ポケモン図鑑_サムネイル_ブラッキーr

メニュー

ポケモン個別解説

【ポケモンGO】ブラッキーのPvP考察(おすすめ技と理想個体値)

PR

ブラッキーの基本性能

図鑑No.0197種族値SCP
ブラッキー攻撃126GBLロゴアイコン_CP500以下リーグ615
防御240GBLロゴアイコン_スーパーリーグ1860
HP216GBLロゴアイコン_ハイパーリーグ2927
合計582GBLロゴアイコン_マスターリーグ2927

ブラッキーの弱点と耐性

弱点耐性
かくとうかくとう
×1.600
むしむし
×1.600
フェアリーフェアリー
×1.600
エスパーエスパー
×0.391
ゴーストゴースト
×0.625
あくあく
×0.625

ブラッキーの覚える技

通常技DPTEPT威力ゲージ時間
バークアウト2.004.336.0+133
だましうち3.603.007.2+62
ゲージ技威力ゲージDPE
とっておき*90-551.64
サイコキネシス*75-551.36
イカサマ84-451.87
あくのはどう96-501.92

*は限定技(※レガシー技等含む)

バフ・デバフ効果
バフデバフ技対象相手対象stat倍率確率
サイコキネシス相手防御0.8倍10%
¥10,300 (2024/03/16 01:44時点 | Amazon調べ)

ブラッキーの個体値厳選

理想個体値(SCP1位)

CupsIV攻撃防御HPPLCPSCP
LC3FF51.54101.89929499615
SL0FF88.27178.6416127.515001860
HLFFF119.19215.551955124452927
ML40FFF111.43201.531824021372556
ML41FFF112.14202.81834121642587
ML50FFF118.48214.281945024162894
ML51FFF119.19215.551955124452927

各種レギュに於ける理想個体値の補足

  • GBLでのCP500以下レギュレーションでは、CP制限以外にも出場条件が設定されるケースが多いため、実際には参戦できない場合あり
  • 野生出現しないポケモン(リワード産やレイド産限定)や、トレードに制限のあるポケモン(伝説や幻のポケモンなど)は、最低PLや最低個体値が条件に応じて適用されるため、その範囲内での理想個体値となる
  • 上記条件などにより、入手時点でCPがCP制限を超えてしまい、理想個体値が存在しない場合は"-"と表示
  • 理想個体値(SCP1位)が複数存在する場合は、個体値の総和が最大のものを代表として表示
  • マスターリーグでは、通常マスター(PL50)+相棒ブースト適用(PL51)と、MLクラシック(PL40)+相棒ブースト適用(PL41)毎にSCP表示

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

スーパーリーグでも優秀だったブラッキーが、ハイパー環境へも殴り込み可能となった。

PL50まで「MAX強化+最高の相棒」によるCPブーストをかけてもCP2500には届かないため、理想個体は必然的に個体値100%となる。

スーパーリーグでのステ積253SCP1860)、

ハイパーリーグでのステ積500SCP2927)越えと、

PL50時代となり、ブラッキーの硬さが、ハイパー環境にもとどろく事態となった。

ハイパー環境には、レジスチルという耐久権化ごんげが存在するが、伝説のアメXL集めは、まだまだ地獄の難易度を誇る(GBLシーズン6時点)ため、

近場に時給の良いイーブイの巣があるなら、

ブラッキーほどコスパの良い「超耐久型PL50」ポケモンは存在しない

ハイパー用は最高の相棒推奨

ハイパーリーグ用のブラッキーは最高の相棒

ブラッキーをハイパーリーグで使う場合は、ミラー対面や汎用性などを考慮しても、最高の相棒にしておいて損はないだろう。

特化厳選

スーパー環境ミラー用厳選

指定されたポケモンの情報が見つかりません。

GBLシーズン17時点での環境に基づいて解説

弁論のザドキエル
弁論のザドキエル

特化厳選の実情は、パーティ立ち回りセットデザインする側面が強いため、厳選には答えがないというのも、一つの答えとなる。

特化厳選の実情

よく、有用な特化厳選(かつての2チルなど)が発見されると、その特化厳選が界隈かいわいで一時的に流行るが、話題になっているからといって、安易に飛びつくのは推奨しない。

明確な戦略もなく闇雲に特化厳選個体を使っても、(特化厳選の)コンセプトが分からず、使いこなせなければ、

ただSCPの低いだけの個体に成り下がり、せっかく苦労して厳選した個体なのに、倉庫番になってしまう可能性が高い。

更に、仮想敵やミラーに対する特化厳選は、シーズン毎の各種バランス調整環境変化ブレークポイント変わる可能性がある点にも注意したい。

特化厳選に関しては、一度、厳選したらそれで終わりという世界ではなく、環境が変わるたびに作り直すのが前提となる。

厳選は一度で終わらせたい場合や、あまり細かい事は深く考えずに、汎用的に使いたいのなら理想個体値SCP1位を使っておく事をオススメする。

あわせて読みたい

Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦時代の最強個体厳選論2205s
【ポケモンGO】PvP(対人戦)時代の最強個体厳選論!!

対人戦のCP制限リーグでは「PL」「種族値」「個体値」の差は強さに違いがあるのか?個体値…

Summaryカード用_ポケモンGO_PvP環境の変遷-GBL年表r
PvP環境の歴史【GBL年表】

PvP黎明期から最新シーズンまでの歴史をGBL年表として記録。GBLの戦いの歴史がここに…

ブラッキーの型(技セット)考察

ブラッキーの技1回数とCT比較

1位ブラッキーの画像技1バークアウト技1回数3.5
技2イカサマCT10.38
2位ブラッキーの画像技1バークアウト技1回数3.8
技2あくのはどうCT11.54
3位ブラッキーの画像技1バークアウト技1回数4.2
技2とっておきCT12.69
3位ブラッキーの画像技1バークアウト技1回数4.2
技2サイコキネシスCT12.69
5位ブラッキーの画像技1だましうち技1回数7.5
技2イカサマCT15.00
6位ブラッキーの画像技1だましうち技1回数8.3
技2あくのはどうCT16.67
7位ブラッキーの画像技1だましうち技1回数9.2
技2とっておきCT18.33
7位ブラッキーの画像技1だましうち技1回数9.2
技2サイコキネシスCT18.33

型(技セット)の補足説明

2位ラグラージの画像技1マッドショット技1回数4.4
技2ハイドロカノンCT8.89
2位BOX整理-リストアイコン-メルメタル技1でんきショック技1回数4.4
技2ばかぢからCT8.89
弁論のザドキエル
弁論のザドキエル

図表の「技1回数」の数値は、各型のゲージ技を撃つのに必要な通常技(技1)回数。

図表の「CT」の数値は、各型のゲージ技を撃つのに必要なターン数。

技1回数の周期について

例えば、ラグラージの「マッショカノン型」の場合、マッドショットを4.4回撃つとゲージ技(技2)発動に必要なゲージが貯まりハイドロカノンを撃てる。

実戦では小数点以下の回数でゲージ技を撃てないため、1発目のハイドロカノンを撃つにはマッドショット5回が必要。

以降、実戦での技1回数は「5、4、5、4、5…」という周期となる。

型の性能はCTで比較する

CT(チャージターン)は、単体でこの数値を見てもあまり意味がなく、他の型(技セット)との性能を比較する際に役立つ。

例えば、メルメタルの「でんショばかぢ型」はCTが、ラグラージの「マッショカノン型」と同じ8.89のため、ゲージ技発動が同じタイミング、つまり同発になることが分かる。

このように、型(技セット)同士のCTを比較することで、どちらの型の方が先制できるのか、また、回転はどちらの方が早いのか、等が判断しやすい。

GBLシーズン17時点での技性能で用語解説

テンプレの型

回転重視型

1500-ポケボタン-ブラッキー
  • バークアウト
  • とっておき
  • イカサマ
通常スーパー

まず、ゲージ枠の1つはとっておき確定。

ミラー戦や、苦手なマリルリ対面など、わざ範囲の狭さを少しでも解消するために必要不可欠。

ここから、性能の似通ったあく技の組み合わせを変えることで、ブラッキーの使い心地が変わってくる。

最もスタンダードな型が、「回転重視型」。

【GBL前】第4(2019年9月28日~)から実施されたバランス調整で、バークアウトゲージ貯め効率に優れた通常技へ強化された。

ゲージ消費の少ないイカサマと組み合わせることで、最速かつ、高回転率でゲージ技を連発できる。

細かくゲージ技を刻めるため、ゲージの抱え落ちリスクが低いのもこの型の特徴。

ただし、通常技の削り性能が非力のため、通常技で削り切れないといった隙が生じやすい弱点も抱える。

通常ハイパー

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

スーパーリーグでも優秀だったブラッキーが、ハイパー環境へも殴り込み可能となった。

ハイパー環境に多いシャドクロ型ギラティナAアナザーや、

Aアーマードミュウツーと、ブラッキーの対面さえ作れれば、かなり優勢に試合運びができる。

だが、これまた環境に多いクレセリアを、シールド2枚使わなければ突破できない事が判明。

エスパーに対して圧倒的有利なはずのあくタイプが、

クレセリアの耐久とムーンフォースの前には、ブラッキーといえど屈服してしまうという異常事態が起こってしまった。

当初の想定よりも、ブラッキーが活躍できていないのは、聖なるおまるクレセリアの所業だと言わざるを得ない。

ハイプレ

ハイプレ環境は、専用技を持つ御三家と、カウンター族の攻略が鍵を握るが、

ハイパー環境のブラッキーはこれらに勝てないため、かなり限定的な活躍となってしまう。

TDO型

1500-ポケボタン-ブラッキー
  • バークアウト
  • とっておき
  • あくのはどう
通常スーパー

「回転重視型」と比べ、ダメージ効率の良いあくのはどうを採用することで、理論上の総ダメージ量は、「TDO型」が上回る。

シールドを剥がした後の、耐久型同士で殴り合う場合は、「TDO型」にがあるといえるが、

「回転重視型」よりもゲージの抱え落ちリスクがわずかに上昇する。

また、通常技がバークアウトのため、「回転重視型」同様、通常技で削り切れないといった、隙が生じやすいのは共通の弱点。

技1削り(TDO)型

1500-ポケボタン-ブラッキー
  • だましうち
  • とっておき
  • あくのはどう
通常スーパー

通常技を、ゲージ貯め効率に優れたバークアウトから、

削り性能と、ゲージ貯め効率のバランスがとれただましうちに変えた型。

ゲージ技をあくのはどうにすることで、総ダメージ量も意識している。

この型の特徴は、通常技の削りにも期待できるため、この部分の隙は作りづらい。

ただし、ゲージの抱え落ちリスクは他の型より高いため、

理論通りの総ダメージ量に届かないケースも多く、立ち回りが甘いと中途半端な性能となってしまう。

技1削り(回転率)型

1500-ポケボタン-ブラッキー
  • だましうち
  • とっておき
  • イカサマ
通常スーパー

通常技をだましうち、ゲージ技をイカサマにすることで、

「技1削り(TDO)型」同様、通常技の削りを確保しつつ、ゲージの回転率も意識している。

最も、バランスのとれた型だが、理論上の総ダメージ量は、最も低い。

ただ、実戦では、心理的駆け引きの読み次第で、理論値は容易にひっくり返ってしまう。

理論上の総ダメージ量よりも、自分のプレイスタイルと相性の良い型、

使い心地で選んだ方が、余計なストレスを負わずに済むだろう。

¥12,700 (2024/03/11 22:44時点 | Amazon調べ)

ブラッキーの概要

PvP性能ポイント

「二重弱点」がない「超耐久型」

ブラッキーも、スーパーリーグのために作られたようなステータス比率をしており、防御力とHPの高さは、一際ひときわ、異彩を放っている。

黎明期環境では、手数重視のダメージ効率の低い3分割ゲージ技”が流行っていたため、ブラッキーの硬さに苦戦するトレーナーが続出した。

この硬さ正体は、「ステータスの積」がトリデプス匹敵する、

超耐久型ポケモンであるのが、その理由

トリデプスの方がはがねが入る分、耐性は多いが、ブラッキーには二重弱点存在しないため、万能型耐久ポケモンとして、の強さ半端はんぱない。

エスパーキラー

ブラッキーは、あくタイプ単体のため、エスパーに対して、二重耐性がある。

威力の壊れたねんりきを、大幅に軽減できるのは大きい。

ブラッキーのあく技も、エスパーに対して抜群で入るため、基本有利対面だが、スーパーリーグで活躍するエスパーは、

スリーパー、ミュウ、Dデオキシス、クレセリアと、

技が多彩で、思わぬ反撃カウンターを食らう可能性があるため、油断は大敵。

ヤミラミ封じ

引き先で出されるヤミラミは、厄介な存在だが、ブラッキーなら安全に追うことができる。

ヤミラミの強みであるシャドークローと、イカサマかげうちという「ヤミラミ基本の型」を完封できるため。

ただ、シャドウポケモン実装後は、そのシャドウポケモンをリトレーンした、Lライトヤミラミがおんがえしを覚えるので、Lライトヤミラミには要警戒。

入手・育成ポイント

入手可能な最低個体値

入手先最低PL最低IV組合せ
野生104096通り

コミュデイ対象

イーブイコミュデイ2回目

ブラッキーの進化前である、イーブイがコミュニティ・デイの対象で、厳選やアメ確保が容易い。

コミュ限わざとっておきは、PvP攻略の鍵を握る技のため、確実に作っておきたい。

もし、コミュデイを逃した場合は、手持ちの理想個体へ「すごいわざマシン」を使うか、

頼れるフレンドがいるなら、トレードでとっておき持ちを交換してもらうのもありだろう。

とっておきブラッキーは作るのが少々面倒なため、交換トレードを頼む場合は、フレンドにこうべを垂れる必要がある

 新コミュ限技サイコキネシス

2021年8月14~15日に、イーブイのコミュデイが復刻し、新たなコミュ限技サイコキネシスが授けられた。

限定技「とっておき」は必須

イーブイの進化系統は、基本、自分と同じタイプの技しか覚えることができない。

PvPいて、わざ範囲狭さは、

ミラー戦や、苦手タイプへの反撃カウンターに、支障をきたす可能性が出てくる。

ブラッキーも例外ではなく、とっておきがあるかないかで、ミラー戦や、苦手なマリルリ対面などで影響が出てくる。

新限定技「サイコキネシス」

2回目のコミュデイで授けられたコミュ限技サイコキネシスは、ダメージ効率はとっておきと同じだが、10%のデバフ効果が付随する分、若干、性能が良い。

とはいえ、あく技がメインのブラッキーにとって、サブウェポンとして汎用性があるのは、

やはり、とっておきだろう。

かくとうに一矢報いるという意味で、エスパー技サイコキネシスが撃てるのは打点となるが、

ミラーやバルジーナ対面、タチフサグマに何もできなくなるのは、万能の盾役として心許ない。

進化手順

図鑑登録後のブラッキー進化には、相棒にして10km歩いたり、に進化させるなど、多少のわずらわしさがある。

進化方法

  • 図鑑未登録の場合は、イーブイの名前を「Tamao」か「タマオ」にして進化(アメ25個)させればブラッキーとなる。
  • 通常は、イーブイを相棒にして「10km(相棒のアメ2個獲得後)」歩き、「(フィールドが夜背景)」に進化(アメ25個)させればブラッキーとなる。

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性)タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点
2.56
効果はばつぐんだ!(弱点
1.6
通常ダメージ(等倍
1
効果はいまひとつだ...(耐性
0.625
効果はいまひとつだ...(二重耐性
0.390625
効果はいまひとつだ...(無効
0.390625
効果はいまひとつだ...(耐性×無効
0.244140625

バフ・デバフ倍率

効果倍率バフデバフ
1段階目1.250.8
2段階目1.50.66666667
3段階目1.750.5714286
4段階目2.00.5

種族類型

種族類型ステータス比率特徴
耐久型攻撃防御HP
ステ積(SCP)が最大となり、ステータス上の強さは最強。攻撃実数値が最小のため、先制権は、ほぼない。
HPタンク攻撃防御HP
ステ積(SCP)は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。防御型と比較し、1ターン技などの攻撃間隔の短い技には優位だが、威力の高い通常技やゲージ技に対しては弱い。
防御型攻撃HP防御
ステ積(SCP)は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。HPタンク型と比較し、威力の高い通常技やゲージ技には優位だが、1ターン技など、攻撃間隔の短い技には弱い。
バランス型攻撃防御HP
ステ積(SCP)は低めのため、ステータス上の強さは弱め。攻撃実数値は高めのため、先制できることが多い。
攻撃型防御HP攻撃
ステ積(SCP)が最小となり、ステータス上の強さは最弱。攻撃実数値が最大のため、ゲージ技をほぼ確実に先制できる。

厳選基準の詳細

厳選基準解説
理想個体SCP1位個体(全組合せ中、実数値の積が最大となる個体)
攻撃特化全組合せ中、攻撃実数値が最大となる個体
防御特化全組合せ中、防御実数値が最大となる個体
HP特化全組合せ中、HP実数値が最大となる個体
100内A特SCP100位以内に厳選された個体の中で、攻撃実数値が最大となる個体
100内B特SCP100位以内に厳選された個体の中で、防御実数値が最大となる個体
100内H特SCP100位以内に厳選された個体の中で、HP実数値が最大となる個体
レイド1位最低個体値A以上固定の入手経路内で、SCPが最大となる個体
レイドA特最低個体値A以上固定の入手経路内で、攻撃実数値が最大となる個体
レイドB特最低個体値A以上固定の入手経路内で、防御実数値が最大となる個体
レイドH特最低個体値A以上固定の入手経路内で、HP実数値が最大となる個体
相棒なし最高の相棒によるCPブーストを適用しない状態でのSCP1位個体
相棒あり最高の相棒によるCPブーストを適用した状態でのSCP1位個体

各リーグの「最強選抜」ページ

Summaryカード用_ポケモンGO_CP1500リーグ-S11

スーパーリーグ(CP1500以下)最強パーティ考察

CP1500以下のポケモンのみ出場可能なスーパーリーグ。最終的にはタイプ相性のジャンケン…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_CP2500リーグ_ハイパーリーグ

ハイパーリーグ(CP2500以下)最強パーティ考察

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_マスターリーグ-CP制限なし2205

マスターリーグ(CP制限なし)最強パーティ考察

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦_タイプ相性表2205

【タイプ相性】PvP 必修科目(弱点と耐性)

PvP(対人戦)で勝つためには“タイプ相性”は必修科目。自分が使用しているタイプ視点から…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_PvP環境の変遷-GBL年表r

PvP環境の歴史【GBL年表】

PvP黎明期から最新シーズンまでの歴史をGBL年表として記録。GBLの戦いの歴史がここに…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_ポケットオートキャッチ-Light

「ポケットオートキャッチ LIGHT」のレビュー&使い方

「LIGHT」は生活防水や振動モードを搭載せず、USBタイプC対応で充電ストレスを解消。…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_デュアルキャッチモン_自動捕獲

「デュアルキャッチモン」のレビュー&使い方

次世代オートキャッチ「デュアルキャッチモン」最大の特徴は2つのIDと接続できる点。他にも…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_キャッチモンGO_自動捕獲

「キャッチモンGO」のレビュー&使い方

ガチ勢から評価の高いデュアルキャッチモンが単身者用に価格がリーズナブルとなって新登場した…

続きを読む

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withappreach

©2024 Niantic, Inc. ©2024 Pokémon. ©1995-2024 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの所有元に帰属します。

    この記事の評価をお願いします

    当センターのサービスに興味はありますか?(簡易アンケート)

    誤情報の修正報告、ネタのタレコミ等(自由記入欄)

    当センターの利用規約及びプライバシーポリシーに同意の上、送信下さい。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    -ポケモン個別解説