ポケモン図鑑_サムネイル_レジスチル0205

ポケモン個別解説

【ポケモンGO】レジスチルのPvP考察【GOバトルリーグ】

弁論のザドキエル
「レジスチル」の各リーグ考察は「下記ボタン」クリック
  • GOバトルリーグボタン_スーパーリーグrr
  • GOバトルリーグボタン_ハイパーリーグrr





レジスチル(はがね)

レジスチルの弱点と耐性

タイプ相性表_防御_レジスチル_はがね単体

ポケモン画像_379_レジスチル

はがね

レジスチルの覚える技

通常技【DPT/EPT/威力/ゲージ増加量/時間】

ロックオン1.00/5.00/1/5/1

いわくだき3.00/2.33/9/7/3

メタルクロー3.003.0066/2

ゲージ技【威力/ゲージ消費量/DPE】

はかいこうせん【150/80/1.88】

きあいだま【140/75/1.87】

ラスターカノン132701.89

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

レジスチルの概要

ステータスについて

 スーパーリーグ(CP1500以下)
実数値/個体値 PL CP
攻撃 防御 HP 積ランク
93.90 192.98 132 23.5 1499 2391918
2 D E A+
 ハイパーリーグ(CP2500以下)
実数値/個体値 PL CP
攻撃 防御 HP 積ランク
121.00 247.89 172 50 2500 5159192
1 A F S+++

PL40時代のレジスチルは、100%個体でもCP2500に届かなかったが、

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

ハイパーリーグの個体値再厳選が必要になった。

新たな理想個体値【1AF】だと、ステ積515を超え、

PL50まで強化した場合、驚異的な耐久力となる。

だが、伝説ポケモンを現時点(GBLシーズン6)PL50まで強化するのは、ほぼ不可能なので、

既に育成済みのレジスチルに、XLアメ投入が現実的。

数回強化するだけでも十分、硬くなるため、強化する価値はあるだろう。

レジ系救済の「ロックオン」

PvPがポケモンGOに実装される前、

まだ、「ジム・レイド戦」至上主義だった時代、

攻撃種族値の低いレジ系は、バトルで活躍が難しいことから、

図鑑埋めが完了すると、比較的、都会のレイドですら、

早々に、レイド不成立をかます“不人気”ぶりを連日、晒していた。

ポケモンGOにも、PvPが実装され、制限リーグで活躍が見込めるステータス比率なのが判明し、

早速、界隈から注目の的となったが、すぐに技が使えないことが露呈、

引き続き日の目を見ることなく、長らく不遇の時代を過ごすこととなる。

そんな折、さすがのナイアン(Niantic, Inc.)もレジ系を不憫ふびんに思ったのか、

【GBL前】第4期終盤、2019年11月2日からレジ系救済の高EPT技、ロックオン実装に踏み切った。

このロックオン実装が転機となり、一気にそれまでの環境を覆す王者に即位する。

レジスチルが報われた瞬間である。

スーパー及びハイパー制覇

ロックオンを授かってからのレジスチルは、

それまでの面構えとは明らかに違っていた。

全身に覇気はきを身にまとい、百戦錬磨のおとこの顔”に変貌していたのだ。

おとこになったレジスチル“強さ”は明らかに“異常”で、

スーパーリーグ及び、ハイパーリーグ環境を一夜にして塗り替えた。

新生レジスチルが、両リーグ“環境トップメタ”君臨という偉業を成し遂げた瞬間である。

その日から、レジスチルを“見ない日”はない。

テンプレパ常連

環境トップメタに君臨したレジスチルは、

自身がはがねタイプなのも手伝い、他のタイプのトップメタとの相性補完に優れるケースが多い。

スーパーリーグでは、マリルリやチルタリス。

ハイパーリーグでは、ギラティナAアナザーなど。

レジスチルが環境入りしてからは、

トップメタ同士相性補完がとれてしまうため、

レジスチル入りのパーティが、

そのまま“テンプレパ”と化すことが多かった。

スーパー用の「厳選」について

仲良し度の低いフレンドとトレードし、

攻撃個体値を下げることで、ステータスの積をえげつないレベルまで引き上げることは可能だが、

レジスチルの場合、環境トップメタであることから、ミラー戦も意識しなければならない。

ミラー戦を意識した場合、防御力やHP実数値が多少上がった影響よりも、

ゲージ技“先制”できる方が有利なケースが多い。

つまり、頑張って厳選した個体よりも、レイド産のほとんど厳選していない個体の方が、

ミラー戦にいては有利だったりする。

自分の使用する個体が、どういう個体なのか熟知した上で、運用したい。

ハイパー用は「相棒」推奨(※PL40時代)

 FFF個体 攻撃 防御 HP 最大CP
通常 124.87 237.09 162 2447
相棒 125.66 238.59 163 2478

レジスチルの最大CPは2500に届かないため、

「最高の相棒」特典、「CPブースト」の恩恵が大きい。

レジスチルを使う場合は、優先して相棒にしておくとよいだろう。

アップデート情報

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、ハイパーリーグの個体値再厳選が必要になった。

理想個体が個体値100%(FFF)ではなくなったので、注意。

レジスチルの弱体化

ロックオン搭載後のレジスチルがあまりにも“強い”ため、

スーパーリーグハイパーリーグ

実質“レジスチルゲー”と化してしまった。

ナイアン(Niantic, Inc.)としても、ここまでレジスチルが、出しゃばるのは望んでいなかったようで、

案の定、GBLシーズン3(2020年7月28日~)からレジスチル弱体化が決定した。

具体的には、ラスターカノンきあいだま弱体化による、間接的なレジスチル弱体化となった。

「ラスターカノン」弱体化
ゲージ技【威力/ゲージ消費量/DPE】

ラスターカノン132652.03

2020年7月28日~

ラスターカノン132701.89

レジスチルの主砲ラスターカノン

あらゆる敵に、タイプ一致の大砲技をロックオンとの相乗効果で連発できていたが、

弱体化後は、ゲージ消費量が増加し、ラスターカノン発動までにロックオン1発多く必要になってしまった。

このロックオン1発が絶妙なバランスで、レジスチルを凡庸な性能まで貶めるには十分だった。

また、PvPにいて、シールド駆け引きは非常に重要な要素なのだが、

レジスチルにとっては、その駆け引きにラスターカノンを使用していた。

このラスターカノンのゲージ量が増加することは、シールド駆け引きの“駆け引き度合”が低下することを意味し、

レジスチルにとっては“致命的”な痛手となってしまう。

「きあいだま」弱体化
ゲージ技【威力/ゲージ消費量/DPE】

きあいだま【15075/2.00】

2020年7月28日~

きあいだま【140/75/1.87】

タイプ不一致でも、これまでは、きあいだまの技性能に助けられ、

はがねミラーや、等倍相手への決定打として利用してきたが、

きあいだまの威力が下げられたことで、等倍相手に対しては、

タイプ一致で放てるラスターカノンとの撃ち分けが悩ましくなった。

レジスチルの実質強化

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

特にハイパーリーグ環境に於いては、更なるステ積の強化が図られた。

GBLシーズン3(2020年7月28日~)からの主要な技の弱体化を受け、一時、その数を減らしたが、

再び、戦場にレジスチルが戻ってくる兆しが見える。

Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ

Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ

30,476円(03/09 08:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

通常スーパー(CP1500以下)

スーパーリーグ-アイコン

通常スーパー

(CP1500以下)

「レジスチルの型」考察

鋼格型

1500-ポケボタン-レジスチル 通常 ロックオン
技2 ラスターカノン
技3 きあいだま

レジ系が日の目を見れたのは、ロックオン実装に他ならない。

通常技はロックオン以外はありえないため、ロックオン一択。

主砲はラスターカノンで、あらゆる敵へ、とりあえず撃ち込んでおけば問題ない。

また、レジスチルの中ではゲージ消費が最も少ないゲージ技のため、

シールド駆け引き用途でも必須となる。

サードアタックにきあいだまを開放すれば、

ミラー戦(はがねミラー含む)や、等倍以上が見込める場合に決定打となるケースが多い。

この構成で、GBLシーズン2(2020年5月12日~)までは、

マリルリや、チルタリスとの相性補完にも優れていたため、テンプレパにも組まれ、

環境トップメタとして君臨していたが、

GBLシーズン3(2020年7月28日~)からラスターカノンきあいだま弱体化

レジスチル自体が環境から姿を消しつつある。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧
ポケットモンスター ソード -Switch

ポケットモンスター ソード -Switch

5,000円(03/09 08:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

通常ハイパー(CP2500以下)

ハイパーリーグ-アイコン

通常ハイパー

(CP2500以下)

「レジスチルの型」考察

鋼格型

1500-ポケボタン-レジスチル 通常 ロックオン
技2 ラスターカノン
技3 きあいだま

スーパーリーグ同様、ハイパーリーグでも、ロックオンラスターカノンきあいだまの基本構成で、

GBLシーズン2(2020年5月12日~)までは、

ギラティナAアナザーとの相性補完に優れていた事もあり、テンプレパにも入っていたが、

GBLシーズン3(2020年7月28日~)からラスターカノンきあいだま弱体化

レジスチルの採用率は減少すると思われる。


2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

特にハイパーリーグ環境に於いては、レジスチルの更なるステ積の強化が図られた。

GBLシーズン3(2020年7月28日~)からの主要な技の弱体化を受け、一時、その数を減らしたが、

再び、戦場にレジスチルが戻ってくる兆しが見える。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧
Nintendo Switch Lite コーラル

Nintendo Switch Lite コーラル

21,300円(03/09 08:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性) タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点) 2.56倍
効果はばつぐんだ!(弱点) 1.6倍
通常ダメージ(等倍) 1倍
効果はいまひとつだ...(耐性) 0.625倍
効果はいまひとつだ...(二重耐性) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(無効) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(耐性×無効) 0.244140625倍

バフ・デバフ倍率

効果倍率 バフ デバフ
1段階目 1.25倍 0.8倍
2段階目 1.5倍 0.66666667倍
3段階目 1.75倍 0.5714286倍
4段階目 2.0倍 0.5倍

ステータス比率

ステータス比率分類

  • 耐久型(攻撃<防御≒HP)
  • HPタンク型(攻撃≒防御<HP)
  • 防御型(攻撃≒HP<防御)
  • バランス型(攻撃≒防御≒HP)
  • 攻撃型(攻撃>防御≒HP)

等倍での殴り合い順位

「耐久型」「HPタンク型≒防御型」「バランス型」「攻撃型」

弁論のザドキエル
詳細は下記、関連記事を参照。
関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_CP制限リーグ-必勝攻略-基礎講座s
CP制限リーグ必勝攻略!!【基礎講座】

対人戦用の技研究や、CP制限下で有利なステータス比率など、CP制限リーグで必勝するための基礎知識を解説する。解放用の砂稼ぎから環境解説、タイプ..

続きを見る

各リーグの「最強選抜」ページ

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_スーパーリーグ-CP1500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイパーリーグ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスターリーグ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイプレ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスプレ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_便利グッズ
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧


Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。




 \ この記事はどうでしたか? /

-ポケモン個別解説

© 2021 カウンターカルチャー弁論センター