラーやフェアリー狩りではヘドロばくだんを撃ち分けられるため、非常に完成された型だといえる。

フシギバナは、複合でどくタイプを持つため、

はっぱカッター族や、あまえる族カウンター族に対する盾役もこなせる。

ただし、環境に多いスリーパーなどのねんりき持ちに対しては、このどくタイプが足をひっぱるため十分注意したい。

通常ハイパー

ハイパーリーグ環境でも、ラグラージ採用率が非常に高いため、ラグラージ対策でフシギバナは役立つ。

通常ハイパーのラグラージはじしん型が多いため、ガン起点にはできないが、

ラグラージにフシギバナの、ご尊顔そんがんおがませれば、相手を戦意喪失させるのに十分な仕事はこなせる。

ラグラージ対策でこれまた採用率の高いメガニウムと比べると、レジスチル弱体化前までは、

じしんの撃てるメガニウムほぼ一択だったが、環境からレジスチルが減ると、それと連動するようにトゲキッスが増加し、

そのトゲキッスに強く出れるフシギバナが優勢な状況になりつつある。

クレセリア対面は、ねんりき型や、みらいよち搭載型かどうかで明暗が分かれ、

エスパー技サイコカッターしかなければ、起点にできる有利対面に一転する。

ハイプレ

ハイプレ環境は、ギラティナやレジスチルといった厄介な伝説が出場できないため、フシギバナが動きやすい。

ラグラージの採用率は相変わらず高いため、フシギバナの仕事がなくなることはないだろう。

とはいえ、ハイプレ環境のはがね代表シュバルゴや、ハッサムには、ほとんど打点がないため、対面させないように立ち回りたい。

ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
ポケモン図鑑_コントロールボタン_技セット_型
ポケモン図鑑_コントロールボタン_ステータス_個体値厳選

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性) タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点) 2.56倍
効果はばつぐんだ!(弱点) 1.6倍
通常ダメージ(等倍) 1倍
効果はいまひとつだ...(耐性) 0.625倍
効果はいまひとつだ...(二重耐性) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(無効) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(耐性×無効) 0.244140625倍

バフ・デバフ倍率

効果倍率 バフ デバフ
1段階目 1.25 0.8
2段階目 1.5 0.66666667
3段階目 1.75 0.5714286
4段階目 2.0 0.5

種族類型

種族類型 ステータス比率 特徴
耐久型 攻撃防御HP ステ積が最大となり、ステータス上の強さは最強。攻撃実数値が最小のため、先制権はない。
HPタンク型 攻撃防御HP ステ積は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。1ターン技などの攻撃間隔の短い技には強いが、威力の高い通常技やゲージ技には弱め。
防御型 攻撃HP防御 ステ積は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。威力の高い通常技やゲージ技には強いが、1ターン技など、攻撃間隔の短い技には弱め。
バランス型 攻撃防御HP ステ積は低めのため、ステータス上の強さは弱め。攻撃実数値は高めのため、先制できることが多い。
攻撃型 防御HP攻撃 ステ積が最小となり、ステータス上の強さは最弱。攻撃実数値が最大のため、ゲージ技を確実に先制できる。

各リーグの「最強選抜」ページ

最強選抜_リンクボタン_310px_スーパーリーグ-CP1500以下r
最強選抜_リンクボタン_310px_ハイパーリーグ-CP2500以下r
最強選抜_リンクボタン_310px_マスターリーグ-CP制限なしr
最強選抜_リンクボタン_310px_ハイプレ-CP2500以下r
最強選抜_リンクボタン_310px_マスプレ-CP制限なしr
最強選抜_リンクボタン_310px_便利グッズ


Summaryカード用_ポケモンGO_PvPわざ研究-通常技-ゲージ技-バフ-デバフ技s

PvP(対人戦)時代の「わざ」研究【GBL】

PvPに関する技研究のすべて。通常技のターン数から、ゲージ技、バフデバフ効果、常設技、レ…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_便利グッズ7選Rs

【2021年最新版】ちょっとズルい「便利グッズ」7選

ポケモンGOはゲーム内アイテムがいくら充実していようと、リアルグッズの準備を怠ると、プレ…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_オートキャッチS

「オートキャッチ(GO-TCHA)」のレビュー&使い方

オートキャッチ(GO-TCHA)とゴープラ徹底比較!オートキャッチ(GO-TCHA)の使…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_実質100ポケモン_種族値_個体値_実数値210809s

「種族値・個体値・実数値」の基礎知識【実質100%ポケモン】

ポケモンGOの【種族値・個体値・実数値】の基礎知識を学べば、攻撃力、防御力、HP、どの個…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_マッチングの闇s

マッチングの“闇”に迫る

GOバトルリーグへ潜っていると、異常に出し勝って4勝1敗、5勝0敗を連発できる日もあれば…

続きを読む

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。



-個別解説