Summaryカード用_ポケモンGO_スマホホルダー_ステンレスs

ポケモンGO

【ポケモンGO】スマホホルダー(ステンレス伸縮アーム)の使い方とレビュー【カタログ】

スマホホルダー-ステンレスアーム-開封直後

ポケモンGOは基本、徒歩で遊ぶことを前提としたゲームである。

とはいえ、ガチろうと思ったら、徒歩のみでは効率が悪い。

より速く、楽に、効率化できる手段として、自転車、原付、自動車など、

色々、思いつくが、一応、自動車や原付に比べれば、動力源が“人力”という意味で、

運営のコンセプトをギリギリ守りつつ、

飛躍的にポケモンGOの、プレイの幅を広げられるのが“自転車”だといえよう。

ちなみに都内でのポケ活の場合、輪行袋に収納可能な折り畳み自転車なら、

電車内へ自転車を持ち込めるようになり、

実質、都内“最強の機動力”となり得る。

当たり前だが、自転車でのポケ活時は、スマートフォンの固定が必須。

間違っても、スマホを手に持って片手運転などはしないように。

このスマホ固定問題の解決策の一つが、“スマホホルダー”となる。

今回は、ステンレス伸縮アーム型のスマホホルダーの検証をしたい。

  • スマホホルダー-リンクボタン-カタログ
  • スマホホルダー-リンクボタンシリコン型
  • スマホホルダー-リンクボタン-ステンレスタイプ
  • 便利グッズ-リンクボタン-商品レビュー


「スマホホルダー」カタログ

スマホホルダー(シリコンタイプ)

シリコンタイプはフリーサイズでスマホのサイズを選ばず、自転車からの振動も吸収してくれ、固定力がしっかりしているため、スマホが吹き飛ぶリスクが低い。

更に、機械的構造がないためスマホホルダー自体が壊れにくい。

詳細レビューは下記参照

スマホホルダー(ナイロンタイプ)

シリコンタイプのスマホホルダーは、前述のようにメリットが多いが、

唯一のデメリットが、スマホとホルダーの着脱が若干手間な点。

スマホとホルダーの着脱のしやすさを最重要視する場合は、こちらのスマホホルダーの方が優れている。

スマホホルダー(ステンレスタイプ)

ナイロンタイプのアーム部分を、より丈夫なステンレスへ改良した最新型。

他にも伸縮アームの仕掛けが、手動回転ギヤから、自動収縮に利便性が向上していたり、

伸縮アームが走行中に緩まないよう、機械的にロックできるスイッチが搭載された。

詳細レビューは下記参照

「シリコンタイプ」レビュー

 対応スマホサイズ 4~6インチ
 取付可能バーサイズ 22mm~38mm

シリコンタイプ最大の特徴は、機械的な構造が存在しないため、

スマホホルダー自体の故障リスクが非常に低いこと。

すなわち、自転車の走行中に、ホルダー故障による脱落リスクが極めて低いといえる。

また、素材がシリコンのため、スマホを傷つける心配がなく、

自転車からの振動もシリコンが吸収してくれる。

スマホホルダーが汚れたら、水で丸洗いできる点も良い。

だが、頻繁に自転車からスマホホルダーを着脱したり、

スマホ自体をスマホホルダーから着脱する手間は若干面倒。

本体外観

スマホホルダー-シリコンタイプ-外観

スマホ装着時

スマホホルダー-シリコンタイプ-スマホ装着

ホールド力が強く、自転車の走行中に脱落する可能性は非常に低い。

取付サイズ変更

スマホホルダー-シリコンタイプ-バーサイズ変更

ベルト部分を穴に通すことで、バーやハンドルなどへの取り付けサイズを変更できる。

「ステンレスアームタイプ」徹底レビュー

 対応スマホサイズ 4.5~7インチ
 取付可能バーサイズ 22mm~32mm
  • ステンレス製伸縮アーム
  • アーム自動収縮
  • ロックスイッチ搭載

開封の儀

パッケージ外観

スマホホルダー-ステンレスアーム-箱

付属品

スマホホルダー-ステンレスアーム-付属品

  • スマホホルダー本体
  • 取付器具
  • ゴムパッド
  • スポンジパッド
  • 取扱説明書(英語)

スマホホルダー本体

スマホホルダー-ステンレスアーム-本体

写真はアームを伸ばしてロックしている状態。

最大7インチまでの、比較的大型スマホにも対応する。

スイッチ

スマホホルダー-ステンレスアーム-スイッチ

赤いスイッチを「open」にすると、自動収縮する。

アームを伸ばしてからスイッチを「close」にすることで、任意の長さで固定が可能。

スマホを装着したらスイッチを「close」にする癖をつけておけば、

自転車の走行中にスマホが脱落するリスクを減らせる。

取付器具(ゴムパッド付属)

スマホホルダー-ステンレスアーム-取付器具

スマホホルダー本体を、自転車のハンドルやバーへ取り付ける器具。

サイズ調節用のゴムパッドが付属するため、

ハンドルやバーの直径が、約22mm~32mm以内であれば問題なく取付可能。

スポンジパッド

スマホホルダー-ステンレスアーム-スポンジパッド

スポンジパッドが3付属する。

裏面が両面テープになっており、スマホホルダー本体へ貼ることが可能。

自転車走行中の振動を吸収したり、滑り止め、高さ調整などに利用できる。

スポンジパッド貼付

スマホホルダー-ステンレスアーム-スポンジパッド-貼った

スポンジパッドを貼付した状態。

組み立て

step
1
ネジを外す

スマホホルダー-ステンレスアーム-組み立て-ネジ外し

スマホホルダー本体の裏面中央にあるネジを外す。

step
2
取付器具を取り付ける

スマホホルダー-ステンレスアーム-組み立て完了

ネジを外した箇所へ取付器具を通し、ネジを締めて組み立て完了。

ネジを緩めて、スマホホルダーを任意の角度に調節し、ネジを締めれば固定できる。

縦画面での使用、横画面の使用など、かなり自由度が高い。

使用感

自転車に装着-下からs

自転車に装着-上からs

筆者は、スマホホルダーにシリコンタイプのものを長らく使用していた。

シリコンタイプのスマホホルダーは、機械的な構造がなく、スマホホルダー自体が壊れにくいのと、

自転車からの振動をシリコン素材が適度に吸収してくれるため、

スマホホルダーとして、結構、気に入っていたのだが、

唯一の不満点として、スマホホルダーからのスマホ着脱にわずらわしさを感じていた。

やはり、スマホは、常に肌身離さず持ち歩くアイテムのため、

それ相応の頻度で、着脱せねばならない。

着脱のしやすさは、スマホホルダーの機能として、かなり重要な評価ポイントだといえる。

この、ステンレスアーム自動収縮タイプのスマホホルダーは、

非常に着脱しやすい構造になっており、

アーム部分を手動で広げれば、すぐにスマホを外すことができる。

スマホを装着する際は、アーム部分を手動で広げ、手を離せば、

自動で収縮してスマホを固定してくれる。

スマホホルダー背面にあるスイッチを「close」にすれば、

完全にアームがロックされ、振動などでアームが緩む心配もない。

ボールジョイントのネジを調整することで、

スマホの画面を好きな角度に調整できる点も使い勝手が良い。

取付スペース拡張アイテム

自分の自転車に、スマホホルダーを取り付けるスペースがない場合は、

取付スペースを拡張できるアクセサリーが便利。

輪行バッグ

電車内へ自転車を持ち込む際に必要な輪行袋。

折り畳み自転車などを輪行袋の中へ収納し、電車内へ持ち込む。



Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。




 \ この記事はどうでしたか? /

-ポケモンGO
-

© 2021 カウンターカルチャー弁論センター