マンガ・アニメ・ゲーム等の学術研究機関

カウンターカルチャー弁論センター

ポケモンGO_実質100ポケモン_種族値_個体値_実数値S

ポケモンGO

【ポケモンGO】強さへの探求!実質100%ポケモン【種族値・個体値・実数値】

今回はポケモンGOで、ポケモンの“強さ”を決定している要素である、

“ステータス”について、

種族値・個体値・実数値という3種類のパラメータまで分解し、基礎から解説していきたいと思う。

これらのステータスについての基礎知識が理解できれば、ジム戦やレイドバトルで有利な個体厳選や、

対人戦(PvP)で強い個体厳選、

また、実際には97.8%の個体でも、実戦では100%(FFF)個体と強さの変わらない

“実質100%”個体が、見分けられるようになる。







関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦時代の最強個体厳選論S
対人戦(PvP)時代の最強個体厳選論(CP基礎知識)

対人戦のCP制限リーグでは「PL」「種族値」「個体値」の差は強さに違いがあるのか?個体値「FFF」と「0FF」ではどちらが有利なのか?最強個体厳選論!

続きを見る

関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_CP1500リーグ-3期s
スーパーリーグ(CP1500以下)おすすめ最強ポケモン

“CP1500”以下のポケモンのみ出場可能なスーパーリーグ。最終的にはタイプ相性のジャンケン勝負に帰結するため、最低限のポイントさえ押さえれば...

続きを見る




種族値・個体値・実数値

種族値

2018年11月15日(木)早朝、ポケモンGOにおいて、大きなCP調整が行われた。

ポケモンGOでは、原作の種族値から独自の変換式を用いてポケモンGO用の種族値を算出している。

今回のCP調整の実態は、この原作からの種族値変換式にテコ入れが行われた。

そもそも、種族値とは、ポケモンの種族固有の能力値のことである。

具体的には、ポケモンの種族固有の「攻撃値」「防御値」「HP値」である。

例えば、ピカチュウとイーブイでは、ビジュアルが違うことからも分かるように種族が違う。

また、ピカチュウとライチュウでは同じ進化系統で強化のアメも共通だが、種族は異なることになっている。種族の違いとは、ざっくりと“図鑑No.の違い”という認識で大きな相違はない。つまり、ピカチュウとライチュウとイーブイでは種族値はすべて異なることになる。

このようにポケモンの種族(図鑑No.)固有の能力値を“種族値”という。

ポケモンGO_プレイ日誌_画像用_種族値

メモ

※同じ種族でもリージョンフォームやフォルムにより種族値が異なるケースがある。
(例.1)図鑑No.26のライチュウと通称アローラライチュウ(アローラのすがた)は同じ種族だが、種族値は異なる。
(例.2)図鑑No.386のデオキシスはアタックフォルムとディフェンスフォルムで種族は同じだが、種族値は異なる。

個体値(IV)

種族値は種族固有の能力だと説明したが、もう少し噛み砕いて表現すると、その種族が有する各能力の最低保証値とも換言できる。

ピカチュウの種族値は攻撃112防御96HP111だが、ピカチュウという種族であれば攻撃値は最低112が保証されているということだ。

つまり、ピカチュウという種族の場合、攻撃値が112を下回ることはない。

逆に、ピカチュウという種族の中に、攻撃の才能に恵まれた個体がいた場合、その個体は攻撃値112を上回る可能性がある。

このような才能の振れ幅を数値化したものが“個体値”である。

この才能の振れ幅には0~15までの16段階存在し、ポケモンの個体固有の才能、個性を決定付ける要素となっている。

ポケモンGO_プレイ日誌_1画像用_ザドキエルなし_個体値について

個体値(IV)の16進数表記

個体値には前述のように0~15までの16段階の振れ幅がある。

しかし、個体値は“隠しパラメータ”となっているため、個体値を特定するにはジムリーダーからの評価を参考にしたり、個体値を調べるアプリやWEBサービスなどを利用する必要がある。

この、一度調べた個体値は、ポケモンの名前欄をリネームしてメモしておくのが一般的だが、その時に10進数でメモをすると個体値10以上をメモするのに名前欄のスペースを2けた消費してしまう。

これが16進数で表記すると0~15まですべての個体値を一桁ひとけたでメモが可能となる。

名前欄は文字数が有限のため、マニアの多くは個体値を16進数でメモしている。

ポケモンGO_プレイ日誌_1画像用_個体値_10進数_16進数

個体値(IV)の%表記

ポケモンGOには「攻撃」「防御」「HP」の3つの能力値が存在する。

この3つの能力が個体値最高評価(F評価)だった場合、

  • 「攻撃」+15
  • 「防御」+15
  • 「HP」+15

合計+45能力値が上昇することになる。

この状態(FFF個体)を完全体(100%)とした場合の相対評価として%表記を用いることがある。

例えばFAA個体の場合は能力の上昇値が合計+35のため、FFF個体(100%)と比較して、77.8%の完成度(FFF個体よりも-22.2%能力値減)なんだと直感的に強さの比較が可能となる。

  • FFF個体【45/45】100%
  • FAA個体【35/45】77.8%

実数値(ステータス)

種族値、個体値の基礎知識はあらかた共有できたかと思うが、先程の能力値がそのままバトルで使用されるわけではない。

ポケモンGOでは強化レベル(PL)と呼ばれる育成要素があり、「ほしのすな」と「ポケモンのアメ」を消費することで、PLを上げることができる。

同じ種族、同じ個体値のポケモンでも強化レベル(PL)により、強さが異なるというわけだ。

2018年11月現在、ポケモンの強化レベルはPL40が最大となっている。

ポケモンGO_プレイ日誌_1画像用_強化レベル

※小数点以下切り捨て(便宜上)

種族値と個体値をベースに、ポケモンの強化レベルに応じて最終的な能力値が決定される。

この強化レベルを反映させた最終的な能力値を実数値(ステータス)という。

ポケモンGOのゲーム内で目視できる実数値はHPのみで、攻撃と防御の実数値は隠しステータスとなっている。

実際のバトル時にダメージ計算で参照されるのはこの実数値のため、ポケモンの強さは実数値で決まる。

CPM(Combat Power Multiplier)

強化レベルは別名ポケモンレベル(PL)とも呼ばれており、レベル1の状態ではその種族本来の能力値を、完全には発揮できていない(能力値に大きな制限がかけられている)状態だといえる。

ポケモンレベルが上昇する度に、そのポケモンの種族本来の能力値に近づいていく(能力値にかけられた制限が緩和されていく)イメージだ。

PL1のピカチュウよりもPL40のピカチュウの方が、ピカチュウという種族本来の能力値に近いのはそのためだ。

この強化レベルに応じて実数値を決定しているのが、PLごとに設定されているCPM(レベル定数)である。

  • PL1CPM0.094(その種族本来の9.4%の能力しか発揮できない)
  • PL40CPM0.79030001(その種族本来の79%の能力が発揮できる)

以上のことからも分かるように、PLは最大まで上げた方が、ポケモンは強くなる。

ただし、強化レベル後半になるにつれて、費用対効果が低くなるのは否めない。

能力値の上昇量よりも、投下する「ほしのすな」と「ポケモンのアメ」の消費量が目立つようになるからだ。

コスパをとるか、強さへの探求をとるか?

ちなみに筆者的にはコスト度外視で“強さへの探求一択”である。



実質100%ポケモン

実質100ハピナス図表_Sまずは上記の画像を見てほしい。

個体値(IV)が97.8%のハピナスをPL40まで育てる場合、

  • 攻撃欠け(EFF)個体
  • 防御欠け(FEF)個体
  • HP欠け(FFE)個体

どのパターンの個体を育成すべきだろうか?

結論は既に画像内でも言及しているが、これまでの基礎知識を踏まえ、以下、順を追って、詳細な解説をしていく。

個体値(IV)97.8%のハピナスの実数値(PL40)のパターンを列記すると

攻撃欠け(EFF)個体
攻撃力実数値 113.01290143=(129+14)×0.79030001
防御力実数値 145.41520184=(169+15)×0.79030001
HP実数値 403.84330511=(496+15)×0.79030001
防御欠け(FEF)個体
攻撃力実数値 113.80320144=(129+15)×0.79030001
防御力実数値 144.62490183=(169+14)×0.79030001
HP実数値 403.84330511=(496+15)×0.79030001
HP欠け(FFE)個体
攻撃力実数値 113.80320144=(129+15)×0.79030001
防御力実数値 145.41520184=(169+15)×0.79030001
HP実数値 403.0530051=(496+14)×0.79030001

この実数値がダメージ計算で実際に参照される数値なわけだが、攻撃力と防御力に関しては小数点以下まで含めて計算対象となる。

つまり、個体値が“1”違うだけでも条件によって計算結果が変わる可能性がある。

あらゆる条件下でも、最高のパフォーマンスを得ようとするならば、攻撃個体値と防御個体値は一切妥協できないことになる。

しかし、HPだけは例外で、小数点以下切り捨てされた値が計算対象となる。

HP個体値F(15)個体
HP実数値 403.84330511
HP個体値(14)個体
HP実数値 403.0530051

つまり、FFF(100%)の個体とFFE(97.8%)の個体で、実数値が同一になるケースがあるということだ。

これが、”実質100%個体”である

実質100%個体が存在する強ポケ(一例)

ポケモンGO_プレイ日誌_1画像用_実質100リスト

  • ハピナス(FFE)実質100%
  • ミュウツー(FFE)実質100%
  • アーマードミュウツー(FFE)実質100%
  • カイオーガ(FFE)実質100%
  • グラードン(FFE)実質100%
  • エレキブル(FFE)実質100%
  • ブーバーン(FFE)実質100%
  • ラムパルド(FFE)実質100%
  • ホウオウ(FFE)実質100%
  • ディアルガ(FFE)実質100%

これらのポケモンはFFF(100%)個体とFFE(97.8%)個体で、実数値が同一のため、

FFE(97.8%)個体を“実質100%個体”として利用可能。

実質100%個体が存在しない強ポケ(一例)

ポケモンGO_プレイ日誌_1画像用_実質100なしリスト

  • ラッキー(FFFのみ)
  • カイリキー(FFFのみ)
  • カイリュー(FFFのみ)
  • バンギラス(FFFのみ)
  • メタグロス(FFFのみ)
  • レックウザ(FFFのみ)
  • ライコウ(FFFのみ)
  • サンダー(FFFのみ)
  • ファイヤー(FFFのみ)

これらのポケモンはFFF(100%)個体とFFE(97.8%)個体で、実数値が異なるため、

“真の100%(FFF)個体”しか実数値がMAXのパターンは存在しない。

防御欠けハピナス【FEF(97.8%)】の悲劇

Pokémon GO_2018-11-18-22-02-26ポケモンGOにおいて、攻撃力が最優先ステータスなのは周知の事実であるが、防御力とHPについてはあまり言及されてこなかった。

しかし、実際にはFEFFFEかで、はっきりと命運が分かれる。

片や97.8%、片や実質100%。

この差は大きい。なぜなら、PL40まで育成するためには大量の「ほしのすな」と「ポケモンのアメ」を投資する必要があるからだ。

同じ97.8%なら、明らかに実質100%個体へ投資すべきだろう。

総括

強さへの探求ということで、PL40が前提となってしまったが、FFE(97.8%)個体でも、ポケモンの種類によっては実質100%として代用可能なのは、手駒を充実させるためには有益な情報であったと思う。

特にFEF個体とFFE個体、両方所持していてどちらをMAX強化しようか迷っていた場合は、一度計算してみることをオススメする。

ただし、これは今回実施された種族値変換式に基づくもので、今後また計算式が変わった場合、実質100%が実質100%でなくなるリスクはどうしても否めない。

こればかりはスマホゲームの宿命のため、環境に合わせて臨機応変に対応して行く他ない。







 

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。

-ポケモンGO
-,

Copyright© カウンターカルチャー弁論センター , 2019 All Rights Reserved.