ポケモン図鑑_サムネイル_スリーパー

ポケモン個別解説

【ポケモンGO】スリーパーのPvP考察【GOバトルリーグ】

弁論のザドキエル
「スリーパー」の各リーグ考察は「下記ボタン」クリック
  • GOバトルリーグボタン_スーパーリーグrr
  • GOバトルリーグボタン_ハイパーリーグrr
  • GOバトルリーグボタン_プレミアカップ-CP2500以下rrr
  • 便利グッズ-リンクボタン-商品レビュー


スリーパー(エスパー)

スリーパーの弱点と耐性

タイプ相性表_防御_クレセリア_エスパー単体

ポケモン画像_097_スリーパー

エスパー

スリーパーの覚える技

通常技【DPT/EPT/威力/ゲージ増加量/時間】

しねんのずつき3.202.009.66/3】

ねんりき4.803.0019.212/4】

ゲージ技【威力/ゲージ消費量/DPE】

ほのおのパンチ【55/40/1.38】

かみなりパンチ【55/40/1.38】

れいとうパンチ【55/40/1.38】

きあいだま【140/75/1.87】

みらいよち144652.22

サイコキネシス108551.96

サイコショック84451.87

シャドーボール【100/55/1.82】

やつあたり【10/70/0.14】

おんがえし【130/70/1.86】

バフ・デバフ効果

【対象相手/効果対象/効果倍率/発動確率】

サイコキネシス【相手/防御/0.8倍/10%】

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

スリーパーの概要

ステータスについて

 スーパーリーグ(CP1500以下)
実数値/個体値 PL CP
攻撃 防御 HP 積ランク
101.79 145.62 149 28 1500 2208577
0 D D A
 ハイパーリーグ(CP2500以下)
実数値/個体値 PL CP
攻撃 防御 HP 積ランク
134.40 175.82 180 51 2391 4253581
F F F B

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

スーパーリーグでも優秀だったスリーパーが、ハイパー環境へも殴り込み可能となった。

PL50までMAX強化+最高の相棒によるCPブーストをかけてもCP2500には届かないため、

理想個体は必然的に個体値100%となる。

とはいえ、通常ハイパーには、クレセリアやAアーマードミュウツーといったエスパー枠の化け物が既に存在するため、

PL50までMAX強化+最高の相棒という高コストを支払ってまで、スリーパーをハイパー用に育成すべきかは微妙。

もう少しXLアメ入手の難易度が下がり、育成コストが下がってからなら、

技範囲は優秀のため、ハイパー用構築の穴埋め要員として使える可能性はある。

貴重なレガシーわざ時代

スリーパーが制限リーグ向きの性能だと注目され始めた当初、

すでにスリーパーのシャドーボールサイコショックは、

“レガシー技化”していた。

高火力なシャドーボールと、回転率の優秀なサイコショックは、

その“カタログスペック”だけで、PvPマニア垂涎すいぜん代物しろものであり、

更に、レガシー化というプレミアもついた以上、

高額な条件で取引トレードされ始めるのに、そう時間はかからなかった。

現環境では、シャドーボールは常設技に復活し、

いまだレガシー技のサイコショックも、

「すごいわざマシン」を使えば、覚えさせることができる時代となり、

レガシースリーパーに対する、かつての熱狂は、もうどこにも残っていない。

3色パンチ追加

【GBL前】第3期(2019年7月10日~)から、“3色パンチ”こと、

ほのおのパンチかみなりパンチれいとうパンチが追加され、

スリーパー“わざのデパート化”が完了した。

“わざのデパート”といえば、ミュウがお馴染みだが、

耐久型であるスリーパーの方が、スーパーリーグでは適性があり、

“1アカウント1体”までのミュウと違って、

厳選や、型違いを複数そろえられるのも、スリーパーの太っ腹なところ。

「ねんりき」が強い

PvPでりゅうのいぶき“鬼削り技”として、強い技なのは、周知の事実だが、

ねんりきは、ターン数こそ違うものの、DPTEPTりゅうのいぶきと同性能。

弱いはずがない。

1ターン技のりゅうのいぶきと比べると、

ねんりきは4ターン技のため、隙を作りやすいのは否めないが、

ゲージ技の発動も絡むと、ターン数を得していることも多いため、一概に4ターン技が不利とも言い難い。

りゅうのいぶき同様、ねんりき“削り”エグイ性能で、例えば、

火力が高く耐久の低い特攻型ポケモンドクロッグウツボットゴーストなど】は、

耐久の低さを、シールド前提でカバーしてくる、処理の厄介な相手だが、

ねんりきなら、シールドを使わせる選択肢すら与えず、ゴリゴリ削り切ってくれる。

構築の穴埋め要員

スリーパーのわざ範囲はとにかく広く、あらゆる構築の穴をカバーすることができる。

まず、威力の高い通常技ねんりきで、かくとうどくを対策できる。

特に、耐久が紙ぺらのドクロッグ、ウツボット、ゴーストなどは、ねんりきだけでゴリ押せる。

ゲージ技に、ほのおのパンチを採用した場合、レジスチルやエアームドなどのはがね勢、くさ全般を見れる。

かみなりパンチなら、マリルリを筆頭に多くのみず、エアームドなどのひこう系。

れいとうパンチなら、チルタリスを筆頭に、マッギョや、くさ全般を見れる。

一撃必殺のきあいだまなら、シールド駆け引きは必須だが、かくとうの通るガラルマッギョ、ユキノオー、レジスチル、ブラッキー、トリデプス、ヤルキモノなどはもちろん、

等倍相手にも大ダメージを与えられるケースが多い。

もう少しゲージ消費が軽い汎用的な高威力技が必要なら、シャドーボールノーマルあく以外の多くのタイプへ、等倍以上のダメージを与えられる。

ちなみに、高火力なみらいよち、回転率の優秀なサイコショック、デバフ効果も期待できるサイコキネシスなど、

エスパー技も優秀なラインナップを揃えるが、エスパー技は、ねんりきだけで十分なケースが多いため、

わざわざエスパー技では、ゲージ枠を埋めないことが多い。

通常スーパー(CP1500以下)

スーパーリーグ-アイコン

通常スーパー

(CP1500以下)

「スリーパーの型」考察

炎雷型

1500-ポケボタン-スリーパー 通常 ねんりき
技2 ほのおのパンチ
技3 かみなりパンチ

GBLシーズン3(2020年7月28日~)から増えた型。

Gガラルマッギョやユキノオーなどの新勢力が環境に増えたことで、チルタリスが激減、

チルタリスのいない世界では、れいとうパンチの価値も暴落してしまった。

逆にGマッギョやユキノオー、ブレイブバードが強化され環境に増えたエアームド対策に有効な、ほのおのパンチの価値が爆上がりし、

相変わらず環境に多いマリルリ対策にかみなりパンチの需要も増したのが原因だと思われる。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

氷霊型

1500-ポケボタン-スリーパー 通常 ねんりき
技2 れいとうパンチ
技3 シャドーボール

チルタリス現役のGBLシーズン2(2020年5月12日~)までは多かった型。

ダメージ効率の低いパンチ系でも、

こおり二重弱点であるチルタリスへはメインウェポンとなるれいとうパンチと、

たいていの相手へ大ダメージを与えられるシャドーボール搭載が、

コスパが良く、隙なく、幅広くカバーできる型として人気を博していた。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

きあいだま型

1500-ポケボタン-スリーパー 通常 ねんりき
技2 れいとうパンチ
技3 きあいだま

レジスチル現役のGBLシーズン2(2020年5月12日~)までは、ちょくちょく見かけた型。

パンチ系は、ゲージ消費が少ないため、シールド駆け引き用途に必須なのと、

ダメージ効率の低さを、チルタリスのこおり二重弱点で相殺するため、

パンチ系では、れいとうパンチ採用が多かった。

「きあいだま型」は、環境に多かったレジスチルにきあいだまを決めるためだけに存在した。

シールド駆け引きを制し、レジスチルにきあいだまが決まった時の爽快感は、

スリーパーのゲージ枠1つをきあいだまで埋めるのに十分の価値だったため。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

通常ハイパー(CP2500以下)

ハイパーリーグ-アイコン

通常ハイパー

(CP2500以下)

「スリーパーの型」考察

霊格型

1500-ポケボタン-スリーパー 通常 ねんりき
技2 シャドーボール
技3 きあいだま

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

ステ積的には、ハイパーでも通用するステータスを手に入れた。

とはいえ、通常ハイパーには、クレセリアやAアーマードミュウツーといったエスパー枠の化け物が既に存在するため、

PL50までMAX強化+最高の相棒という高コストを支払ってまで、スリーパーをハイパー用に育成すべきかは微妙。

もう少しXLアメ入手の難易度が下がり、育成コストが下がってからなら、

技範囲は優秀のため、ハイパー用構築の穴埋め要員として使える可能性はある。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

ハイプレ(CP2500以下)

ハイパーリーグ-プレミアカップ-アイコン

ハイプレ

(CP2500以下)

「スリーパーの型」考察

きあいだま型

1500-ポケボタン-スリーパー 通常 ねんりき
技2 れいとうパンチ
技3 きあいだま

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

ステ積的には、ハイパーでも通用するステータスを手に入れた。

通常ハイパーとは異なり、ハイプレでは伝説が出場禁止のため、

スリーパーが、ハイプレ版のAアーマードミュウツー枠を担える可能性はある。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性) タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点) 2.56倍
効果はばつぐんだ!(弱点) 1.6倍
通常ダメージ(等倍) 1倍
効果はいまひとつだ...(耐性) 0.625倍
効果はいまひとつだ...(二重耐性) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(無効) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(耐性×無効) 0.244140625倍

バフ・デバフ倍率

効果倍率 バフ デバフ
1段階目 1.25倍 0.8倍
2段階目 1.5倍 0.66666667倍
3段階目 1.75倍 0.5714286倍
4段階目 2.0倍 0.5倍

ステータス比率

ステータス比率分類

  • 耐久型(攻撃<防御≒HP)
  • HPタンク型(攻撃≒防御<HP)
  • 防御型(攻撃≒HP<防御)
  • バランス型(攻撃≒防御≒HP)
  • 攻撃型(攻撃>防御≒HP)

等倍での殴り合い順位

「耐久型」「HPタンク型≒防御型」「バランス型」「攻撃型」

弁論のザドキエル
詳細は下記、関連記事を参照。
関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_CP制限リーグ-必勝攻略-基礎講座s
CP制限リーグ必勝攻略!!【基礎講座】

対人戦用の技研究や、CP制限下で有利なステータス比率など、CP制限リーグで必勝するための基礎知識を解説する。解放用の砂稼ぎから環境解説、タイプ..

続きを見る

各リーグの「最強選抜」ページ

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_スーパーリーグ-CP1500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイパーリーグ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスターリーグ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイプレ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスプレ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_便利グッズ
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧


Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。




 \ この記事はどうでしたか? /

-ポケモン個別解説

© 2021 カウンターカルチャー弁論センター