ポケモン図鑑_サムネイル_ナマズンr

メニュー

ポケモン個別解説

【ポケモンGO】ナマズンのPvP考察(おすすめ技と理想個体値)

PR

ナマズンの基本性能

図鑑No.0340種族値SCP
ナマズン攻撃151GBLロゴアイコン_CP500以下リーグ546
防御141GBLロゴアイコン_スーパーリーグ1642
HP242GBLロゴアイコン_ハイパーリーグ2526
合計534GBLロゴアイコン_マスターリーグ2526

ナマズンの弱点と耐性

弱点耐性
くさくさ
×2.560
ほのおほのお
×0.625
でんきでんき
×0.625
どくどく
×0.625
いわいわ
×0.625
はがねはがね
×0.625

ナマズンの覚える技

通常技DPTEPT威力ゲージ時間
みずでっぽう3.603.003.6+31
マッドショット1.804.503.6+92
ゲージ技威力ゲージDPE
やつあたり*10-700.14
おんがえし*130-701.86
ねっとう102-502.04
みずのはどう96-551.75
ふぶき140-751.87
どろばくだん72-401.80

*は限定技(※レガシー技等含む)

バフ・デバフ効果
バフデバフ技対象相手対象stat倍率確率
ねっとう相手攻撃0.8倍30

ナマズンの個体値厳選

理想個体値(SCP1位)

CupsIV攻撃防御HPPLCPSCP
LC0BB62.0962.51049.5500546
SL0ED106.74109.571802815001642
HLFFF140.32131.872175123742526
ML40FFF131.19123.292034020752209
ML41FFF132.02124.072044121022235
ML50FFF139.49131.092155023462490
ML51FFF140.32131.872175123742526

各種レギュに於ける理想個体値の補足

  • GBLでのCP500以下レギュレーションでは、CP制限以外にも出場条件が設定されるケースが多いため、実際には参戦できない場合あり
  • 野生出現しないポケモン(リワード産やレイド産限定)や、トレードに制限のあるポケモン(伝説や幻のポケモンなど)は、最低PLや最低個体値が条件に応じて適用されるため、その範囲内での理想個体値となる
  • 上記条件などにより、入手時点でCPがCP制限を超えてしまい、理想個体値が存在しない場合は"-"と表示
  • 理想個体値(SCP1位)が複数存在する場合は、個体値の総和が最大のものを代表として表示
  • マスターリーグでは、通常マスター(PL50)+相棒ブースト適用(PL51)と、MLクラシック(PL40)+相棒ブースト適用(PL41)毎にSCP表示

特化厳選

スーパー環境ミラー用厳選

指定されたポケモンの情報が見つかりません。

GBLシーズン17時点での環境に基づいて解説

ハイパー環境ミラー用厳選

指定されたポケモンの情報が見つかりません。

GBLシーズン17時点での環境に基づいて解説

弁論のザドキエル
弁論のザドキエル

特化厳選の実情は、パーティ立ち回りセットデザインする側面が強いため、厳選には答えがないというのも、一つの答えとなる。

特化厳選の実情

よく、有用な特化厳選(かつての2チルなど)が発見されると、その特化厳選が界隈かいわいで一時的に流行るが、話題になっているからといって、安易に飛びつくのは推奨しない。

明確な戦略もなく闇雲に特化厳選個体を使っても、(特化厳選の)コンセプトが分からず、使いこなせなければ、

ただSCPの低いだけの個体に成り下がり、せっかく苦労して厳選した個体なのに、倉庫番になってしまう可能性が高い。

更に、仮想敵やミラーに対する特化厳選は、シーズン毎の各種バランス調整環境変化ブレークポイント変わる可能性がある点にも注意したい。

特化厳選に関しては、一度、厳選したらそれで終わりという世界ではなく、環境が変わるたびに作り直すのが前提となる。

厳選は一度で終わらせたい場合や、あまり細かい事は深く考えずに、汎用的に使いたいのなら理想個体値SCP1位を使っておく事をオススメする。

あわせて読みたい

Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦時代の最強個体厳選論2205s
【ポケモンGO】PvP(対人戦)時代の最強個体厳選論!!

対人戦のCP制限リーグでは「PL」「種族値」「個体値」の差は強さに違いがあるのか?個体値…

Summaryカード用_ポケモンGO_PvP環境の変遷-GBL年表r
PvP環境の歴史【GBL年表】

PvP黎明期から最新シーズンまでの歴史をGBL年表として記録。GBLの戦いの歴史がここに…

ナマズンの型(技セット)考察

ナマズンの技1回数とCT比較

1位ナマズンの画像技1マッドショット技1回数4.4
技2どろばくだんCT8.89
2位ナマズンの画像技1マッドショット技1回数5.6
技2ねっとうCT11.11
3位ナマズンの画像技1マッドショット技1回数6.1
技2みずのはどうCT12.22
4位ナマズンの画像技1みずでっぽう技1回数13.3
技2どろばくだんCT13.33
5位ナマズンの画像技1マッドショット技1回数7.8
技2やつあたりCT15.56
5位ナマズンの画像技1マッドショット技1回数7.8
技2おんがえしCT15.56
7位ナマズンの画像技1みずでっぽう技1回数16.7
技2ねっとうCT16.67
7位ナマズンの画像技1マッドショット技1回数8.3
技2ふぶきCT16.67
9位ナマズンの画像技1みずでっぽう技1回数18.3
技2みずのはどうCT18.33
10位ナマズンの画像技1みずでっぽう技1回数23.3
技2やつあたりCT23.33
10位ナマズンの画像技1みずでっぽう技1回数23.3
技2おんがえしCT23.33
12位ナマズンの画像技1みずでっぽう技1回数25.0
技2ふぶきCT25.00

型(技セット)の補足説明

2位ラグラージの画像技1マッドショット技1回数4.4
技2ハイドロカノンCT8.89
2位BOX整理-リストアイコン-メルメタル技1でんきショック技1回数4.4
技2ばかぢからCT8.89
弁論のザドキエル
弁論のザドキエル

図表の「技1回数」の数値は、各型のゲージ技を撃つのに必要な通常技(技1)回数。

図表の「CT」の数値は、各型のゲージ技を撃つのに必要なターン数。

技1回数の周期について

例えば、ラグラージの「マッショカノン型」の場合、マッドショットを4.4回撃つとゲージ技(技2)発動に必要なゲージが貯まりハイドロカノンを撃てる。

実戦では小数点以下の回数でゲージ技を撃てないため、1発目のハイドロカノンを撃つにはマッドショット5回が必要。

以降、実戦での技1回数は「5、4、5、4、5…」という周期となる。

型の性能はCTで比較する

CT(チャージターン)は、単体でこの数値を見てもあまり意味がなく、他の型(技セット)との性能を比較する際に役立つ。

例えば、メルメタルの「でんショばかぢ型」はCTが、ラグラージの「マッショカノン型」と同じ8.89のため、ゲージ技発動が同じタイミング、つまり同発になることが分かる。

このように、型(技セット)同士のCTを比較することで、どちらの型の方が先制できるのか、また、回転はどちらの方が早いのか、等が判断しやすい。

GBLシーズン17時点での技性能で用語解説

テンプレの型

1500-ポケボタン-ナマズンR
  • マッドショット
  • どろばくだん
  • ふぶき
1500-ポケボタン-ナマズンR
  • マッドショット
  • どろばくだん
  • ねっとう

ナマズンの概要

PvP性能ポイント

育成が容易な“強ポケ”

初心者復帰勢にまずオススメしたいのがナマズン

今でも水ソースや天候ブースト(雨と晴天)で、進化前のドジョッチが山ほどくため、厳選やアメ確保が容易たやすい。

その辺に普通に湧く雑魚ポケモンだからと、あなどるなかれ、ナマズンは普通に、対人戦でめちゃくちゃ強い。

PvP黎明期、PvP対策してない相手となら、ナマズン1匹で相手のパーティーを壊滅させるほどの対人性能を誇っていた。

それが、その辺に大量に湧くドジョッチから製造可能なのだから、作らない方がどうかしている。

Pokémon GO_2018-12-22-19-01-53ナマズンのわざ3解放コスト

サードアタック開放アンロックのコストも「ほしのすな:10,000」「アメ25個」と良心的、いやむしろ、格安すぎる。

 野生出現率の変化

ドジョッチのスポットライトアワー2024
ドジョッチのスポットライトアワー(2023年1月23日)

新世代のポケモンが追加され、雑魚ポケモンのラインナップも更新、第3世代のドジョッチ(ナマズンの進化前)の野生出現率が減少傾向にある。今後は、ポケモンの巣や、スポットライトアワー、コミュニティ・デイ、関連イベント等での、爆湧き時に狙いたい。

弱点が「くさタイプ」のみ

ナマズンは優秀なタイプ相性で、弱点はくさタイプのみである。

種族類型(ステータス比率)も「HPタンク型」でスーパーリーグ向きのため、等倍でなぐり合っても、並み以上の活躍をみせる。

技も非常に優秀な構成となっており、とにかく、マッドショットが破格の性能で、すぐにゲージを貯められ、足の早いどろばくだんを連発できたため、PvP黎明期では、マリルリと並んで、無類の強さを誇っていた。

とはいえ、唯一の弱点であるくさタイプは大の苦手で、正に天敵

通常技でもゴリゴリ削られてしまうため、絶対にくさとは対面させないように立ち回りを工夫する必要がある。

手数によるシールド剥がしの衰退

ナマズンの強さの一つに、マッドショットどろばくだんの組み合わせによる、

圧倒的手数の多さがある。

黎明期環境では、この技セットの恩恵でシールドを早々に剥がし、丸裸になった相手をゆっくり料理する戦法が流行していた。

シールド研究の進んだ昨今では、威力の低いゲージ技は受けるスタイルになりつつあるため、ダメージ効率の悪いどろばくだんは、決定力のない技として一時期、評価を下げたが、

環境にハガネール、トリデプス、メルメタル、レジスチルと、次々に強力なはがねが投入され続けており、

はがねに対しては依然として強力なマッドショットどろばくだんの技セットは重宝するため、なんだかんだ、出番の多いナマズ、それがナマズンである。

一撃必殺の「ふぶき」搭載

スーパーリーグのじめん枠として、よく比較されるラグラージとの違いは、ナマズンがどろばくだんによる手数型だとすれば、ラグラージは高威力型と評価されがち。

だが、じめん枠が苦手とするひこうタイプくさタイプへの反撃技カウンターとして、ほとんどの相手を一撃でほうむれるポテンシャルをもつふぶきを搭載しているナマズンは、

うまく立ち回ってふぶきを一発でも、お見舞いできれば、大番狂わせも可能。

特に、どろばくだんシールド駆け引きを制し、

シールドを剥がし切ったあとのチルタリスへふぶきをお見舞いする爽快感は、一度味わったら忘れられないカタルシスを得られる。

「ふぶき」バランス調整の影響

ゲージ技威力ゲージDPE
ふぶき130(156-751.73(2.08
ふぶき140(168-751.87(2.24
技性能変更履歴

GBLシーズン3(2020年7月28日~)

  • 威力130156)→140168

威力の()内はタイプ一致

ナマズンの役割を考えると、旧性能のふぶきでも十分、高性能で使い勝手が良かったが、

等倍相手へのどろばくだんは、ブラフ性能は高くとも、ダメージ効率は少々物足りなかったため、

ふぶきの純粋な強化は、ナマズンにとって戦略の幅が増した良調整だったといえる。

入手・育成ポイント

入手可能な最低個体値

入手先最低PL最低IV組合せ
野生104096通り

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性)タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点
2.56
効果はばつぐんだ!(弱点
1.6
通常ダメージ(等倍
1
効果はいまひとつだ...(耐性
0.625
効果はいまひとつだ...(二重耐性
0.390625
効果はいまひとつだ...(無効
0.390625
効果はいまひとつだ...(耐性×無効
0.244140625

バフ・デバフ倍率

効果倍率バフデバフ
1段階目1.250.8
2段階目1.50.66666667
3段階目1.750.5714286
4段階目2.00.5

種族類型

種族類型ステータス比率特徴
耐久型攻撃防御HP
ステ積(SCP)が最大となり、ステータス上の強さは最強。攻撃実数値が最小のため、先制権は、ほぼない。
HPタンク攻撃防御HP
ステ積(SCP)は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。防御型と比較し、1ターン技などの攻撃間隔の短い技には優位だが、威力の高い通常技やゲージ技に対しては弱い。
防御型攻撃HP防御
ステ積(SCP)は耐久型に次ぐため、ステータス上の強さは上位。HPタンク型と比較し、威力の高い通常技やゲージ技には優位だが、1ターン技など、攻撃間隔の短い技には弱い。
バランス型攻撃防御HP
ステ積(SCP)は低めのため、ステータス上の強さは弱め。攻撃実数値は高めのため、先制できることが多い。
攻撃型防御HP攻撃
ステ積(SCP)が最小となり、ステータス上の強さは最弱。攻撃実数値が最大のため、ゲージ技をほぼ確実に先制できる。

厳選基準の詳細

厳選基準解説
理想個体SCP1位個体(全組合せ中、実数値の積が最大となる個体)
攻撃特化全組合せ中、攻撃実数値が最大となる個体
防御特化全組合せ中、防御実数値が最大となる個体
HP特化全組合せ中、HP実数値が最大となる個体
100内A特SCP100位以内に厳選された個体の中で、攻撃実数値が最大となる個体
100内B特SCP100位以内に厳選された個体の中で、防御実数値が最大となる個体
100内H特SCP100位以内に厳選された個体の中で、HP実数値が最大となる個体
レイド1位最低個体値A以上固定の入手経路内で、SCPが最大となる個体
レイドA特最低個体値A以上固定の入手経路内で、攻撃実数値が最大となる個体
レイドB特最低個体値A以上固定の入手経路内で、防御実数値が最大となる個体
レイドH特最低個体値A以上固定の入手経路内で、HP実数値が最大となる個体
相棒なし最高の相棒によるCPブーストを適用しない状態でのSCP1位個体
相棒あり最高の相棒によるCPブーストを適用した状態でのSCP1位個体

各リーグの「最強選抜」ページ

Summaryカード用_ポケモンGO_CP1500リーグ-S11

スーパーリーグ(CP1500以下)最強パーティ考察

CP1500以下のポケモンのみ出場可能なスーパーリーグ。最終的にはタイプ相性のジャンケン…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_CP2500リーグ_ハイパーリーグ

ハイパーリーグ(CP2500以下)最強パーティ考察

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_マスターリーグ-CP制限なし2205

マスターリーグ(CP制限なし)最強パーティ考察

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_対人戦_タイプ相性表2205

【タイプ相性】PvP 必修科目(弱点と耐性)

PvP(対人戦)で勝つためには“タイプ相性”は必修科目。自分が使用しているタイプ視点から…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_PvP環境の変遷-GBL年表r

PvP環境の歴史【GBL年表】

PvP黎明期から最新シーズンまでの歴史をGBL年表として記録。GBLの戦いの歴史がここに…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_ポケットオートキャッチ-Light

「ポケットオートキャッチ LIGHT」のレビュー&使い方

「LIGHT」は生活防水や振動モードを搭載せず、USBタイプC対応で充電ストレスを解消。…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_デュアルキャッチモン_自動捕獲

「デュアルキャッチモン」のレビュー&使い方

次世代オートキャッチ「デュアルキャッチモン」最大の特徴は2つのIDと接続できる点。他にも…

続きを読む

Summaryカード用_ポケモンGO_キャッチモンGO_自動捕獲

「キャッチモンGO」のレビュー&使い方

ガチ勢から評価の高いデュアルキャッチモンが単身者用に価格がリーズナブルとなって新登場した…

続きを読む

Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withappreach

©2024 Niantic, Inc. ©2024 Pokémon. ©1995-2024 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの所有元に帰属します。

    この記事の評価をお願いします

    当センターのサービスに興味はありますか?(簡易アンケート)

    誤情報の修正報告、ネタのタレコミ等(自由記入欄)

    当センターの利用規約及びプライバシーポリシーに同意の上、送信下さい。

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    -ポケモン個別解説