マンガ・アニメ・ゲーム等の学術研究機関

カウンターカルチャー弁論センター

カウンターカルチャー弁論センターとは

カウンターカルチャー弁論センターとは_S

マンガ・アニメ・ゲーム・イラストの学術研究機関。カウンターカルチャー弁論センター(以下、「当センター」)では、ヒット作品やエポックメイキング作品などを構造から分析し、弁論記事として公開しています。時代を創る作品、時代の転換要因となった作品には共通点、法則性が存在します。それらの法則を体系化し、導き出された独自の方程式を用いて新時代を切り開くオリジナルコンテンツ配信を行っていきます。




マンガ・アニメ・ゲーム文化の発展のために

2018年は違法な海賊版サイトの台頭が社会現象にまでなり、遂に重い腰を上げた日本政府は、悪質性の高いサイトを緊急措置としてブロッキングを行うよう、インターネット接続業者へ要請しました。
このような経緯から、海賊版漫画ビューアサイトや海賊版アニメ配信サイトといった違法性の高い海賊版サイトは現在、閉鎖されています。

しかし、このような海賊版サイトは、技術の発展や社会の遷移により、また新たな手法、法の目の掻い潜りにより、イタチごっこが続いてしまうのが常なのです。

昨今の風潮として、“無料が当たり前”が消費者の中で常識となりつつあって、対価を支払う意義が薄れつつあります。

元来、マンガやアニメ、ゲームの制作には膨大な時間と労力が注がれます。

この世界に、無料というものは存在しません。
様々な仕組みや企業努力により、見かけ上、無料に見えるものでも、本当に誰も対価を支払わなければ、その文化は衰退してしまうのです。

もし、貴方が、あるマンガ、アニメ、ゲームと触れて、その作品を好きになったり、登場するキャラクターに愛着がわいたり、感動して心動かされたのなら、

その作品をこの世に生み出してくれた作者に感謝を込めて“正当”な対価を届けましょう。
その心がけが、作品や作者を応援することになり、その作品の続きが見れたり、その作者の新作と出会えるようになるのです。

当センターでは、ヒット作品やエポックメイキング作品を中心に、弁論記事を公開していきます。
作品の楽しみ方には色々ありますが、自分が感動した理由や、作品を鑑賞してモヤモヤした“何か”が生じた際、当センターの弁論記事が、それらの解消のキッカケになるかもしれません。

作品の技術的な構造や、演出を言語化することで、より深く、作品を別視点、別角度から嗜むことができるようになるからです。

そして、そのように味わい尽くした作品には、作者に感謝を込め、利益が正しく還元されるよう、正規ルートをできるだけ用意しました。

無料は確かに魅惑的ですが、海賊版サイトには絶対に手を出さず、
マンガ・アニメ・ゲーム文化の発展のためにも、我々のような“意識の高い文化人”が一丸となって、積極的に作者に利益を還元し、文化を育てていきましょう。

日本の誇る同人文化

技術や文化の発展には“模倣”は不可欠な側面があります。
知識や技芸を習得する“学び”は“まねぶ(学ぶ)”と同源であり、“まねる(真似る)”とも語源を共にします。

先代の遺した作品を新人が模倣することで、知識や技芸は研ぎ澄まされ、新しい時代の時流を汲んだ、新しい世代の作品が生まれます。
つまり、創作物とは完全にゼロから生まれるわけではなく、生物の進化論のように、祖先があり、そこから脈々と遺伝子は受け継がれ、リンクし合って進化していくのです。

このように創作物の本質は模倣にありますが、模倣物から新たなオリジナルへと昇華するためには莫大な“産み”のエネルギーが必要です。
この膨大な産みの苦しみというエネルギーが加わることで、模倣物は突然変異を起こし、“新種”、つまりオリジナルへと昇華するのです。
これが創作物の生まれる原理原則です。

さて、この創作の原理原則を踏まえ、日本の誇る世界最大の同人誌即売会である、コミックマーケット(以下、「コミケ」)について考えたいと思います。
コミケでは、二次創作作品が大量に流通していますが、この二次創作作品を著作権者の許諾なく流通させるのは、現行の著作権法に照らし合わせると、残念ながらグレーだと言わざるを得えません。

ただ、前述の通り、創作論の観点から見れば、二次創作作品とは、突然変異に至らなかった模倣物たちであり、本質的には創作物そのものです。

“海賊版”が創作性のない単なるデッドコピーであるのに対して、二次創作作品に関して言えば、もしかしたら新たなオリジナルに成れたかもしれない数多ある屍のひとつであり、かけがえのない一創作物でもあるのです。
デッドコピーである海賊版と一緒くたに議論すべきではないでしょう。

大前提として、(一次創作物の)著作者の権利は守られなければなりません。
しかし、文化の発展、熟成のためには模倣は必要不可欠なのです。(一次創作物にも祖先(模倣元)は必ず存在します。)

現状では、“黙認”というかたちであれ、世界最大規模の同人誌即売会が成立している日本の同人文化を当センターでは支持します。

推奨ブラウザ

当センターでは「Google Chrome」、「Mozilla Firefox」、「Microsoft Edge」でWEBサイトの動作確認を行っております。

それ以外の一部ブラウザ(「Internet Explorer」など)では、稀に、表示崩れなどの不具合が発生する場合がございます。

推奨ブラウザでの閲覧をおすすめします。

Google Chrome: 高速で安全

Google Chrome: 高速で安全

Google LLCposted withアプリーチ

著作権・引用・免責事項

著作権について

当センターで公開される文書、写真、イラスト、図表、キャラクター等のオリジナルコンテンツ(以下、「コンテンツ」)の著作権及びその他の知的財産権は、全て当センターに帰属します。
想定しうるあらゆる手段での海賊行為(無断転載などを含む)の一切を固く禁じます。
但し、有償無償に関わらず、事業性の高い営利目的での利用や、過剰に「当センター」のイメージを損なう、過剰に公序良俗に反する、社会的な許容限度を超える、と判断されるものでなければ、二次創作(自作物のみ)活動を歓迎します。
その際は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

引用について

当センターでは批評、研究、報道目的等により著作権法第32条第1項に基づき、公表された著作物の引用を行う場合があります。

免責事項について

当センターでは、細心の注意を払って、情報及びコンテンツを掲載しておりますが、その正確性、有用性、完全性等を保証するものではありません。
当センターに含まれる情報の利用等により、万一、何らかの損害が発生したとしても、直接、間接問わず、当センターでは一切責任を負いません。
当センターは著作権侵害を目的とするものではありません。掲載している画像の著作権・肖像権等は権利保有者に帰属します。掲載している動画については配信元サイトにお問い合わせください。
当センター上の画像などで掲載に問題がある場合は、お手数ですが、お問い合わせフォームよりご連絡お願いします。迅速に対処致します。
当センターは、当センターで公開されている情報及びコンテンツを、予告なく変更又は中断、廃止する場合があります。



Copyright© カウンターカルチャー弁論センター , 2019 All Rights Reserved.