Summaryカード用_ポケモンGO_デュオモン

ポケモンGO

「デュオモン」のレビュー&使い方

オートキャッチ系デバイスの中でも、完成度の高いデュアルキャッチモンシリーズに、

新製品が加わった。

その名も「デュオモンDUOMON)」。

デュアルキャッチモンの完成された機能はそのままに、

新たに音声ガイド機能が付加された。

今回は、次世代機である「デュオモン」の実力を、じっくり検証していきたい。

弁論のザドキエル

音声ガイド機能のない「無印キャッチモン」シリーズは下記、関連記事を参照

Summaryカード用_ポケモンGO_デュアルキャッチモン_自動捕獲
「デュアルキャッチモン」のレビュー&使い方

次世代オートキャッチ「デュアルキャッチモン」最大の特徴は2つのIDと接続できる点。他にも…

続きを見る

Summaryカード用_ポケモンGO_キャッチモンGO_自動捕獲
「キャッチモンGO」のレビュー&使い方

ガチ勢から評価の高いデュアルキャッチモンが単身者用に価格がリーズナブルとなって新登場した…

続きを見る

「デュオモン」とは?

デュオモン-緑点滅


Sperry Corporation_Megacom_logo


デュオモン」は、マニアの間では評価の高い「クロノスマックスプラス」で有名な、

台湾のSperry Corporation(華王貿易有限公司)から販売されている、

次世代オートキャッチ系ウェアラブルデバイス(ブランド名:Megacom)

「デュアルキャッチモン」の完成された機能はそのままに、

新たに音声ガイド機能が付加された。

注意

デュオモン」は公式デバイスではなく、いわゆるサードパーティ製。動作保証なども含めて、使用は自己責任となる。

チップセットは公式デバイスと同じ「DA14580」を搭載しているため、よほどの事がない限りBANなどの心配はない。

筆者の見解としては、公式か非公式かよりも、歩きスマホ防止することに意味があると考えているため、問答無用で「非公式は悪!」のような歩きスマホ防止の観点が欠落した、短絡的な非公式デバイス批難論には疑問をいだいている。詳細はこちら

基本スペック

  • ポケモンの自動捕獲
  • ポケストップからの自動アイテム回収
  • 家族(2アカウント)で運用可能な2台同時接続
  • 待機時間約600時間(乾電池型)
  • 高品質な基盤採用で接続が安定
  • 電池交換に専用工具不要
  • 自動タイムアウト後の再接続の手間が最小限
  • 電源「ONOFFスイッチ」搭載
  • NEW 音声ガイド機能付き

「デュオモン」も、オートキャッチ系ウェアラブルデバイスに分類されるため、

バックグラウンドでのポケモン自動捕獲、ポケストップからの自動アイテム回収に対応するのは当然として、

何といっても最大の特徴が、音声ガイド機能の付加だろう。

音声ガイド機能

デュオモン-音声通知-接続が切断されました_女性音声

デュオモン-音声通知-接続が切断されました_男性音声

  • 1P ファンクションキー(女性音声)
  • 2P ファンクションキー(男性音声)

オートキャッチ系デバイスを使用していて、最大の難点が、「Pokémon GO Plus」の仕様である“自動タイムアウト”による接続切れ。(詳細はこちら

だいたい1時間間隔で再接続の手間が発生するのだが、接続が切れたまま気づかないケースも多い。

せっかくオートキャッチによる自動捕獲や自動アイテム回収をしているのに、接続切れに気づかないようでは、大きな機会損失に繋がる。

この問題を解決してくれるのが、音声ガイド機能。

「デュオモン」の音声ガイド機能の1つである「接続状態通知」をONにしておけば、

自動タイムアウト時音声で、

接続が切断されました」と通知してくれるため、接続切れ放置せずに済む。

この機能は、地味に便利なため、重宝する。

弁論のザドキエル

学校や職場などで音声ガイド機能をONにしたまま起動しておくと、

「ポケモンボックスがいっぱいです」や

「接続が切断されました」といった具合いに、

音声通知でポケモンGOをプレイしていることが周囲にバレてしまうため、

職場などで、こっそり使っている場合は、十分注意したい。

「デュオモン」のバリエーション

「デュオモン」のバリエーション
デザイン カラー 接続台数
ポケストップ型 2アカウント
タマゴ型

旧製品では、ポケストップ型のデザインが「デュアルキャッチモン」、タマゴ型のデザインが「キャッチモンGO」として、

デュアルキャッチモンが2アカウント同時接続対応、キャッチモンGOがアカウント用と、機能面でも差別化が図られていた。

しかし、デュオモン」では、ポケストップ型タマゴ型機能面での差はなく、どちらも2アカウント同時接続対応のため、デザインが好みの方を選べばよい。

ポケストップ型

弁論のザドキエル

「ポケストップ型」デザインには、青と黒のカラーバリエーションが存在する。

「タマゴ型」と機能面での差はないため、好みのデザイン、カラーを選べば良い。

「ポケストップ型(黒)」のレビューはこちら

タマゴ型

弁論のザドキエル

「タマゴ型」デザインには、青と黒のカラーバリエーションが存在する。

「ポケストップ型」と機能面での差はないため、好みのデザイン、カラーを選べば良い。

キャッチモン系統の比較

デュオモン-デュアルキャッチモン-サイズ比較

左から「デュオモン」「デュアルキャッチモン」(サイズ比較)

デュオモン-キャッチモンGO-デュアルキャッチモン比較

左から「キャッチモンGO」「デュアルキャッチモン」「デュオモン」

  デュオモン キャッチモンGO デュアルキャッチモン
チップセット DA14580 DA14580 DA14580
サイズ 縦60×横60×厚み13
(mm)
縦63×横50×厚み50
(mm)
縦70×横70×厚み20
(mm)
重量 約47.9g
(電池含む)
約68.9g
(電池含む)
約52.7g
(電池含む)
バッテリー 単4形乾電池2本 単4形乾電池2本 単4形乾電池2本
接続可能台数 2台 1台 2台
弁論のザドキエル

デュアルキャッチモンシリーズの完成度の高い基本機能はすべて踏襲し、

新たに“音声ガイド機能”が追加されたのがデュオモン

「初代デュアルキャッチモン」と「デュオモン」比較

デュオモン_デュオモンと初代デュアルキャッチモン比較

左が「初代デュアルキャッチモン」、右が「デュオモン(ポケストップ型・黒)」

「初代デュアルキャッチモン」と「デュオモン」の比較。

デュオモンは、デザインの異なるものが数種類存在する。(詳細はこちら

写真のデュオモンはポケストップ型のカラーバリエーションが黒の商品。

初代と比べると、一回りサイズが小さくなり、全体的にスリムになった印象。

機能面では、電源スイッチや音声ガイド機能の実装。

性能面では、捕獲スピードアップなどが図られている。

競合商品との比較

デュオモンとポケモンGOプラスの重さ比較

「デュオモン」と「Pokémon GO Plus」重さ比較

本体サイズ(比較)

デバイス名 サイズ 重量
デュオモン 縦60×横60×厚み13
(mm)
47.9
(電池含む)
ポケットエッグ 縦83×横65×厚み20
(mm)
74
(電池含む)
Pokémon GO Plus 縦46×横33×厚み17.5
(mm)
13.3
(電池含む)
GO-TCHA 縦14×横35×厚み10
(mm)
5.3
(電池含む)

バッテリー方式(比較)

デュオモン-バッテリー方式は乾電池型

デュオモンの電池蓋を開けたところ

デバイス名 バッテリー方式 待機時間
デュオモン 4乾電池
(2本)
600時間
ポケットエッグ 3乾電池
(2本)
2,160時間
Pokémon GO Plus コイン形電池
(CR2032)
2,400時間
GO-TCHA 内蔵リチウム電池
(40mAh)
48時間

デュオモンは、バッテリー方式が「乾電池型」に分類されるため、

万が一、イベント中などに電池切れをしても、出先のコンビニなどで乾電池を調達すれば即座に復旧できたり、

内蔵電池型のように内蔵電池が劣化する心配がない、といった特徴がある。

Bluetooth接続方式(比較)

デバイス名 アプリ側操作
(再接続)
デバイス側操作
(再接続)
デュオモン タップ操作必要 不要
ポケットエッグ タップ操作必要 不要
Pokémon GO Plus タップ操作必要 ボタン操作必要
GO-TCHA タップ操作必要 タップ操作必要

どの商品も「DA14580(SmartBond DA14580 Bluetooth low energy)」を搭載しているため、基本性能に大きな差異はないが、

ファームウェアチューニングにより、各デバイスで個性が出てくる。

Pokémon GO Plus」の仕様で、1時間ごとに自動的タイムアウトするため、1時間以上プレイする場合は再接続必要なのだが、

この再接続の際に、「Pokémon GO Plus」や「GO-TCHA」では、デバイス本体のボタン操作が必要になる。

一応、回避する裏技もあるが、ひと手間ある点に変わりない。

この1時間ごとの再接続の手間は、ガチる場合は、馬鹿にならないロスとなる。

一方、「デュオモン」は、

ポケモンGOアプリ側操作のみで再接続が可能。

この利便性は、一度、体験すると、もう後戻りできないほどの快適さがある。

これは、電池容量に余裕のある「デュオモン」だからできる芸当で、

スマホからの接続要求に、デバイスが直接反応できるように独自設計してあるため。

また、後発品の「デュオモン」は、Bluetooth接続には一際ひときわ、こだわりのチューニングをほどこしてあり、

反応速度や接続安定性に関しては、他の追随を許さないレヴェルに到達している。

Bluetooth有効範囲も20メートル近くある。

競合製品との違いまとめ

  • 本体サイズが適度な大きさのため、紛失リスクが少ない
  • 新品電池と交換できる乾電池式は、内蔵電池式のように電池寿命が縮まって連続使用時間が短くなることはない
  • 電池式は新品電池と交換すればすぐに使えるため、充電時間のロスタイムがない
  • 電源スイッチをこまめに切れば、18時間使用しても1ヶ月以上電池がもつ
  • 電池交換にドライバーなどの専用工具が不要
  • 自動タイムアウト後の再接続の手間が最小限
  • 音声ガイド機能がある
弁論のザドキエル

旧製品や類似品とのスペック比較などは下記、関連記事も参照

Summaryカード用_ポケモンGO_オートキャッチ_自動捕獲
「オートキャッチ」カタログ

オートキャッチ(GO-TCHA)とゴープラ徹底比較!オートキャッチ(GO-TCHA)の使…

続きを見る

「デュオモン」徹底レビュー

デュオモン_化粧箱_正面_立てかけ

開封の儀

化粧箱(表裏)

デュオモン_化粧箱_正面_裏表

化粧箱の裏面には、イラストと共に、デュオモンの簡易な使い方が記されている

化粧箱(側面)

デュオモン_化粧箱_側面

化粧箱の側面にはイラストと共に、デュオモンの特徴が列記されている

開封

デュオモン_化粧箱_正面_開封

化粧箱を開くと、デュオモン本体があらわとなる。

デュオモン本体を取り出すと、下の階層に付属品一式が同梱されている。

因みに箱の内側には、デュオモン各部の名称が記載されているため、一通り目を通しておくとよい。

内容品について

デュオモン_付属品について

  • 「デュオモン」本体
  • ソフトケース
  • ストラップ類
  • ステッカー
  • 取扱説明書(日本語)

「デュオモン」本体

デュオモン_正面俯瞰

デュオモン(ポケストップ型・黒)

デュオモン_正面真横

側面には電源スイッチがあり、その左右にファンクションキーが並ぶ

技適マーク

デュオモン_技適マーク

日本向けの正規品には本体側面に技適マークが確認できる。

ソフトケース

デュオモン_ソフトケース_ソフトケース装着

左がソフトケース、右がデュオモンにソフトケースを装着したところ

デバイス本体のソフトケース(保護カバー)も付属している。

本体に傷をつけたくない場合や、ちょっとした滑り止め効果もあるため、好みに応じて装着してもよいだろう。

ただ、この手のソフトケースは、ホコリも吸着しやすいため、筆者は基本、使うことはない。

デュオモン_チャック付きポリ袋封入時

筆者は、簡易な防水対策も兼ねて、「チャック付きポリ袋」を使うことが多い。

野外で使うことが前提の、ポケモンGO用の精密機器は、急な雨でも水濡れしないように、防水対策は常に心掛けておきたい。

ストラップ類

デュオモン_ストラップ類-リセットピン

手で持ち歩いたり、鞄などに付けっぱなしにする場合は、付属のストラップが便利。

ストラップホール
デュオモン_ストラップホールの場所

デュオモン本体の背面、電源スイッチの下にストラップホールがある

デュオモン_ストラップをピンを使って通す

付属のピンを使ってストラップホールへ、ストラップの紐を通すところ

付属のピンを使えば、本体のストラップホールへ、ストラップの紐を通しやすい。

因みに、ストラップを付けるなら、金属フリーの軟質素材(シリコンなど)で構成されたストラップだと、本体を傷つけ難くてオススメ。

ステッカー

デュオモン_付属のステッカー

ステッカーが付属するため、デュオモンのフェイスへ、チームカラーなどの好きな色のステッカーを貼れば、ちょっとした気分転換になるだろう。

取扱説明書(日本語)

デュオモン_取り扱い説明書について

マニュアルは日本語に対応

「デュオモン」の使い方

電池交換について

デュオモン_電池蓋の開け方

矢印方向にスライドさせれば電池蓋が開く

デュオモン_電池蓋を開けたところ

電池の向きは、手前に印字された+と-を確認

弁論のザドキエル

Pokémon GO Plus」のように、電池カバーにネジ止めはされていないため、

ドライバー不要で、工具がなくても即座電池交換可能。

単4形アルカリ乾電池

Amazonベーシック 乾電池 単4形 アルカリ 20個セット

Amazonベーシック 乾電池 単4形 アルカリ 20個セット

693円(12/01 04:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

デュオモン」には電池が付属しないため、事前に予備も含めて、多めに入手しておくと良いだろう。

使用の際には「4形 アルカリ乾電池 2」が必要。

ペアリング(初回)方法

ペアリング(初回)概要

  • スマホBluetoothONにする
  • デュオモン」に新品の電池をセットし、電源ONにして待機モードにする
  • ポケモンGOアプリの設定メニューから「Pokémon GO Plus」メニューを開く
  • 「Pokémon GO Plus」メニューの「使用可能なデバイス」からグレーアウトしている「Pokémon GO Plus」をタップ
  • 「使用可能なデバイス」の「Pokémon GO Plus」がアクティブになればペアリング完了

スマートフォンのBluetoothをONにする

Androidはクイック設定パネルからBluetoothをONにする

Androidはクイック設定パネルからBluetoothをONにする

iPhoneはコントロールセンターからBluetoothをONにする

iPhoneはコントロールセンターからBluetoothをONにする

デュオモンに電池をセットし、電源をONにする

デュオモン_電池セット-電源スイッチON

デュオモンの電源をONにする

  • デュオモン」に、新品の「4形 アルカリ乾電池 2」をセットする
  • 電源スイッチONにする
  • 1P2PLEDステータスライトが数回緑色に点滅してから待機モードになる

メインメニューの開き方

Pokémon GOプラス_ペアリング初回手順_メインメニュー-設定画面

フィールド画面からメインメニュー

  • フィールド画面で、モンスターボールアイコンをタップする
  • メインメニューが開くので、「設定(歯車アイコン)」を選択

設定メニューの開き方

Pokémon GOプラス_ペアリング初回手順_設定画面-ゴープラ設定画面r

設定メニューから「Pokémon GO Plus」設定画面

  • 設定メニュー最下部付近にある「Pokémon GO Plus」項目を選択
  • 「Pokémon GO Plus」のメニューが開くので、「使用可能なデバイス」欄にある、グレーアウトしている「Pokémon GO Plusのエリア」を選択

ポイント

ペアリング待機モードの「デュオモン」はLEDが緑色に点滅している

ペアリングの確認

Pokémon GOプラス_ペアリング初回手順_接続完了r

ペアリングが成功すると「Pokémon GO Plusのエリア」のアイコンがアクティブになる

接続完了

  • Pokémon GO Plus エリア」のアイコンがアクティブになればペアリング完了。(右端にリジェクトボタンも表示される)

ポイント

ペアリングに成功すると1P2PLEDステータスライトが白色に点滅する

Pokémon GOプラス_ペアリング初回手順_接続完了_フィールド画面にモンスターボールアイコン

ペアリングが成功するとフィールド画面に「モンスターボール Plus」のアイコンが追加される

備考

「デュオモン」は「使用可能なデバイス」が2つ表示される
使用可能なデバイスエリア_デュアルID対応版

「デュオモン」は2アカウントに対応しているため、使用可能なデバイス欄が2つ表示される

「デュオモン」はペアリング解除をしなくても別のスマホとペアリング可能
弁論のザドキエル

デュオモンはペアリング解除をしなくても、LEDステータスライトが緑色に点滅しているファンクションキー(未接続)側とは、他のスマホとのペアリングが可能。

電源スイッチをオンオフすることで、現在接続中の接続がすべて切断され、LEDステータスライトが緑色になる。

ペアリングできない時のチェックポイント

スマホ側のチェックポイント

スマートフォン側

  • スマートフォン充電は十分か?
  • スマートフォンBluetoothONになっているか?
  • 2.4GHz帯の電波干渉はないか?
スマートフォンのBluetoothはONになっているか?
弁論のザドキエル

スマホ側のBluetoothOFFのままでは、当然繋がらないため、

スマホ側のBluetoothONになっているかは、一番最初に確認すること。

自動捕獲デバイス側のチェックポイント

自動捕獲デバイス側

  • 自動捕獲デバイス電池充電は十分か?
  • 電源スイッチ搭載機の場合は、電源ONになっているか?
  • ペアリングモードになっているか?
  • どうしてもペアリングできない場合はリセットしてみる
自動捕獲デバイスの電池や充電は十分か?
弁論のザドキエル

ペアリングできない時の見落としがちな点に、自動捕獲デバイス電池古かったり充電不足がある。

新しい電池に替えたり、フル充電をしたら、あっさりペアリングできる事があるため、確認してみるとよい。

電源がONになっているか?
弁論のザドキエル

自動捕獲デバイスの機種によっては、電源スイッチを搭載しているものがある。

電源スイッチ搭載機の場合、当然、電源ONにしないと繋がらない。

ペアリングモードになっているか?
弁論のザドキエル

自動捕獲デバイスの機種によっては、ペアリングモードでないとペアリングできない場合がある。

ペアリングモードにしてからペアリングを試みるとよい。

リセット(工場出荷状態)にしてみる
弁論のザドキエル

自動捕獲デバイスの機種によっては、リセットモードやリセットボタンが搭載されており、工場出荷状態に戻せるものがある。

どうしても繋がらない場合の最終手段として、リセットできる機種の場合は、リセットしてからペアリングをすると、あっさり繋がる場合がある。

ポケモンGOアプリ側のチェックポイント

ポケモンGOアプリ側

  • ペアリング設定先に「Pokémon GO Plus」を選んでいるか?
  • 以前使っていた古い捕獲デバイスが、登録されたままになってないか?
ペアリング設定先に「Pokémon GO Plus」を選んでいるか?
Pokémon GOプラス_ペアリング初回手順_ペアリング先

「Pokémon GO Plus」を選択

弁論のザドキエル

自動捕獲デバイスペアリング先は「Pokémon GO Plus」。

モンスターボール Plus」の方ではないので、間違えないように。

以前使っていた古い捕獲デバイスが、登録されたままになってないか?
Pokémon GOプラス_ペアリング解除方法

赤枠のリジェクトボタンをタップするとペアリングを解除できる

弁論のザドキエル

以前使っていた古い捕獲デバイス登録されたままになっている場合、新しい自動捕獲デバイスのペアリングができない場合がある。

念のため、古い捕獲デバイスリジェクトし、登録解除してから、

新しい自動捕獲デバイスのペアリングを試みると良い

「Android」及び「iOS」固有のチェックポイント

弁論のザドキエル

iPhoneユーザーは、直下にある「iOS」のタブをタップ。




「Android」のチェックポイント

  • Bluetoothペアリングの要求」ポップアップをタップする
「Bluetoothペアリングの要求」ポップアップをタップする

247キャッチャー_Bluetoothペアリングの要求

弁論のザドキエル

Android10以降は、Bluetooth接続時に「Bluetoothペアリング要求」のポップアップが表示されるため、

毎回、手動でタップし、ペアリングを許可する必要がある。

「iOS」のチェックポイント

  • Pokémon GO アプリ」にBluetoothアクセス許可を与えているか?
「Pokémon GO アプリ」にBluetoothのアクセス許可を与えているか?

ペアリングできない場合のチェックポイント_iPhone_設定アプリからポケGOアプリ選択

iPhoneのホーム画面から「設定アプリ」を選択

  • Pokémon GO アプリ」の「Pokémon GO Plus 設定メニュ―」に「Bluetoothオフになっています。」と表示される。
  • iPhoneのホーム画面から「設定アプリ」を選択し、設定メニューを開く
  • 設定メニューの最下部付近にある「Pokémon GO」をタップ

ペアリングできない場合のチェックポイント_iPhone_Bluetoothアクセスを許可

「Pokémon GO アプリ」のアクセス許可設定画面

  • グレーアウトしているBluetoothへのアクセスを許可するボタンをタップ
  • Bluetoothへのアクセスを許可するボタンがアクティブ(緑色)になれば、「Pokémon GO アプリ」の「使用可能なデバイス」欄に自動捕獲デバイスが表示されるようになる

設定について

「ステータスライト」と「ファンクションキー」

デュオモン_ファンクションキー説明

デュオモン_ファンクションキー

凸の数で1Pと2Pのファンクションキーの識別可

モードの変更方法について

モードの変更方法

  • ファンクションキー1押すごとに、設定できる機能が切り替わる
  • 1押すごとに「」→「」→「」→「」→「白」→「 or 」と切り替わる
  • 設定したい機能(色)の時に、ファンクションキー3押すと、設定内容を変更できる

ステータスライトの色と設定内容(概要)

ステータスライト ファンクションキーの操作
1回押す
3秒押す
設定できる機能
青色 24時間以内のポケモン捕獲数と
ポケストップを回した回数をアナウンス
捕獲数と回転数の
リセット
黄色 通知音の音量設定 音量がOFFの順に
切り替わる
紫色 振動機能の設定 振動機能のONOFF
緑色 実況の設定 実況のONOFF
白色 図鑑未登録ポケモンの捕獲設定 捕獲設定のONOFF
緑色 接続状態の通知 未接続 スリープモードの
ON/OFF
紫色 接続中
に点滅 スリープモード
に点滅 スリープモード解除

ステータスライトの色と設定内容(詳細)

ポイント

1P ファンクションキー」と「2P ファンクションキー」は個別別々設定可能

青色】捕獲数とポケストップ回転数のアナウンス

デュオモン_ステータスライトと機能-青色

ファンクションキーを1押すと、LEDステータスライトが青色に光り、

24時間以内にデュオモンから取得したポケモンの捕獲数と、ポケストップを回した回数を音声でアナウンスしてくれる。

LEDステータスライトが青色の状態で、ファンクションキーを3押すと、ポケモンの捕獲数とポケストップを回した回数をリセットできる。

黄色】通知音の音量設定

デュオモン_ステータスライトと機能-黄色

LEDステータスライトが青色の時に、ファンクションキーを1押すと、LEDステータスライトが黄色に切り替わり、

通知音の音量設定をアナウンスしてくれる。

LEDステータスライトが黄色の状態で、ファンクションキーを3押すと、通知音の音量が、

」→「」→「OFF」と切り替わる。

紫色】振動機能の設定

デュオモン_ステータスライトと機能-紫色

LEDステータスライトが黄色の時に、ファンクションキーを1押すと、LEDステータスライトが紫色に切り替わり、

振動機能の設定をアナウンスしてくれる。

LEDステータスライトが紫色の状態で、ファンクションキーを3押すと、

振動機能の「ON」→「OFF」を設定できる。

緑色】実況機能の設定

デュオモン_ステータスライトと機能-緑色

LEDステータスライトが紫色の時に、ファンクションキーを1押すと、LEDステータスライトが緑色に切り替わり、

実況機能の設定をアナウンスしてくれる。

LEDステータスライトが紫色の状態で、ファンクションキーを3押すと、

実況機能の「ON」→「OFF」を設定できる。

【白色】図鑑未登録ポケモンの捕獲設定

デュオモン_ステータスライトと機能-白色

LEDステータスライトが緑色の時に、ファンクションキーを1押すと、LEDステータスライトが白色に切り替わり、

図鑑未登録ポケモンの捕獲設定をアナウンスしてくれる。

LEDステータスライトが白色の状態で、ファンクションキーを3押すと、

当該ポケモン捕獲設定の「ON」→「OFF」を設定できる。

この機能をOFFにした場合、手動でGETするか、当該ポケモンが消滅するまで通知は続けてくれる。

緑色 or 紫色】接続状態の通知とスリープ設定

LEDステータスライトが白色の時に、ファンクションキーを1押すと、

ポケモンGOアプリと未接続だった場合は、LEDステータスライトが緑色に切り替わり、

未接続中とアナウンスしてくれる。

ポケモンGOアプリと接続中だった場合は、LEDステータスライトが紫色に切り替わり、

接続中とアナウンスしてくれる。

この状態で、ファンクションキーを3押すと、

スリープモードの「ON」→「OFF」を設定できる。

スリープモードをONにすると、LEDステータスライトが赤色に点滅し、

スリープモードをOFFにすると、LEDステータスライトが緑色に点滅する。

スープモードにすると、接続はできなくなる。

ステータス確認

ペアリングと接続ステータス

ステータスライト
状態 音声 振動
に点滅
電池残量不足 バッテリーが低下
バッテリーを交換して下さい
なし
緑色 待機中 なし シングル
振動2回
接続中断 接続が切断されました
紫色 接続成功 なし なし
弁論のザドキエル

電池残量が少なくなると、通知設定をONにしている場合、音声で電池残量不足を数秒ごとに通知する。この音声通知は30分後に停止するが、ステータスライトはに点滅し続ける

ゲーム中のステータス

ステータス
ライト

状態 音声 振動
青色 ポケストップ発見 なし なし
緑色 ポケモン発見 なし なし
黄色 図鑑未登録の
ポケモン発見
ポケモンを発見しました なし
白色 捕獲中 なし なし
赤色 ポケモン逃走 なし なし
虹色 捕獲成功 なし なし
アイテム回収
白色 アイテム満タン 道具がいっぱいです ダブル
振動3回
赤色 モンスターボール
不足
モンスターボールが
なくなりました
トリプル
振動3回
ポケストップ遠い なし シングル
振動2回
ポケモンBOX満タン ポケモンBOXが
いっぱいです
ネット回線異常 ネット回線異常

Bluetooth接続に関する仕様について

自動タイムアウトについて

  • Pokémon GO Plus」の仕様で、ポケモンGOとの連続接続時間は1時間”となる。1時間ごとに自動的タイムアウトするため、1時間以上プレイする場合は再接続必要
  • Bluetooth Low Energy非対応スマホスリープ状態になると、35分で自動的タイムアウトする。

これらは、ポケモンGO側の仕様や、Bluetoothの仕様のため、素直に1時間経ったら再接続する習慣を身につける他ない。

弁論のザドキエル

1時間経つ前にポケモンGO(アプリ)側で手動切断後、すぐに再接続すれば、デバイス側の本体操作不要で繋げることも可能。

ただし、端末の相性や、環境により再現できない場合もある点には注意。

また、Bluetooth製品の使用する2.4GHz帯は、Wi-FiISMバンド(電子レンジなど)で多用される周波数帯のため、相互干渉や混信が発生しやすい。

すぐに接続が切れる場合は、電波干渉が起こってないか確認し、Wi-Fiとの同時接続を自粛したり、5GHz帯のWi-Fiを使用するなど、ユーザー側での対策が必要だろう。

弁論のザドキエル

デュオモン」は、手動切断などの操作をせずとも、デバイス側操作不要再接続ができる。(10分以内に再接続しない場合は待機モードとなる)

総括

使用感

デュアルキャッチモン」は初代から完成度の高いシリーズだが、

デュオモン」は順当に正統進化しており、引き続き、オートキャッチデバイスを使うなら、第一の選択肢に挙がってくる。

デュオモン」から搭載された音声ガイド機能は、

職場や学校などで暴発すると厄介な機能ではあるが、

ちゃんとポケ活中に使っている限りでは、大変便利な機能であることも確か。

特に、「おさんぽおこう」中に雑魚ポケ捕獲は「デュオモン」に自動捕獲を任せて放置し、

図鑑未登録ガラル三鳥が出現したら音声で知らせる設定にしておくといった使い方ができる。

また、1時間で接続がタイムアウトしてしまう仕様も、

切断時に音声で知らせる設定にしておくことで、タイムアウトからの再接続も速やかに対応できるため、機会損失を最小限に抑えることができる。

このように、痒いところに手が届く進化が随所に施されているため、

ガチ勢には、ぜひ一度、手に取って体験してもらいたい。

とはいえ、公式デバイスではないため、使用は自己責任の点は注意。

歩きスマホを防げる価値

筆者の見解としては、公式か非公式かなど、些末さまつな問題でしかない。

そんなことより、ポケモンGOをプレイする上で、

間違いなく歩きスマホ防止に一役買っているデバイスに対し、

安易に「非公式は問答無用で悪!」のような短絡的な主張で、非公式デバイスを十把一絡じっぱひとからげに非難する風潮には疑問をいだいている。

実際に、生身なまみの人間移動が伴うポケモンGOというゲームは、

一般的なゲームのような仮想空間だけでは完結しない。

リアルな現実空間舞台一部である以上、

現実社会への迷惑悪影響は、

絶対阻止しなければならない。

「じゃあ、公式デバイスだけ使えばいい」という、意見もあるが、

理想論だけでは、残念ながら歩きスマホを減らすことはできない。

肝心の歩きスマホをしてしまうユーザーへ、

届かなければ意味がないのだ。

世界屈指のアクティブユーザー数を誇るポケモンGOには、

文字通り、億単位で様々な人間が存在している。

全員が全員、規律を遵守し、真面目にゲームをプレイする人間ばかりではない。

また、デザインが子供っぽかったり、ボタンを押さなければGETできない公式デバイスでは、訴求できない者へも、

デザインや機能が豊富なオートキャッチなら「使ってみよう」と思う者は確実に存在する。

そういった者へも届く(訴求できる)ことがサードパーティの強みでもある。

動機が不純であろうと、運営非公式デバイスであろうと、

人命に関わる歩きスマホ阻止できる意義の方が、はるかに大きい。

歩きスマホをするくらいなら、後ろめたくとも非公式デバイスを使っていた方が現実社会への迷惑は減る。

筆者の見解としては、公式、非公式、問わず、一人でも多くの歩きスマホが減らせれば、それでよい。

Summaryカード用_ポケモンGO_PvP環境-歴史年表2205

PvP環境の歴史【GBL年表】

対人戦(PvP)では、起用されるポケモンの流行り廃りにより“環境”が形成される。この環境…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_オートキャッチ_自動捕獲

「オートキャッチ」おすすめ徹底比較(GO-TCHA)

オートキャッチ(GO-TCHA)とゴープラ徹底比較!オートキャッチ(GO-TCHA)の使…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_ポケットオートキャッチ2_REVIVER

「ポケットオートキャッチ2」のレビュー&使い方(限定版メテオ・ディア含む)

「ポケットオートキャッチ」に、待望の次世代機が登場した。その名も「ポケットオートキャッチ…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_ポケットオートキャッチ-Watchic-225s

「ポケットオートキャッチ3」のレビュー&使い方

「ポケットオートキャッチ3」は「USB直挿し充電」やフルカラーディスプレイ、時計表示など…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_247キャッチャー

「247キャッチャー」のレビュー&使い方

「247キャッチャー」の最大の特徴は、オートキャッチ機能は勿論もちろん、スクリーンタップ…

続きを読む

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2022 Niantic, Inc. ©2022 Pokémon. ©1995-2022 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。

    この記事の評価をお願いします
    当センターのサービスに興味はありますか?(簡易アンケート)
    誤情報の修正報告、ネタのタレコミ等(自由記入欄)
    当センターの利用規約及びプライバシーポリシーに同意の上、送信下さい。
    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    -ポケモンGO
    -,