ポケモン図鑑_サムネイル_デオキシス-ディフェンスフォルム

個別解説

【ポケモンGO】デオキシス(ディフェンスフォルム)のPvP考察【GOバトルリーグ】

弁論のザドキエル
「Dデオキシス」の各リーグ考察は「下記ボタン」クリック
  • GOバトルリーグボタン_スーパーリーグrr
  • GOバトルリーグボタン_ハイパーリーグrr


Dデオキシス(エスパー)

Dデオキシスの弱点と耐性

タイプ相性表_防御_クレセリア_エスパー単体

ポケモン画像_386_デオキシス-ディフェンス

エスパー

Dデオキシスの覚える技

通常技【DPT/EPT/威力/ゲージ増加量/時間】

カウンター4.00/3.50/8/7/2

しねんのずつき3.202.009.66/3】

ゲージ技【威力/ゲージ消費量/DPE】

10まんボルト【90/55/1.64】

サイコブースト84352.40

いわなだれ【75/45/1.67】

バフ・デバフ効果

【対象相手/効果対象/効果倍率/発動確率】

サイコブースト【自分/攻撃/0.66倍/100%】

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

Dデオキシスの概要

ステータスについて

 スーパーリーグ(CP1500以下)
実数値/個体値 PL CP
攻撃 防御 HP 積ランク
100.78 225.78 98 24 1500 2229974
A F D A
 ハイパーリーグ(CP2500以下)
実数値/個体値 PL CP
攻撃 防御 HP 積ランク
129.79 289.08 128 50.5 2497 4802614
A D F S+

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

スーパーリーグでも優秀だったDデオキシスが、ハイパー環境へも殴り込み可能となった。

ただし、シーズン6時点では、DデオキシスをMAX強化するのは地獄の難易度を誇るため、

実戦投入は、復刻レイドなどが開催された後になるだろう。

また、後述するように、Dデオキシスは幻ポケモンに分類されるため、トレードに制限がかかっている。

Dデオキシス復刻の際に、ロケット団による“シャドーDデオキシス”が実装された場合、

攻撃個体値がA以下の個体を入手できる可能性があり、更なるDデオキシス強化が図られる可能性を残している。

幻のポケモン

デオキシス「ディフェンス」フォルム、

通称「Dデオキシス」は、非常に制限リーグ向きのステータス比率をしており、

実際に、スーパーリーグで大活躍している。

だが、Dデオキシスは、“幻のポケモン”枠のため、トレードが制限されており、

入手方法も、野生湧きは期待できず、

今のところ、攻撃個体値をA(10)以下に変更する手段がない。

よって、

レイド産で手に入る範囲の理想個体値が、実質的な対人戦理想個体値となる。

今でも強いDデオキシスだが、

今後、シャドウポケモンとして登場した場合、

更なる理想ステータスに近づける可能性が残されている。

サイブの栄枯盛衰

ゲージ技【威力/ゲージ消費量/DPE】

サイコブースト84402.10

2019年12月12日~

サイコブースト84352.40

かつて、Dデオキシスのマストゲージ技は、

サイコブースト一択だった。

と、いうのも、

御三家のコミュデイ技に匹敵するダメージ効率回転率を誇っており、

ほぼ、非の打ちどころがない技だったため。

ところが、

【GBL前】第5期(2019年12月12日~)に実施されたバランス調整で、

ゲージ消費量40から35に下げられ、早く撃てるようになった代わりに、

技を発動させると、確定で、攻撃を「0.66666667倍」に下げる“反動技”となった。

“気軽に”技を連発できるのが、サイコブースト最大の強みだっただけに、

連射に向かない反動技化したのは、

Dデオキシス狙い撃ち調整なのは間違いない。

とはいえ、反動技の立ち回り研究の進んだ現在では、弱体化前とほぼ遜色なく使いこなすことも可能といえば、可能。

いわなだれ弱体化

ゲージ技【威力/ゲージ消費量/DPE】

いわなだれ【80/45/1.78】

2021年1月12日~

いわなだれ【75/45/1.67】

GBLシーズン6 後半(2021年1月12日~)からのバランス調整で、いわなだれが弱体化した。

Dデオキシスには複数のが存在するが、

どの型も、シールド駆け引き用途として、気軽に撃てるいわなだれ採用が多かっただけに、

いわなだれ弱体化は、Dデオキシスには痛手となる。

わざ範囲が広い

Dデオキシスは、自身がエスパータイプでありながら、

通常技最強格カウンターを扱え、

ゲージ技に、いわ技でんき技を習得可能。

このように、はがね連中から、チルタリス、エアームド、マリルリと、

スーパーリーグ環境上位に刺さる技を幅広くカバーしている。

引き先として優秀

これまで述べてきたように、

ステータス比率が防御型で耐久力があり、

わざ範囲も広いことから、

初手が出し負けた時の“引き先”として、非常に優秀。

わざ範囲の広さは、デオキシスの「型」を予想し難く、

瞬時の判断で、安全にDデオキシスを追えるポケモンは、数少ない。

また、相手はこちらの初手を既に見ているため、

こちらの初手に弱いポケモンを、Dデオキシス処理に差し出してくることが多々ある。

だが、こちらの初手に弱いポケモンは、こちらのラス1に強いケースが多く、

Dデオキシスによって、こちらのラス1に強いポケモンが“釣れる”のも、

Dデオキシスを明確に追えるポケモンが少ないことに起因する。

このように、“対面操作の鬼”的存在なのが、Dデオキシス。

通常スーパー(CP1500以下)

スーパーリーグ-アイコン

通常スーパー

(CP1500以下)

「Dデオキシスの型」考察

10まん型

1500-ポケボタン-デオキシス 通常 カウンター
技2 いわなだれ
技3 10まんボルト

Dデオキシス「主流の型」。

ゲージ技のマストは、ゲージ消費量が低めで、スーパーリーグで通りの良いいわなだれ

チルタリスに有効なのと、ゲージが貯まった際、とりあえず撃っておくのに便利。

サードアタックに10まんボルトを開放することで、

マリルリやエアームド、レジスチルの処理が捗る。

ミラーを意識した場合や、いわなだれ2発、間に合わない時なども10まんボルトは役立つ。

この型は、スーパーリーグの環境上位に幅広く刺さるが、

ナマズンやマッギョに追われると、少々、厄介。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

サイブ型

1500-ポケボタン-デオキシス 通常 カウンター
技2 いわなだれ
技3 サイコブースト

かつては、高性能なカウンターと、回転率の早いサイコブーストが、

非常に凶悪な性能で、初手が出し負けた時に、とりあえず「サイブ型」を投げておけば、

どんな敵が追って来ようと返り討ちにし、対面を崩せていた。

ところが、【GBL前】第5期(2019年12月12日~)からサイコブーストが反動技化し、気軽に連発できる技ではなくなってしまい、

脳死連打では、この型は使いものにならなくなった。

反動で下がった攻撃は、交代で後ろに下げることで、解除できるため、

カウンターの性能を落とさないようにサイコブースト2発分”ためてから連発して下げるなど、

上級者はサイコブースト弱体化前と、ほぼ遜色なく使いこなすことも可能といえば、可能。

よって、完全にオワコン化したわけではない。

サイコブーストを備えることで、ナマズンやマッギョに追われても、打点を持てるのが、この型の利点。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

通常ハイパー(CP2500以下)

ハイパーリーグ-アイコン

通常ハイパー

(CP2500以下)

「Dデオキシスの型」考察

サイブ型

1500-ポケボタン-デオキシス 通常 カウンター
技2 いわなだれ
技3 サイコブースト

2020年12月1日からのPL上限解放に伴い、PL50まで強化可能となったことで、

スーパーリーグでも優秀だったDデオキシスが、ハイパー環境へも殴り込み可能となった。

ただし、シーズン6時点では、DデオキシスをMAX強化するのは地獄の難易度を誇るため、

実戦投入は、復刻レイドなどが開催された後になるだろう。

ハイパーリーグ環境のエスパー枠は、

すでにステ積のクレセリアやアーマードミュウツーなどが存在するが、

Dデオキシスの優れる点は、通常技最強格カウンターを扱えることに尽きる。

シールド枚数にもよるが、他のエスパー枠よりもしたなめカビゴンに優勢になったり、

タチフサグマやニャイキングといった高回転あく技使いも対処しやすくなる。

ハイパーリーグ環境のエスパー枠にDデオキシスが加わることで、

確実に勢力図が変わることは間違いないであろう。

  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧

備考

図表で省略された正確な倍率

タイプ相性倍率

ゲーム内コメント(タイプ相性) タイプ相性倍率
効果はばつぐんだ!(二重弱点) 2.56倍
効果はばつぐんだ!(弱点) 1.6倍
通常ダメージ(等倍) 1倍
効果はいまひとつだ...(耐性) 0.625倍
効果はいまひとつだ...(二重耐性) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(無効) 0.390625倍
効果はいまひとつだ...(耐性×無効) 0.244140625倍

バフ・デバフ倍率

効果倍率 バフ デバフ
1段階目 1.25倍 0.8倍
2段階目 1.5倍 0.66666667倍
3段階目 1.75倍 0.5714286倍
4段階目 2.0倍 0.5倍

ステータス比率

ステータス比率分類

  • 耐久型(攻撃<防御≒HP)
  • HPタンク型(攻撃≒防御<HP)
  • 防御型(攻撃≒HP<防御)
  • バランス型(攻撃≒防御≒HP)
  • 攻撃型(攻撃>防御≒HP)

等倍での殴り合い順位

「耐久型」「HPタンク型≒防御型」「バランス型」「攻撃型」

弁論のザドキエル
詳細は下記、関連記事を参照。
関連記事
Summaryカード用_ポケモンGO_CP制限リーグ-必勝攻略-基礎講座s
CP制限リーグ必勝攻略!!【基礎講座】

対人戦用の技研究や、CP制限下で有利なステータス比率など、CP制限リーグで必勝するための基礎知識を解説する。解放用の砂稼ぎから環境解説、タイプ..

続きを見る

各リーグの「最強選抜」ページ

  • 最強選抜_リンクボタン_310px_スーパーリーグ-CP1500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイパーリーグ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスターリーグ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_ハイプレ-CP2500以下r
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_マスプレ-CP制限なしr
  • 最強選抜_リンクボタン_310px_便利グッズ
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_弱点と耐性
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_覚える技
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_各リーグ考察
  • ポケモン図鑑_コントロールボタン_強ポケ一覧


Pokémon GO

Pokémon GO

Niantic, Inc.posted withアプリーチ

©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※当センター上で使用しているゲーム画像の著作権及びその他知的財産権は当該コンテンツの提供元に帰属します。



-個別解説