ポケモン図鑑_サムネイル_ナマズン

ポケモン個別解説

【ポケモンGO】ナマズンのPvP考察【GOバトルリーグ】

弁論のザドキエル
「ナマズン」の各リーグ考察は「下記ボタン」クリック
  • GOバトルリーグボタン_スーパーリーグrr
  • 便利グッズ-リンクボタン-商品レビュー





ナマズン(みず/じめん)

ナマズンの弱点と耐性

タイプ相性表_防御_ナマズン0322

ポケモン画像_340_ナマズン

みず/じめん

ナマズンの覚える技

通常技【DPT/EPT/威力/ゲージ増加量/時間】

みずでっぽう3.603.003.63/1

マッドショット1.804.503.69/2】

ゲージ技【威力/ゲージ消費量/DPE】

みずのはどう84601.40

ふぶき【140/75/1.87】

どろばくだん66401.65

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

ナマズンの概要

ステータスについて

 スーパーリーグ(CP1500以下)
実数値/個体値 PL CP
攻撃 防御 HP 積ランク
106.74 109.57 180 28 1500 2105124
0 E D B+

育成が容易な“強ポケ”

初心者復帰勢にまずオススメしたいのがナマズン。

今でも水ソースや天候ブースト(雨と晴天)で、進化前のドジョッチが山ほどくため、厳選やアメ確保が容易たやすい。

その辺に普通に湧く雑魚ポケモンだからと、あなどるなかれ、ナマズンは普通に、対人戦でめちゃくちゃ強い。

PvP黎明期、PvP対策してない相手となら、ナマズン1匹で相手のパーティーを壊滅させるほどの対人性能を誇っていた。

それが、その辺に大量に湧くドジョッチから製造可能なのだから、作らない方がどうかしている。

Pokémon GO_2018-12-22-19-01-53ナマズンのわざ3解放コスト

サードアタック開放アンロックのコストも「ほしのすな:10,000」「アメ25個」と良心的、いやむしろ、格安すぎる。

弱点が「くさタイプ」のみ

ナマズンは優秀なタイプ相性で、弱点はくさタイプのみである。

ステータス比率も「HPタンク型」でスーパーリーグ向きのため、

等倍でなぐり合っても、並み以上の活躍をみせる。

技も非常に優秀な構成となっており、

とにかく、マッドショットが破格の性能で、

すぐにゲージを貯められ、足の早いどろばくだんを連発できたため、

PvP黎明期では、マリルリと並んで、無類の強さを誇っていた。

とはいえ、唯一の弱点であるくさタイプは大の苦手で、正に“天敵”

通常技でもゴリゴリ削られてしまうため、

絶対にくさとは対面させないように立ち回りを工夫する必要がある。

手数によるシールド剥がしの衰退

ナマズンの強さの一つに、マッドショットどろばくだんの組み合わせによる、

圧倒的な手数の多さがある。

黎明期環境では、この技セットの恩恵でシールドを早々に剥がし、丸裸になった相手をゆっくり料理する戦法が流行していた。

シールド研究の進んだ昨今では、威力の低いゲージ技は受けるスタイルになりつつあるため、

ダメージ効率の悪いどろばくだんは、決定力のない技として一時期、評価を下げたが、

環境にハガネール、トリデプス、メルメタル、レジスチルと、

次々に強力なはがねが投入され続けており、

はがねに対しては依然として強力なマッドショットどろばくだんの技セットは重宝するため、

なんだかんだ、出番の多いナマズ、それがナマズンである。

一撃必殺の「ふぶき」搭載

スーパーリーグのじめん枠として、よく比較されるラグラージとの違いは、

ナマズンがどろばくだんによる手数型だとすれば、ラグラージは高威力型と評価されがち。

だが、じめん枠が苦手とするひこうタイプくさタイプへの反撃技カウンターとして、

ほとんどの相手を一撃でほうむれるポテンシャルをもつふぶきを搭載しているナマズンは、

うまく立ち回ってふぶきを一発でも、お見舞いできれば、大番狂わせも可能。

特に、どろばくだんシールド駆け引きを制し、

シールドを剥がし切ったあとのチルタリスへふぶきをお見舞いする爽快感は、一度味わったら忘れられないカタルシスを得られる。

通常スーパー(CP1500以下)

スーパーリーグ-アイコン

通常スーパー

(CP1500以下)

「ナマズンの型」考察

じめん型

1500-ポケボタン-ナマズンR 通常 マッドショット
技2 どろばくだん
技3 ふぶき

ナマズンの技構成は、上記の通り、サードアタックにふぶきを搭載したじめん型一択。

黎明期から現在に至るまで、第一線で活躍し続ける完成された型だといえる。

マッドショットどろばくだんの技セットは高回転でゲージ技を発動でき、

どろばくだんのダメージ効率はそこまで優秀ではないが、対はがね相手には安定した仕事をこなす。

はがねに困ったらナマズンを組み込んでおけば間違いない。

低コストなどろばくだんシールド駆け引きにも向いており、

苦手なチルタリス対面でも、どろばくだんでシールドをうまく剥がし、

ふぶきを一発でも、お見舞いできれば、一撃でほうむれる。

唯一の弱点であるくさタイプは天敵で、通常技だけでもゴリゴリ削られてしまう。

【GBL前】第2期(2019年2月1日~)から強化されたはっぱカッターは脅威で、

特に、GBLプレシーズン(2020年1月30日~)から実装されたシャドウボーナスは、

ただでさえエグイ削りを見せるはっぱカッターを更に凶悪な削りに変貌させるため、

シャドウウツボットをはじめ、はっぱカッター持ち「シャドウくさポケモン」には要注意。

一瞬でも交代タイミングが遅れると、あっという間にHPを溶かされてしまう。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性) タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点) 2.56倍
効果はばつぐんだ!(弱点) 1.6倍
通常ダメージ(等倍) 1倍
効果はいまひとつだ...(耐性) 0.625倍
効果はいまひとつだ...(二重耐性) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(無効) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(耐性×無効) 0.244140625倍

バフ・デバフ倍率

効果倍率 バフ デバフ
1段階目 1.25倍 0.8倍
2段階目 1.5倍 0.66666667倍
3段階目 1.75倍 0.5714286倍
4段階目 2.0倍 0.5倍

ステータス比率

ステータス比率分類

  • 耐久型(攻撃<防御≒HP)
  • HPタンク型(攻撃≒防御<HP)
  • 防御型(攻撃≒HP<防御)
  • バランス型(攻撃≒防御≒HP)
  • 攻撃型(攻撃>防御≒HP)

等倍での殴り合い順位

「耐久型」「HPタンク型≒防御型」「バランス型」「攻撃型」

弁論のザドキエル
詳細は下記、関連記事を参照。
関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_CP制限リーグ-必勝攻略-基礎講座s
CP制限リーグ必勝攻略!!【基礎講座】

対人戦用の技研究や、CP制限下で有利なステータス比率など、CP制限リーグで必勝するための基礎知識を解説する。解放用の砂稼ぎから環境解説、タイプ..

続きを見る

各リーグの「最強選抜」ページ

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_スーパーリーグ-CP1500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイパーリーグ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスターリーグ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイプレ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスプレ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_便利グッズ
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧


Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。




 \ この記事はどうでしたか? /

-ポケモン個別解説

© 2021 カウンターカルチャー弁論センター